--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
2017

マングローブ林, ナンヨウショウビン / mangrove forests in Plau Ketam, Collared Kingfisher

IMG_6513.jpg
ナンヨウショウビン  (Todiramphus chloris)  Collared Kingfisher  160403  Plau ketam Pen Malaysia

50を超える亜種がこれまで記載されている種として知られているのがこのナンヨウショウビン。
今年訪れたのはマレー半島西部に浮かぶケタン島。そこには亜種T. c. humiiが高密度で生息しており、人の生活のすぐ脇で採餌を行っていました。
ケタン島は中華系の人達が島に移り形作った街があり、街の道路の下は干潟 周辺をマングローブに囲まれていました。印象的なのはゴミの多さでありますが...。

Around 50 subspecies of Collard Kingfisher are recorded. It is surprisingly large number.
In 2016, I visited Plau-Ketam island near Pen Malaysia. At that island, the density of Collard Kingfisher was high and I enjoyed watching the behaviors. The subspecies distributes in Plau-Ketam is T. c. humii, this subspecies doesn't show the sexual dimorphism.
I know that some subspecies exhibit sexual dimorphism and I wanna know why such differences between subspecies are maintained.
The feature of environment at Plau-Ketam is mangrove and tideland. I observed a lot of crabs and goby. And there were a lot of garbages. It was really sad things because some garbages covered the tideland.

IMG_6573.jpg

IMG_6598.jpg
ナンヨウショウビン  (Todiramphus chloris)  Collared Kingfisher  160403  Plau ketam Pen Malaysia

ナンヨウショウビンは主にマングローブ林で生活をするカワセミの仲間。"主に"マングローブ林で生活していますが、マレーシアではかなり内陸に入り込んでいる場所もあるようです。
ケタン島のような島嶼部において、彼らの分布を決める鍵は「他種の存在」ということが知られています。他のショウビンが島内にいる場合ナンヨウショウビンはマングローブ林のみに、他のショウビンが存在しない場合は島の内部まで分布しているとか。このように、競争者の存在がある種の分布を制限し、かつあるエリアから排除してしまうような生物現象は"競争排除"と呼ばれています。
ナンヨウショウビンはマングローブ林においてエビやカニ類を採餌している種。トカゲや昆虫などを専食している種が生息している環境では、"よそ者"のナンヨウショウビンは競争に負けてしまうのでしょう。
採餌はオープンな場所からマングローブの密な場所まで様々な幅の環境で行い、見ている間は主にカニを採餌し 稀にハゼも採餌しているようでした。

Collared kingfisher lives mainly in mangrove forests. And it is known that they distributes in the stream that 40km away from coasts.
Collared kingfisher is a good example of "Competitive exclusion". Some islands there are no competitor, Collard kingfisher distributes all over the islands. However some islands there are competitors, they distributes only near the coastal area.
Why? I guessed that Collared kingfishers forage mainly crabs and shrimps at coastal area. So in the other types of forests their foraging efficiency becomes low. So they lose the competition and are excluded from such areas.

map_ketam.jpg

本記事の最後のトピックは「ケタン島」について。Map中央の灰色のアイコンがその位置を示しています。
カニ好きの友達が海の生き物が非常に良いから行きたいという訳で訪れました。
クアラルンプール周辺で鳥を見た訳ではないので本土との比較という部分は弱いですが、かなりオーストラリア区の要素が強いように感じた島でした。
現在実家に帰ってきておりフィールドノートがないので全ての種を列挙するとなると面倒なのでしませんが、ノドアカタイヨウチョウ, マングローブヒタキ, シロボウシオウギヒタキ等25種ほどを観察できました。
中華系の街ということで料理も非常に美味く、昼間から鳥見休憩にのむビールも最高。日系はおろか欧米系の観光客はほぼおらずかなり見られるので 一人で行くのはオススメしませんが、友人や家族とクアラルンプールを訪れた際は一度訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

The last topic of this article is about the "Plau-Ketam island". The icon colored gray indicate the island.
I visited this island April 2016 with my friends. One my friend he loves Bentos said this island is good area for observing crabs.
I really enjoyed birding at that island. I didn't watch birds at Kuala Lumpur but Kuaratenberin that around 100km away from KL so it is not easy to compere the biota between island and mainland.
I observed 25 species at that island. For example White-throated Fantail, Copper-throated Sunbird, Olive-backed Sunbird, Mangrove Robin and Common Redshank.
Chinese built the town at that island, so the dish was really good! I enjoyed drinking tiger beer during daytime. When you visit Kuala Lumpur, you can visit this island easily so how about visiting? I think it will be a good experience for you.

*reference
MacArthur(1972) Geographical ecology
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。