--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16
2016

春日和, ヒヨドリ / Nectars and buds, Brown-eared Bulbul

CATEGORYヒヨドリ
IMG_34491.jpg
ヒヨドリ  (Hypsipetes amaurotis)  Brown-eared Bulbul  160416  Ibaraki

非常に忙しい時期なのですが、今週以外で免許更新に使える日程が無いことに気づきドタバタ帰省。せっかく帰ってきたので通っているフィールドに少しの時間ですが行ってきました。
森は春。緑色の森にパッチ状にピンク色が散らばるこの時期の景色は非常に美しくいつまでも見ていたくなります。食べ物も増えて幸せそうな鳥達、そんな中からヒヨドリの更新です。なお今日も夏鳥を観察することができ、サンショウクイとヤブサメを確認しました。

Now is my busy time but I have to go to public office to renewal my driver's license. So I returned to my home town yesterday, and Today I went to go birding to my birding field.
Many flowers of Cherry Blossoms were so beautiful. Also birds looked happy because they could forage the nectar of flowers. Today I will write about Brown-eared Bulbul.

IMG_34261.jpg

IMG_34271.jpg

IMG_34351.jpg


ヒヨドリ  (Hypsipetes amaurotis)  Brown-eared Bulbul  160416  Ibaraki

カエデの蕾と花を採食、割と手当たり次第採食している様子でした。実際一つ食ってみるとほんのり甘みがありました。
渡り途中の群れが見られたりしましたが、蜜は非常に重要なエネルギー源でしょう。エネルギーの取得効率が良いことはハチドリの主食であることからも分かるかと思います。
ヒヨドリはヒヨドリ科に属する種であり、日本周辺と韓国南部では一般種。一般とはいかないもののフィリピンにまで分布します。
ヒヨドリは正に"日本の鳥"と言ってよい様な種ですが、ヒヨドリ科全体で言えばとてもそうは言えそうもありません。ヒヨドリ科の種は南アジア, 東南アジア,アフリカに分布し、ヒヨドリはその最も北に分布する いわば変わり者の種といってよいでしょう。
因みに日本で繁殖に来る種=日本の種だ みたいな記載が雑誌にされたりしますが、これはあまりに安易な記載です。これからやってくる夏鳥は東洋区由来の系統であって日本の属する旧北区由来の系統ではありません。

They foraged nectars and buds at random. Today I ate it, the taste was a little sweet.
A flock consisted with 30 individuals that during migration was observed Today. Maybe nectars of flowers are the important resource of the energy for migration. You can image the efficiency for assimilation of energy with nectar by the fact that Hummingbirds use it for alive.
Brown-eared Bulbul is really common in Japan, they distributed Japan to Philippine. Last March I visited Taiwan, but they were not common.
Family Bulbuls (Pycnonotidae) are largely speciated in Oriental region and Africa. Oriental region contains the largest species number of this family in this World. Brown-eared Bulbul is the one of the Northern species of family bulbul, so Japanese should observe eagerly this species, but almost all Japanese birder use to be watching this Bulbul.

IMG_66641.jpg
ヒナウチワカエデ  (Acer tenuifolium)  Maple  160416  Ibaraki

拡大するとこんな感じ。これは花を開いていますが閉じているものはまるで実の様。

They foraged this flowers and buds. The pinkish flowers are small but beautiful. The buds looked like the berries of something.

IMG_66351.jpg
ヤマザクラ  (Cerasus jamasakura)  Japanese cherry  160416  Ibaraki

毎年書いている気がしますが、ソメイヨシノより赤い葉のヤマザクラの方が綺麗で僕は好きです。ヤマザクラは開花時期がソメイヨシノよりも遅いということで、今日も花をじっくり見ることができました。

The most famous species of cherry blossoms is "Cerasus × yedoensis" that Japanese name is "Someiyoshino". But I'm prefer Cerasus jamasakura. more than Someiyoshino. Flowering time of Cerasus jamasakura is a little late than Someiyoshino and now is the season. So Today I could enjoy watching it.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。