--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2016

羽音, アマツバメ / Buzz, Pacific swift

CATEGORYアマツバメ
IMG_9857.jpg

IMG_9858.jpg
アマツバメ  (Apus pacificus)  Pacific swift  150415  Yamagata

非常に魅力的な分類群ですが、あまり近くで観察する機会に恵まれないアマツバメ類。しかし少し知識をつければその観察が圧倒的に良い(大げさではなく)ものになります。
なお日本で記録のあるアマツバメ類の種は アマツバメ属 : アマツバメ, ヒメアマツバメ, ヨーロッパアマツバメ, シロハラアマツバメ、ハリオアマツバメ属 : ハリオアマツバメ, クロビタイハリオアマツバメ等でしょうか。ヨーロッパアマツバメは日本に飛来している個体は実はそこそこいるのかもしれませんね。
朝方アマツバメ達は写真のように"空中アマツバメ群"をつくります。その際"リーリーリー"コールを盛んに出すわけですが、この群れにはスクリーミングパーティーという名称がついています。
渡りの時期限定という訳ではなく繁殖時期にも見られる行動ですが、渡りの時期により盛んになるとか。繁殖に関わる行動とは異なるとのことですが、その社会的な意味については未だ分かっていません。空中での個体識別はほぼ不可能なので研究はなかなか進まないでしょうが、営巣地が狭い範囲に限定されている以上繁殖個体群の和平を保つ上では重要な行動なのかもしれませんね。

Watching the ecology of genus Apus is not easy. However, if you study the ecology of swift, maybe you can enjoy watching.
Today's theme is Pacific swift. In Japan, Pacific swift and House swift in genus apus and White-throated needletail in genusHirundapus are the breeding birds. And few record of Common swift, White-rumped swift and Silver-backed Needletail are existed. But I don't know how to distinguish Common shift with Pacific swift.
In the morning, swifts made a flock. They called "li-li-li-" each other. This flock was named "Screaming Party" by David Lack. He reported that screaming parties are seen in all season, however the most considerable in migtrate season.
however interestingly, this behavior is not related to mate choice. I couldn't find any report of this behavior, but I believe that this behavior contributes to the peace of the breeding population.

IMG_4377.jpg

IMG_4381.jpg
ヒメアマツバメ  (Apus. nipalensis)  House Swift  160303  C Taiwan

アマツバメ類の飛行のびっくりエピソードでありがちなのは"近くを飛んだら 「ヒュ」とか「ゴッ」と音がしたんだよ!"というエピソード。またそのエピソードは水場近くで採餌している時のものが多いですね。
しかしやはり地面に近い+採餌時というシチュエーションはアマツバメの上空での飛行からは程遠いものがあります。
あまりその音を聴いた事のある人はいないと思うので僕のちょっとした自慢なのですが、雲の中を飛ぶような高度での飛行時の羽音は「バ!バ!バ!バ!バ!」という様な感じ(写真は行動50m位で採餌しているヒメアマツバメなので関係なし)で地上近くでの飛行時の音とは異なります。非常に大きな音なこともあり 飛行中鳴き交わしてはいないようでした。標高の高い切り立った崖(風下)の上などで観察できる確率が高いような気がします。
写真のヒメアマツバメは近年日本での繁殖例が増えていますが 台湾では普通種。驚くべきなのは日本でも局所的に越冬している事でしょう、日本も亜熱帯の仲間入りですね。
またアマツバメ類は運動をし続ける必要があり 直射日光にさらされ続ける以上問題になる熱との問題について、足を羽から出すことで熱を放出するユニークな術を発達させていたりします。ゆっくりは見辛い種達が多いだけに観察できた時の喜びは大きいでしょう。ぜひ皆さんもこの喜びを体感してみてはいかがでしょうか?

This photos are House swifts I took at Taiwan. Recently the number of the breeding House swifts in Japan increases but about 20 years ago this birds was rare in Japan. In Taiwan, this species is common breeding species. Moreover, recently some wintering population of House swifts are seen in Japan.
Many birder know that if they fly near us, the sound of wings is expressed like "bum" or "whiz". But the sounds many people listened were made by swift that during foraging near ground.
Then, what sounds they make when they fly at high sky? The only way to hear the sounds is to go to the high mountain. I listened the sounds many time on the high mountain when they fly around 3500m. The sounds are like "crunch sounds". It is so amazing.
Recently reports indicated how they deal with heat problems, it also interesting. I think it is good way to enjoy watching swifts is studying their ecology. Anyway two days ago I finished the admission exam of master course. I hope I could pass it.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。