--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05
2016

トカゲの尾, カワビタキ / Why Plumbeous Water-Redstart exhibits tail-fanning?

CATEGORYカワビタキ
IMG_2353.jpg
カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

国内で流域上流の川沿いで見る小鳥といえばカワガラス, ミソサザイやキセキレイ等が挙げられます。台湾においてはこれら3種に加えカワビタキが生息しています。
今回の記事は 日本において周年河川沿いで生活する種は先に挙げた3種程なのに対し 台湾では何故カワビタキを含めた複数種が生息できるのか、また観察していて気付いたカワビタキの変わった生態について書いていきます。

Brown Dipper, Eurasian Wren and Grey Wagtail are the common birds they distribute mountain stream in Japan. Additionally, Plumbeous Water-Redstart distributes near the streams in Taiwan.
I will write the behavioral ecology of Plumbeous Water-Redstart and why streams of Taiwan contain more species than streams of Japan in this article.


カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

本種は川沿いに生息するヒタキの仲間であり、日本で同じニッチ(生態学的な地位)を占めている種はいないでしょう。
キセキレイやカワガラスは主に渓流の岩や地面に生息する昆虫を採餌する様なニッチを占めているのに対し、カワビタキは渓流で飛んでいる昆虫も多く採餌します。
その行動はジョウビタキに酷似しますが、上方へ飛びつく行動は容易に見られるような行動ではありません(上動画)。国内で思いつくのはモズ類くらい。
台湾は亜熱帯であり、一年を通して気温が高く渓流環境で利用できる餌資源が豊富であることが 日本より多くの種が渓流環境に周年生息している理由でしょう。

Plumbeous Water-Redstart forages the fling flies near the streams. I felt the ecological niche of this species is unique for me because there is no species like Plumbeous Water-Redstart in Japan.
The trend of behavior is resemble to the Daurian Redstart's one. However, the "upside flycatching" is peculiar for this species ; please see the former video.
Taiwan belong a subtropics zone. The annual temperature is higher than Japan so birds can use many more invertebrates all year round. I think this gradient of resources is one of the reason that many more avian species exhibits in Taiwan.

IMG_2228.jpg


カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

扇を広げるような尾の振り方が非常に個性的であると言われますが、コンヒタキも似たような振り方を行います。
またいつでも尾を振っている訳ではなく、リラックスしている時は振る頻度がグッと落ちます(上動画20秒)。
なかなか不思議な鳥が尾を振るという行動の理由については現在 採餌効率の向上, 対捕食者戦略, 仲間間の信号等様々な仮説が立てられていますが、現在でもその理由について統一的な見解は出されていません。

The tail fanning of this species is a little unique.
When they relaxed, didn't fan the tail ; please see former video.
Recently the review thesis of tail fanning was published. According to the thesis, tail fanning behavior contributes to foraging efficiency, anti predation behavior, signal between conspecific and Etc.
Anyway there are not generalized conclusion. So further studies needed to disclose the reason why birds fan the tail.

IMG_4336.jpg

IMG_4339.jpg

IMG_4342.jpg
カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

橋の上から見下ろす形でカワビタキを観察したのですが、カワビタキ側もギョッとして尾を振ります。
同じ目線でみる姿と異なり、上から見下ろすとまるで赤いスカートを履いているようにも見え 目立つのが写真からでもわかりますね。
このように上空からの敵に対して尾羽を目立たせることで、攻撃を尾羽に集中させる "トカゲの尾切り" に似たような対捕食者戦略をカワビタキはとっているのか、つまり生存に致命的である胴体への攻撃を減らすことに一役買っているのではないかと非常に観察中ワクワクしてしまいました。
しかし台湾旅行を通して尾羽が全て脱落しているような個体には一度も出会わなかったので、僕の考えたなかなか魅力的な仮説は机上の空論に終わりそうです。

Fortunately I had a chance to observe the behavior from their upper side. I watched them from the bridge.
When we see them from above, the reddish tail is exceedingly stand out.
I built a hypothesis at that time ; their reddish tail attracts the attack from the predator and reduces their mortality. In other wards, their tail works as a tail of a Skink!
This hypothesis made me excited however I couldn't find any individual that lose all tail feathers. So maybe this hypothesis is armchair theory.

IMG_2291.jpg


カワビタキ♀  (Rhyacornis fuliginosus)  Female Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan 

さて 赤いスカートを履いた雄ばかりに焦点をあててきましたが、雌も上品で非常に可愛らしいのです。
駐車場のコーンにとまり、コンクリート上に落ちる昆虫をせっせと採餌。僕は車の中でご飯を食べつつ観察していました。
渓流から少し離れた場所での生活はほぼジョウビタキ。巣が近場にあるのか 駐車場に頻繁にやってきていました。僕の借りていた車にもとまってくれて天使のような個体でした。
最後に国内の記録については飼い鳥の可能性はかなり相当高いと思いますが、羽をもつ鳥の移動について"絶対"はあり得ないため 迷行の可能性は捨てきれないだけに記録の扱いは難しいものなのでしょうね。また先に述べた理由から温暖化がより進めば南西諸島を超えて侵入定着する日も遠くないかもしれません、嬉しくはないですが...。

I wrote only about the male. The last pic is cute and elegant female.
They also use artificial environment. This pic was taken at car-parking. Male and female foraged insects that fell on concrete surface.
Luckily she perched my car! It was so great time.
Recently some records of this species in Japan. It is guessed almost all individuals are domesticated birds. Japan situated temperate zone. But if the global warming succeeds, this species expands their range and establish breeding populations in Japan. It is undesirable outcome.

✳︎Reference
・Christoph Randler(2016) Tail Movements in Birds—Current Evidence and New Concepts
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。