--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28
2016

春と夏, ジョウビタキ / New breeding population, Daurian Redstart

IMG_0180.jpg
ジョウビタキ♂  (Phoenicurus auroreus)  Male Daurian Redstart  140503  Yamagata

今年もジョウビタキの季節がいつの間にか到来。愛くるしい姿を見るのは久々...ではないんです。
僕は現在 凄く手短に言うと”山と鳥”という生涯のテーマになるであろう難題達を相手に研究しているのですが、その調査中になんと数回この夏ジョウビタキに会っているのです。
何故これまで冬季は日本にいるのにも関わらず、春になると日本を後にしてしまうジョウビタキがここ数年日本で繁殖を行うようになったのでしょうか?

Recently the number of breeding records of Daurian Redstarts is increasing in Japan. We recognize this species as a wintering species.
Altitudinal gradients of bird is my theme of research. During the census, I observed some Daurian Redstarts. It was so surprising when I watched 1 pair at highland area. Maybe the pair had a nest.
Anyway, why the migrate system changed? I will write the basic mechanisms of migration.

IMG_3243.jpg
ジョウビタキ♂  (Phoenicurus auroreus)  Male Daurian Redstart  160217  Ibaraki

"渡り行動"はそもそも遺伝的な影響を強く受けている行動です。
例えば欧州で過去行われたケージに入れられた渡り鳥の研究結果では ある期間は鳥達は東に渡りたい衝動に刈られ、ある期間は南に渡りたい衝動を示す。ケージに入れられていない渡り鳥であれば その衝動を示す期間中は飛んでいるので、結果として特定の場所にたどり着けることが明らかになっています。
分かり辛いと思うので場所と時間はテキトーですが例を。イギリスで繁殖をし、越冬地はアルジェリアであるムシクイの秋の渡りを想定しましょう。10月1日頃イギリスにいるムシクイは南に渡りたい衝動に駆られ渡りを開始します。普通に飛んでいればスペイン辺りにいるであろう10月5日頃 日の長さ等を感受したムシクイは今度は南東に渡りたい衝動に駆られます。10月10日頃突如として渡りたい衝動が消えます。そのついた場所が越冬地のアルジェリアだ という具合のことが起こっているようです。
この”衝動”というのを自分の身の回りの事でイメージするのは結構難しいですが、様々な場面で 自身の理性と戦う"何か"こそがその衝動なのだと僕は思っています。
なお一応渡り様式の変化には諸説あることを留意の上読んでください。

"Migratory" is dominated by genes, Rather than be affected.
The thesis that used Blackcaps and Indigo buntings indicated the interaction between genes and migration.
For example, the wintering or breeding areas are defined by genes. The impulse of migration and stereotaxis help the success of migration.
We image one warbler species that bred in UK and migrate to Algeria for wintering as an example. 1 October, the warbler shows the impulse of migration and began flying. 5 October other impulse ; migrate to SE affects the route of migration. 10 October the impulse suddenly disappear. The place the warbler stay finally is Algeria.
All impulses were affected by day cycle, physiology and gene.

IMG_3257.jpg
ジョウビタキ♂  (Phoenicurus auroreus)  Male Daurian Redstart  160217  Ibaraki

さて このようにキッチリ決まった渡り行動が破綻するカギは何なのでしょうか。
その一つは渡りを制御する遺伝子がぶっ壊れてしまうことであり(俗に言う突然変異)、その渡りをしなくなった個体が渡りをしないことで利益を得る というシナリオです。
そんなお堅い理論もありますが、北アメリカではゴミが増えたら猛禽類が渡りを止めたというファンキーな事例もあるので案外鳥達は人間のように「やっぱりやめた」という選択ができるのかもしれません(笑)
ジョウビタキの定着については、温暖化と逆光した定着の仕方な点が興味深くいろいろ書きたいですが 今日はこのへんで。

We can image the migration as a immutable behavior. Then, why the Daurian Redstart's migration system was changed?
One hypothesis is mutation. However any Japanese researchers didn't have survey about that.
Another hypothesis is Redstarts decided to stop migration. In US, some raptor stopped migration after the amounts of garbage increased. I think it is one of the example that migration affected by decision making.
Normally Daurian redstarts breed in Russia. It is interesting that new breeding population built in more southern area ; Japan. It is the opposite sift to global warming. I have some idea to elucidate this contradiction however I think I can't have enough time for research this species.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。