FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
2016

青ヶ島ってどんな島?, カラスバト / birding in Aogashima, Japanese wood pigeon

CATEGORYカラスバト
IMG_3480.jpg
地熱釜  Coking place with geothermal heat  160501  Aogashima

現在は情報社会でありながら"青ヶ島 鳥"であったり"青ヶ島 バードウォッチング" とwebで検索しても大した情報が得られません。
今回調査で訪れ(卒研ではないです)、特に観察が好きなバーダーは訪れるべき場所だと強く感じたため 鳥屋向けの「青ヶ島とはどんなところなのか」という記事を書きます。調査中はカメラを持たず行程の1/3位しかカメラを持っていないので写真は少なめ。
今回もっとも強調したいのは 1.カラスバトの島である 2.幸せは地熱釜の中にあり という事。
流れとしては①青ヶ島内の野鳥 ②航路 ③保全 ④渡り鳥 な具合で紹介していきます。

Aogashima is the part of the Izu Archipelago and about 300km south from Tokyo.
It is very good place for birding but there are a few informations in web so this time I will write about the birding in Aogashima.
The most things I wanna emphasize are 1. Aogashima is the "Japanese wood dove's island" 2. geothermal heat makes our happy.
I will write in following step ; ①birds in Aogashima ②Sea birds near Aogashima ③Conservation ④Migratory birds.

①青ヶ島内の野鳥, birds in Aogashima
IMG_6773.jpg
カラスバト  (Columba janthina)  Japanese wood pigeon  160503  Aogasima

IMG_6775.jpg
カラスバト  (Columba janthina)  Japanese wood pigeon  160503  Aogasima

島の南側 二重カルデラの間には鬱蒼とした照葉樹林が広がります。イイジマムシクイやアカコッコ, コマドリの密度の高さに驚かされますが、それ以上に驚くのがこのカラスバト。
時に地面で30羽ほどが一箇所で採食をしていたり、上を3分見上げていれば1個体は飛ぶ程密度が高いのです。
また二重カルデラの外側の山は400m程あるため、他の離島ではコソコソしているイメージが強いカラスバトがレースバトのように飛ぶ姿も見る事ができます。
青ヶ島のカラスバトは非常にお喋り。ブゥク〜ン, ボボボボ-, エウ〜, プン!, プロロロロ などここには書きつくせない程のレパートリーがありました。やはり地鳴きは一種のシグナルですから、聞き手がいるとお喋りになるのはどの動物でも変わらないのでしょうね(笑)
少し小高い場所に上がり森を上から眺めていると 至る所からカラスバトの声がし、また様々な場所を出入りしています。
カラスバトは太古本州にもいた様ですが、彼らが森の優占種であった時期があったのだとしたらこんな感じだったのだろう というのが感じられる非常に素晴らしい場所です。

In south parts of the island, there are double volcano and between the mountains laurel forest occupying the spaces. It is not easy to write the view because it is so unique, so please searching the image on web. Maybe you can find the pictures if you searched with the ward "Aogashima".
Iijima's reef warbler, Izu Islands thrush and Japanese robin are breeding in the island and the density is so high. Also Japanese wood pigeon breeds in, perhaps the density is Unbelievable high!
Some times I watched the flock that contains over 30 individuals. Many time they flied over 400m high, also it is unique. Because in other island, this pigeons flies near the crown of the forest of more lower spaces.
This time I could hear some kinds of calling. I thought that they like talking!
Once upon the time, this dove distributed in mainland of Japan, but now we can see this bird only island. So this trip, I think I could observe the behaviors that when they were the dominant species in forest of mainland.

IMG_6798.jpg
ヒヨドリ  (Hypsipetes amaurotis)  Brown-eared bulbul  160430  Aogashima

この島のヒヨドリは普通の亜種ヒヨドリですが、"ドキンちゃん" or "チャギントン" と聞こえるようなユニークなフレーズのさえずりを行います。
おそらく移入個体は一定数いるでしょうが、渡りをしない個体の方がずっと多いので文化として残されているのでしょう。

Brown-eared bulbul of this island is same subspecies to mainland's one. However they had a unique call like "chaginton(animations name but I don't know where country made) !"or "Dokinchan (it is the name of a character of popular Japanese kids animation)" .
I thought that the cultures of bulbul in Aogashima are maintained.

IMG_6933.jpg

IMG_6946.jpg
メジロ  (Zosterops japonicus)  Japanese White-eye  160503  Aogashima

亜種シチトウメジロな割に、三宅ほど顕著な嘴の長さを感じませんでした。メジロ2枚のうち上の個体は早生まれの幼鳥でしょう。
ここの島のメジロの行動は面白いので、ぜひ訪れた際はチェックしてください。

Subspecies of White-eye is different from the mainland ;Zosterops japonicus stejnegeri. Z.j. stejnegeri has longer bill than mainland's one. But this time I didn't feel the differences, on the other hands I felt the differences in Miyake that I visited 2 years ago. Anyway this time I thought that the whitish-area of the bill is a little larger than other island's that.
The behavior of White-eyes of this island is a little unique and maybe you can feel the power of Ecology. So when you visit, you should watch this species.

②航路, Sea birds near Aogashima
IMG_7050.jpg
オオミズナギドリ  (Calonectris leucomelas)  Streaked Shearwater  160504  Near Aogashima

IMG_7005.jpg
シロハラミズナギドリ  (Pterodroma hypoleuca)  Bonin petrel  160504  Near Aogashima

青ヶ島航路はアホウドリが船尾をついてきます。今回は成鳥, 幼鳥の計2羽がついてきてくれていたのですが、僕は話しかけてくれた女性と話すのに力を注いでたので写真は無し(カメラはバックに入れたまま話し始めた)。 かなり近くを飛び双眼鏡でも十分過ぎるほど堪能できたのでまあ良しですが。
帰りの航路は疲れて半分くらい甲板で寝ていたのですが、起きてふとみると小さい種が飛んでおり観察するとシロハラミズナギドリ。もっと真面目な方ならさらに見つけることが出来るでしょう。

Short-tailed albatross chased the boat that I took, it was so excited. But during taking the boat, I was enjoyed talking with woman so I didn't take any picture.
Also I could see Bonin petrel, it was a little lucky. Maybe you can see a lot of Short-tailed Shearwaters and Streaked Shearwaters.

③航路, Conservation
IMG_6954.jpg
ニホンイタチ  ( Mustela itatsi)  Japanese Weasel  160504  Aogashima

非常にナーバスな問題であり、僕は詳しい言及が出来るほど知識がないのですが一応大事な話なので記事に混ぜます。
本来伊豆諸島にイタチはおらず、そこに住む生物達の頂点捕食者はヘビないしタカでした。しかしイタチが導入された後、生態系が崩壊と言うのはもしかすると言い過ぎなのかもしれません、しかし生態系に非常に大きなダメージを与えた事は事実です。
東京から170km地点の三宅島ですら約1-15万年もの間イタチのような哺乳類の捕食者の定着は起こらなかった訳なので、東京から300km以上離れた青ヶ島でそのような事が起こることはほぼ無い、又は地質学的な時間スケールで起こることでしょう。
今回も5個体イタチを観察しました。非常に愛くるしい姿ですが、本来起こり得無い人為的移入に関してヒトが責任を持つことは絶対に必要です。

In Izu archipelago, it is the big problems that the introduced Weasels. They broke downed the ecosystem, they ate many many birds and reptiles.
1-15 million years mammal predators had not entered the island Miyake that 170km south from Tokyo. In the case of Aogashima this island is 300km south from Tokyo. I think it is unable to enter the mammals to this island, of just a little bit of possibility in little mammals like mice.
Weasels are so cute and I know they are not scoundrel, however I hope the ecosystems of these islands will be protected from introduced animals.

④渡り鳥, Migratory birds
写真 2016-05-04 16 00 00 (1)
コウライウグイス  (Oriolus chinensis)  Black-naped oriole  160505  Hachijojima

コウライウグイスは八丈島で観察、太平洋側で見つけるのは嬉しいです。一声地鳴きがしたので空耳かと思いつつも探すといました。カメラを持っていなかったので双眼鏡+ipodで撮影。
青ヶ島ではキマユホオジロ, ヒメコウテンシ, ノジコ, コムクドリを観察しコホオアカっぽい地鳴きも聞けたりと、青ヶ島は留鳥だけでなく渡り鳥や海鳥まで楽しめてしまう、なぜ有名でないのか分からない程良い島だということが伝わったでしょうか。
地熱釜にじゃがいもを入れて塩をかけ ひんやりとした空気の中地熱を感じつつ飲むビールも最高ですし、青ヶ島産焼酎も絶品。一度足を運んでみてはいかがですか?

I found Black-naped oriole in Hachijo, this species is rare in Japan. At that time I didn't have camera so I took photos with binoculars and ipod.
In Aogashima also I could see a lot of migratory birds ; Japanese yellow bunting, Chestnut-cheeked Starling, Narcissus Flycatcher, White-throated needletail, Yellow-browed Bunting, Japanese Thrush and Red-capped Lark.
You can see a lot of birds and You can also cook with geothermal heat, maybe you can spend good weekend in this island. I recommend you visit Aogashima!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。