--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2017

太古, チョウショウバト / Ancient times, Zebra dove

IMG_5188.jpg

IMG_5187.jpg
チョウショウバト  (Geopelia striata)  Zebra dove  160329  Pen Malaysia

 国内で観察できる最も小型のハトはベニバト(23cm)であり、南西諸島で見る機会があるでしょう。しかし更に低緯度、マレーシアにはより小型の種が生息しています。
今回のテーマであるチョウショウバトの全長は小さい個体で20cm。数値こそ3cmしか違いませんが、体型がほっそりしているため驚くほど小さく見える極小サイズのハトです。
熱帯雨林周辺の居住地や耕作地に生息しているハトであり、日本でいうキジバトのような位置合いの本種。採餌は地面で行っていましたが、日本に生息するハト類よりも活発に飛び回る印象を受けました。

 Today I will write about the phylogeny of Zebra dove. I watched it at Malaysia last year.
Anyway, the smallest dove distributes in Japan is Red turtle dove, the body length is 23cm. In the lower latitude lands, we can watch a dove species that body length is 20cm ; Zebra dove. The difference of body length of Red turtle dove and Zebra dove is only 3cm. However, Zebra dove is more slim than Red turtle so Zebra doves are looked so small.
 This species lives in open habitats around the rainforests. They forages with walking and pecking so the behaviors of them are similar to the ones of Eastern turtle doves the commonest dove in Japan.

IMG_5206.jpg
チョウショウバト  (Geopelia striata)  Zebra dove  160329  Pen Malaysia

 チョウショウバトも写真の感じで休息をとります。キジバトだとあまり見ない気がしますが、ドバトも行う休憩の仕方です。
さて、ハトの仲間は系統的に見て3つのグループに分けられます。なお系統的なグループを「クレード」と呼びます(難しい定義は置いときます)。3つのクレードごとにどんな種が含まれるのでしょうか?
やや難しい話になりますが、国内で普通に観察されるキジバトや先に述べたベニバトはキジバト属Streptopeliaに属します。一方でチョウショウバトはチョウショウバト属Geopeliaに属します。
これだけではよく分からないため、国内で観察されるドバトの野生種であるカワラバト、普通に繁殖しているアオバトの系統的な情報を追加してみます。
クレード1には、キジバトやドバトなどキジバト属を含む如何にもハトらしい種が含まれます。クレード2には、アメリカ大陸に生息するスズメバトなどの仲間が。クレード3には様々な属が含まれ、アオバト属はここに属します。
チョウショウバトは、クレード3に属するとか。日本国内で見られる種の中では、アオバトが最も系統的には近いようです。
 系統的には近くても 生息する環境や場所が異なれば、形態が大きく分化することは非常に興味深いですね。ではチョウショウバトの身体はなぜ小さいのでしょうか、即ちなぜ小さな身体が選択されたのでしょうか?
それを考えることは非常に難しく、現在の人間活動はさらにそれを難しいものにしてしまっています。オープンな環境であれば広く利用する本種。現在はかなり人類によって開発がすすんでしまったため、進化的な時間スケールからこの種の進化を想像するのは非常に困難です。数千年前においても、オープンな環境を利用していたのでしょうか。オープンな環境はマレーシアにおいてはそう多くなかった可能性もあり、太古は熱帯雨林の中でひっそりと生活していたかもしれません。

 This species was really cute and the calls were also good. This pic shows how they taking rests. I wrote the behavior and habitat of this species former. So then let's start the talking about the Phylogeny!
 The phylogenetic tree of Dove Columbidae contains three clades. Green pigeons, Imperial-pigeon and famous extinct species Dodo are grouped in cladeA. Clade B contains New-World dove, like Ground Doves. Clade C contains Turtle doves and Rock doves. Then, which clade does Zebra dove belong? The answer is Clade A. It is really interesting that stocky dove species like Green pigeons and slim species like Zebra dove belonged in the same clade. We know that the adaptation to the local environments affects to the morphology.
 Then, why the small body of Zebra dove was selected? To discuss it is really difficult now, because of the deforestation and the exploitation. Today Zebra dove lives in open habitats like farmland and around the houses. Whereby they possibly not lives in open habitats in the ancient time. I notes that because the open habitats were not enough at low latitude area before exploitations. So when the time the number of human was low, Zebra dove perhaps lived in the rainforests and adapted to the somethings in these forests.

 今回僕が主題としたのは、局所的な環境への形態的な適応です。局所的な環境と一言に言っても様々であり、そこには採餌環境、営巣環境、温度環境などが含まれます。形態の進化が自然選択によって短時間で起こることが近年示され、その顕著な例はやはりダーウィンフィンチでしょう。
 ダーウィンフィンチにおいては、集団中の嘴の形態の最頻値が採餌環境が変化すると共に変わり(外部fig)、その変化が生態学的な時間スケールにおいて顕著に検出されました。

Today I wrote about Local Adaptation and morphology. The examples of local environments on avian are foraging environments, nesting environments, physiological environments and so on. The most famous example of local adaptation and natural selection is Darwin finches.
The research group showed that the frequency of the beak size of a Darwin finch population change rapidly after drought (fig). It indicates that the natural selection affects the beak size and natural selection is a main driver of evolution. Next article, I will write about the Flamecrest as an example of the relationship between morphology and environments.

*reference
Boag, P. T., & Grant, P. R. (1981). Intense natural selection in a population of Darwin's finches (Geospizinae) in the Galapagos.
Pereira, S. L., Johnson, K. P., Clayton, D. H., & Baker, A. J. (2007). Mitochondrial and nuclear DNA sequences support a Cretaceous origin of Columbiformes and a dispersal-driven radiation in the Paleogene.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。