--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23
2016

学ぶ意欲, イワツバメ / The motivation to learn, Asian House Martin

CATEGORYイワツバメ
IMG_7385.jpg
イワツバメ成鳥  (Delichon urbica)  Adult Asian House Martin  160616  Japan

ツバメよりやや早く日本にやってくるイワツバメ。何年も同じ巣を使う個体も多く存在する事は有名ですね。
山間部の泥地には二回目の繁殖を控えたそんなイワツバメ達が集まります。
懸命に泥を集める彼らの姿を見ているだけで何時間も経ってしまう訳ですが、今日の主役は巣材を集める成鳥ではありません。

Asian House Martin is the summer visitor in Japan. The arrival season of this species is a little faster than the one of Barn swallow that is also common summer visitor in Japan.
In Taiwan, Asian House Martins are seen all year round but the subspecies is different from the breeding subspecies of Japan.
At the mud area, many Asian House Martins were coming to gather the nest materials.
It is known that some individuals use the same nest that used previous years. And some interesting embryology mechanisms of Louses are also known.
Today's theme is not about the nest building, but the juveniles. First time breeding is already finished and some juveniles spent time with adults.

IMG_7477.jpg
イワツバメ幼鳥  (Delichon urbica)  Juvenile Asian House Martin  160616  Japan

多くの幼鳥はこんな感じで特に何をするでもなく過ごします。若鳥は体力の面で成鳥と同じように という事は無理なので休むことも非常に大事ですが、全ての個体がこのように過ごす訳ではありません。
この泥採り場は教育の場とはなっていませんが(なっているかもしれませんが)、学びの場ではあるようなのです。じっくり見ていると知ろうとする意欲を示す個体を複数観察することができます。

Almost all juvenile spent time resting with their friends. Physical fitness of juvenile is not same as adult's one so it is natural things.
However not all individuals chilled out, some individuals show the motivation to learn.

IMG_7414.jpg
イワツバメ成鳥  (Delichon urbica)  Adult Asian House Martin  160616  Japan

IMG_7431.jpg
イワツバメ幼鳥  (Delichon urbica)  Juvenile Asian House Martin  160616  Japan

成鳥が巣材用に草本の茎を集めます(写真3)。なお写真からは伝わりませんが、昆虫食に特化したツバメの嘴で植物を切り取ることは至難の技のようでちょこっとした茎でも苦戦を強いられていました。
成鳥が巣材を採集した場所から飛び立つと、幼鳥達が集まりそれを真似ます(写真4)。幼鳥の方がやはり技術がないようでまったく茎は千切れません。邪魔だといわんばかりに成鳥からハラスメントを受ける場面も少ないながらありました。

Adult gathered the nest materials (pic3) and one Juvenile mimicked it (pic4).
It is said that the only animal that it can compete mimic is human, so in this case it is good to choose the expression that juvenile House martins did "trial and error".
Anyway, the structure of martin's bill is specialize to catch flees, so it seems difficult to cut the stalk of the herbaceous plants.
Some time juveniles received harassment from adults. I don't know why it is adaptively, it seemed wast of time for me.

IMG_7526.jpg

IMG_7531.jpg

IMG_7533.jpg
イワツバメ幼鳥  (Delichon urbica)  Juvenile Asian House Martin  160616  Japan

ピントが合っている個体が幼鳥。この個体は非常に熱心で30分近く泥場の周りや内部におり成鳥の様子を観察し、自分でもやってみる ということを繰り返していました。ちなみに泥は咥えてもすぐに捨ててしまいます。
このような一見すると些細な試行が将来の繁殖成績には大きな影響を与える可能性は十分にあるでしょう。またイワツバメは巣立ち雛がヘルパーになる事も知られており、単なるオママゴトではなく実践する日も近いのかもしれません。
この学ぶ意欲がどこから来るのか、好奇心とは何なのかという事を考えた時 全てを説明してしまう語として本能が使われるのは寂しすぎるでしょう。僕の専門ではない分野ですが、パライダイム転換期はそう遠くないであろうと期待しています。

I focused to the juvenile (pic5 to 7). this individual saw adult and after that tried to do it approximately 30 minutes. After that it rested.
It is possible that the behavior like this that the mimics of breeding makes the one juvenile's breeding success in future. And it is known that both Common and Asian House Martins' juveniles help their parents' second breeding, so this behavior also helps to built their potentials of a helper.
And I think it is not good to finish the discussion with using the only ward "instinct". I hope the paradigm sight happens in not far future.

IMG_7543.jpg
ツバメ成鳥♂  (Hirundo rustica)  Adult-male Barn Swallow  160616  Japan

勿論頑張っているのはイワツバメだけではありません。
ピントが合っているのはツバメ夫婦の旦那さん。手前でメスが巣材集めをしているのをしっかり見守っています。

Barn swallows also used the mud area for gathering the nest materials.
Male on focusing and he saw female but he didn't help. In avian world, to tie the partner is important thing because many other males try to approach the female.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。