--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08
2016

島と群れ, コムクドリ / The number of the individual in flock during migration, Red-cheeked Starling

CATEGORYコムクドリ
IMG_7902.jpg

IMG_7903.jpg
コムクドリ  (Agropsar philippensis)  Red-cheeked Starling  150511  Yamagata

ここ数週間多忙で更新まで手が回っていませんでした。今日の更新は去年からコムクドリ。
ムクドリ類が渡るというのは日本で通年見られるムクドリを見ていると想像するのが難しいですが、ムクドリの仲間には渡る種が多くおりコムクドリもその一種。
これまでの離島での観察から渡る際は数羽から数十羽で渡っているようですが、20羽に至る程大きな群れになることは少ないようで 僕はそのサイズの群れは見たことがありません。平均をとると8羽とかその位になる気がします。
繁殖域に住んでいない限り馴染みの無い種であるかもしれませんが、実際繁殖している場所での密度はさながらムクドリ。
繁殖域は東日本+中国のごく僅かな地域のみの世界的に見ても分布の狭い種ですが、レッドリストでもそのランクLC(低危険種)と高くはありません。
地鳴き, さえずり共にムクドリより軽めですが、さえずりはムクドリのサブソングの様に美しく(言い過ぎかもしれません)一聞の価値ありでしょう。
6月もブログ更新頻度は低いと思いますが、30日無更新で出てくる広告表示はさせないよう頑張りたいところです...。

This month I had a lot of tasks, so 30 days passed since I posted a former article. The theme of this article is Red-cheecked Staring.
Red-cheecked Staring breeds in East Japan, however it is not common around the region but local distribution.
The most common staring in Japan is White-cheeked Starling, they are not migratory bird so maybe many Japanese birder cannot image the migratory starings.
Many time I visited islands around Japan for birding and found this species. Almost all time they were flock, not one individual so they migrate with their fellows. The mean number of flock is around 8, and I never seen the flock comprise over 20 individuals.
In their breeding area the density is so high. I watched the conspecific struggle to get tree horror sometime.
According to a birds guide, their breeding region is E Japan and a little area of E China. But they are not globally treated and ranked LC at the Red List.
I recommend you to hear the song of this species, their songs are resemble to the subsongs of White-cheeked Starling and it's so nice.
For announcement, This month maybe I cannot upload articles so many because I really busy on my research, but I wanna write one or two article.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。