--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13
2016

白と黒, クロサギ / Ecology of colors, Eastern reef heron

CATEGORYクロサギ
IMG_2946a.jpg
クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140923  Yonaguni

お久しぶりです。最近もなかなか忙しく過ごしておりなかなか鳥見に行けてません。
今日の更新はクロサギ。白色型と黒色型の存在が知られており、日本においては南方の諸島で白色型を観察することができます。
中間型もしられていますが、これは黒色型と白色型の雑種でしょう。どんなシグナルで自種を認知しているのかわかりませんが、中途半端な体色な以上単純に採餌効率だけを考えてもその効率は低く生存することの難しさは黒色や白色型よりも高いと思います。
"クロサギ白色型はサンゴ礁での採食に適しているから南の島で見られるのだ"とよく言われますが、実際に色の違いがどれほどの影響を持つのかイメージするのは案外難しいものです。そんな訳で今日は色彩の二つの型について見てみます。

Recently I had a lot of tasks of my research so I couldn't go birding. Today's theme is Eastern reef heron.
We can observe black and white phenotypes in southern island of Japan ; Okinawa-pref we can see some white-phenotype plumage. And we know that the intermediate phenotype exists. I think it is hybrid of black-type and white-type and maybe has low fitness so the number of intermediate individuals is small.
It is said that white-type is advantageous in lagoon. Because lagoon is made by corals so inconspicuous. However it is not easy to image the situation. So today, I will write about "the color ecology".

IMG_2953a.jpg

IMG_2986a.jpg

IMG_2997a.jpg

IMG_3020a.jpg

IMG_3033a.jpg
クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140923  Yonaguni

黒色型がサンゴの欠片が集積してできた白いビーチで採食。1枚目の写真では小魚を持っています。
写真からわかる通り非常に目立ちます。水中からの空-クロサギのコントラストがいかなるものかはわかりませんが、このような開けた場所では高い確率で黒色型は目立ち採餌効率は悪いでしょう。特に晴天時強い日射の下では白色型の採餌効率は上がりそう。
ビーチ際でじっとしていると、採餌に集中しており僕に気づかず非常に近い位置まで来てくれました。

Black-type foraged in lagoon. Really conspicuous. It could catch a small fish ; pic1.
I don't know the view from underwater, but it is undoubtedly that the fitness of black-type in lagoon is not high. I think It is hard time for black-types that forage under the strong sunlight. This photos, I sad down on the beech so this heron didn't notice me. It noticed me until came really near me.

IMG_3589a.jpg

IMG_3592a.jpg

IMG_3606a.jpg

クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140916  Yonaguni

今度は白色型がコンクリートの海辺で採餌。こちらも小魚を一応は捕まえていましたが、写真の通り非常に目立ちます。
この写真においては最初の黒色型-サンゴビーチよりも明らかに不利そうというのが容易に想像できます。
この採餌効率等からくる適応度の低さ、また遺伝子による効果, 特に遺伝子プールサイズによる効果が相乗的に働いて本州では白色型がほぼいないのでしょう。
ちなみにこの白いクロサギは何度も何度も水中にダイブしていました。やや黒色斑がありますが、個体のコンディションで変化したりするのか気になりますね。
ブログの内容についてここ半年ほど悩んでおりまして もっとアカデミックな話を書きたいのですが、それだと純粋な趣味という部分でのバードウォッチング, 特に観察そのものの楽しさを伝えることが難しくなるような気がしています。というわけで暫くはこれまで通りのコンセプトで書きますが、気が変わることがあるかもしれません。アカデミックな内容を書くのは若干リスキーではありますが。話は変わりますが最近睡眠中の歯ぎしりが酷く、困っています(笑)

Another example, white-type foraged on the concrete beech. Also, it is surprisingly noticeable. Definitely, the fitness is low.
Then why white-type are not distributed in northern parts of Japan mainland? I guess in mainland, the gene pool of small-population phenotype ; white-type is swallowed by large-population phenotype ; black-type. I think it is not the realistic scenario that all white-type individuals dead because of low fitness, only. Gene pool and low fitness affect synergistically.
This individual, dived into water a lot time. There are some black patches on it's body, I also whether interested in the condition of individual affects to the plumage color.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。