--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
2016

お昼のドラマ, イワヒバリ / Flocks and extra-pair copulations, Alpine accentor

CATEGORYイワヒバリ
IMG_7695.jpg

IMG_7698.jpg
イワヒバリ  (Prunella collaris)  Alpine accentor  160627  C Japan

今年の夏は異常に暑くウンザリ。やや早めの時期にのんびり避暑地に行ってきたのですが、避暑が必要なのはまさに今ですね。
高山に生息するイワヒバリ。本によれば和名の由来は姿や声がヒバリに似ているから らしいですが、言ってしまえばあまり似ていません。限定的に言えば飛翔時の姿, 採餌時の挙動はやや似ているので双眼鏡を持たない過去の自然観察者がヒバリと命名したのも頷くべきなのかもしれません。
イワヒバリはユーラシア大陸の中緯度地域に広く分布しており、部分的にはアフリカにも越冬地が知られているようです。
そんなイワヒバリでよく研究されてきた内容と言えばやはりその繁殖様式でしょう。同様に高山に生息するカヤクグリについては、より低地にまで生息するヨーロッパカヤクグリにおいて徹底的に研究がなされています。

This summer we are experiencing abnormal hot temperature in Japan. Every day the temperature is over 35℃ and at the temperature of the place gets sun light is around 40℃. About 30 days ago, I went to high mountain in C Japan for birding and summering. The temperature was not high so really I felt comfortable and now I need to go there again.
Today's theme is about the mating system of Alpine accentor. We can see this species at Palearctic temperate zone. And I reed that also wintering in North Africa.
In Japan, this species is seen only at high mountains in breeding season. This species and Japanese accentor that is really resemble Dunnock are eagerly studied by many scientists around the world. So today I will write about that and my observation.

IMG_7663.jpg
イワヒバリ  (Prunella collaris)  Alpine accentor  160627  C Japan

繁殖期であるのにワケの分からない羽数で飛ぶイワヒバリ。僕は6羽までしか見たことがないですが、多くて8羽にもなるそう。
イワヒバリは多夫多妻の繁殖様式を取り、多くの場合一つの繁殖単位は雄ないし雌が複数羽で構成されます(もちろん雄1雌1のつがいの場合もありますが)。
厳しい高山という環境において雄一羽のテリトリーにおいて十分な餌資源の確保は難しく、雛の養育が心配な雌は別の雄を隙をみて誘い"お父さん"にしてしまいます。一方でつがい雄からしたらたまったものではなく、これを避けようと雌を監視します。
そんな一見すると可哀想に見える雄ですが、彼らも余裕があれば別の雌を見つけて不倫を試みます。
つがい相手が死ぬ可能性が高い以上 雌雄ともに可能性を広めておくこと、つまり分かり易く言えば不倫したほうが良い訳です。そんなで非常に可愛い顔をしているのですが やっている事は非常にドロドロしています。
かなり短くまとめましたが、以上のように机上ではイワヒバリの日々は正しく"昼ドラ"さながらなのですが、実際に観察すると(写真もそんな雰囲気がありますが)非常に爽やか。不倫が正当化された社会を垣間見る事ができます。

In breeding season, we can see the flocks that contain many individuals. The maximum number ever I saw is 6 individuals in a flock, and according to a book the maximum number is 8 in Japan.
Because their breeding system is promiscuity. Strictly speaking, the word "promiscuity" is not suit for explaining the system because they are not copulate with unspecified number of individuals, but with territory members.
Female try to get the second male ; β male. It provide females the high fitness because female can get rearing from both α and β males. Male try to ensure the fatherliness so α male chases their mate. So we can say it is a competition between females and males.
This "cheating" provides a high fitness because the severe environment of hight mountain area. If a mate die, they cannot gain any feeds or chick. So ensuring the second choice is good for wildlife live in highland.

IMG_7721.jpg
イワヒバリ  (Prunella collaris)  Alpine accentor  160627  C Japan

図鑑や写真をみると小鳥サイズの種と思われがちですが、結構大きい本種。ライチョウと並ぶとその大きさに衝撃を受ける事でしょう。
冬季には山の頂から移動します。僕がイワヒバリを初めて見たのは高山ではなく茨城県北部の丘の上にある牧場でした。茨城県では繁殖していないでしょうから、今思えば那須辺りから飛んできたのかもしれません。
最後にイワヒバリは地面や岩に営巣します。登山道から離れ"踏み跡"を作ると、その踏み跡を歩行道として哺乳類(オコジョ等)が利用し巣が捕食される可能性が高まります。まず何を言わなくてもご法度な行為ですが、登山道から外れて歩くなんてことは避けましょう。

When we see a photo, it is not easy to know the size of this species. The size of Alpine accentor is 18cm, its a little large in Passerine birds.
In winter, they move to lowland forests. When I was a elementary school student, I found a individual at a farm the altitude is around 500m, it was the first time I saw this species.
And it is important for nature conservation to keep nature trails. If you enter the outside of trails, it makes footprint and it helps the foraging of some mammals like Ermines. So we should keep it.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。