--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29
2016

食い意地, オオルリ / Be greedy, Blue-and-White Flycatcher

CATEGORYオオルリ
IMG_9116.jpg
オオルリ第二回夏羽  (Cyanoptila cyanomelana)  2nd-summer male Blue-and-White Flycatcher  140430  Yamagata

オオルリの色彩は派手と思われがちですが 意外とシックであり、欧州北部の国であるエストニアの国旗の色パターンと一緒。
しかし中には青黒白の3色とは言えないような、黒色の弱い個体が国内で観察されることがあります。
なお今日更新する個体は2色の個体ではなく 青色光沢が僅かに目立ったのでチョイスしたものです。先に断っておきますが僕は今日の記事で言及する黒色が非常に薄い個体を見つけたことはありません。

The plumage color of Blue-and-White Flycatcher is beautiful. Many Japanese think that this species is so showy, but I feel the color is not flashy but chic. The color pattern is same as the pattern of Estonian flag.
Two subspecies recorded ; C. c. cyanomelana and C. c. intermedia. C. c. cyanomelana is breeds in Japan and we can observe them easily in breeding season. They migrate to Japan from Oriental region in spring.

IMG_9337.jpg
オオルリ成鳥♂  (Cyanoptila cyanomelana)  Adult male Blue-and-White Flycatcher  140501  Yamagata

国内においても黒味が弱い個体がいると以前教えて頂き、実際に本場の亜種チョウセンオオルリの写真をwebで見ると違いは明瞭。
よく言われるチョウセンオオルリの特徴は、喉の色が単色で青味がかる点でしょうか。"喉は黒だ"という先入観にとらわれていると見えてきませんが、この写真の個体の様に亜種オオルリも光が強く当たれば青色光沢は出ます。
本場の亜種チョウセンオオルリの青はブルーというよりも青銅器にあるような青緑色味が強く、脇腹に灰色味。そのせいもあってか腹中央部の白色が変に目立ちます。また写真を見ていると体型も異なるように見えないこともないような、僅かな違和感を感じることができます。
仮に日本においてチョウセンオオルリの様な色彩の亜種オオルリ個体が存在し亜種オオルリ内に二型が維持されているのだとしても考察しきれておらず。僕が言えることは離島に行き色が薄いからといってチョウセンオオルリだと断言するのは止めた方がいいという事でしょうか。
亜種チョウセンオオルリと亜種オオルリ間の遺伝子流動等についての文献は無し。なお亜種チョウセンオオルリは繁殖地(中国, ロシア, 韓国)や越冬地(オオルリより少し西側の傾向)共に日本で繁殖する亜種オオルリと異なります。

Recently, I heard from my acquaintance that 2 types of C. c. cyanomelana in Japan ; one is normal and another has pale-blue chin. the trait that pale-blue chin had been said that the traits of C. c. intermedia.
So I searched the photos of C. c. intermedia that breeds near Korea.
The plumage color of C. c. intermedia is not blue but greenish-blue. Actually the plumage color of "pale-blue chined" individuals that many time observed in Japan is not similar to the individuals that breed in Korea.
And the birds breed in Korea has grayish flank, birds breed in Japan has white flank. So it is difficult to identify the subspecies as C. c. intermedia if you find the individual that has only pale-blueish chin at an island in Japan.
I couldn't find any thesis about the gene flow between two subspecies. I found the informations about the migration ; the breeding and wintering grounds of the two subspecies are different.

IMG_9316 2

IMG_9318.jpg

IMG_9321.jpg
オオルリ成鳥♂  (Cyanoptila cyanomelana)  Adult male Blue-and-White Flycatcher  140501  Yamagata

オニグモを採食。非常に大きいクモであったため採食後20分ほどこの枝に止まって休憩していたのですが、採食が終わってすぐさえずりを始めたのには驚きました。つけ麺特盛後すぐにカラオケに行くようなもんですから、異常です(笑)
ヒタキ類はフライキャッチ等の定型で餌をとる事は多いのですが、足元にいるような虫に間近になって気付き採食をする様な場面も多く見られます。
余談ですが僕はクモがあまり好きではないので、この光景を見ていてわずかに気分が悪く...。
ここ半年ほどライトな更新が多いですが、これから益々忙しくなるため特に繁殖期は更新回数が減ると思います。
数年後ポストにつくことが出来たら惜しげなく書きますが、現在のスタンスはこれまでもこれからも暫く変わらないでしょう。今日の記事は今夜から予定があるので予約投稿でした。
ちなみに今のペースでの更新ならFC2ブログのストレージがMAXになるにはあと70年近くかかる様なので気長に続けていこうと思います(笑)

Foraging a spider Araneus. The size of this spider was large so this flycatcher couldn't move a lot and after foraging, he rested. I surprised that he initially sang after foraging, I thought it is a little hard.
Many time flycatchers forage the insect on a branch with pecking.
As an aside, I don't like spider so at that time I felt creepy.
From this week I will have my research so the fluency of updating this blog will become low. I ganna do my best both updating my blog and my research. And I wrote the system of this blog ; especially about the storage at last of Japanese article.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。