--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
2016

雨林, アカエリキヌバネドリ/ Rainforest , Red-naped Trogon

IMG_5329.jpg
アカエリキヌバネドリ  (Harpactes kasumba)  Red-naped Trogon  150330  N Pen-Malaysia

現代に僕が生まれていなかったのなら間違いなく同じ時空間を共有することなく終わっていたであろう鳥たちに会いにマレーシアへ行ってきました。最近日本の鳥の更新をサボっていて申し訳ないのですが...。現在は乾季なため日本の夏さながらの暑さ。今回は一人ではなく 虫屋とベントス屋の大学の友達と。雲台とスコープのアタッチメントを家に忘れ出国してしまったのですが、友達のアイデアで無事スコープを使うことができました。その写真をあげたいのですが、なんとデジカメを落としてしまい今回はその写真無し。ジャングルの中では一人別行動をさせて貰えたのも非常にありがたい点でした。
熱帯雨林内は風が無く絶え間無く汗が流れます。そんな中でも集中力を保てば見えてくる鳥達。因みに日本の林内でさえ見つけるのに手間取る方はガイドをつけないと本当に何も見られないかもしれません。
今日の更新は熱帯云々についてでなく最も美しかった種の一つであるアカエリキヌバネドリをテーマに。32cmと決して小さい種ではないですが、動きが少なく熱帯雨林に溶け込みます。僕はカラス並みに大きく見えたのですが決してそんなことはないようです(ハシブトガラスは約50cm)。

I visited Pen Malaysia with my friends who like nature watching. Now is the dry season in Malaysia so the temperature was so high. Fortunately it was no rainy day so I could do birding every day during the trip.
In the rainforest, there were no wind so I really sweated. If you will go rainforest, you should keep enough water.
There were a lot of avian species and this time I could observe over 150 species. The species Today I will write is Red-naped Trogon. This species is one of the most beautiful species that I observed in this trip.
Body length of this Trogon is 32cm. It is a little big, however it was not easy to seek out this species in rainforest.

IMG_5324.jpg

IMG_5317.jpg
アカエリキヌバネドリ  (Harpactes kasumba)  Red-naped Trogon  150330  N Pen-Malaysia

アカエリキヌバネドリはタイ南部からボルネオ周辺まで分布するキヌバネドリ科の一種。見ての通り非常に美しく熱帯を訪れた際にみたいと願う人は少なくないでしょう。
キヌバネドリ科のほとんどの種では性的二型がみられ、本種も例外でなく雌雄で色彩の差異は大きく異なります。その辺はネットや本で確認して下さい。
亜種kasumbaはマレー半島に、亜種impavidusはボルネオに分布し後者がやや小型, 翼もわずかに短いとか。今回観察したのは分布域からの判断ですが亜種kasumbaでしょう。
これだけ大きいですが地鳴きはトリル音の様な地味な音であまり遠くまで響きません。また僕が観察しているうちは絶えず尾をフワッと広げて閉じるを繰り返していました。二個体観察したのですが、片方の個体は非常に遠くこちらに熱心な警戒を向けている様には見えませんでしたがそれでも尾を振る行動がみられました。

The distribution area of this species is S Thai to Borneo. There are some species of genus Harpactes in Pen Malaysia and this species is one of them.
Sexual dimorphism are seen, there are noticeable difference in the color of body plumage between male and female.
Two subspecies recorded, H.k.impavidus exhibits in Pen Malaysia, H.k.kasumba exhibits in Borneo. H.k.kasumba is smaller and has shorter wing than H.k.impavidus.
The voice is this species is not loud, like a trill. During my observation this Trogon always do tail fanning. I observed 2 individuals. Both were observed in mid layer of the evergreen rainforest. HBW noted that this species inhibits in mid to lower elevation in mountain of Malaysia.

IMG_3009.jpg

IMG_3004.jpg
アカエリキヌバネドリ  (Harpactes kasumba)  Red-naped Trogon  150330  N Pen-Malaysia

周辺の見方も写真からわかる通り、日本でここまで首を使って見回す種というとカラスが連想されますね。
webで本種を検索すると綺麗な成鳥の画像ばかりが引っかかりますが、本個体は完全な成鳥ではないでしょう。なお幼鳥は雌に非常に似るとのことですが、換羽時期や何度目の換羽で成鳥色の羽衣を獲得するかの情報は残念ながら分からないので正確なこの個体の齢は不明。しかし翼羽や尾羽は既に換羽している様に見受けられますし恐らく一齢ではなくそれ以上であることが示唆されます。体も大きいですし性成熟にも時間がかかりそうだとも思えます。
餌は主に動物質との記載がありますが、果実も採餌するのではないでしょうか。今回採餌の場面は観察できていませんが、昆虫を追うような飛行を一度見せました。また熱帯の混群にも参加するようですから、動物質を主に採餌していることは疑いようのないことかもしれません。
熱帯は林内を鳥が少しでも移動するとすぐに行動がわからなくなってしまうため、ある種の生態を明らかにするような研究がされにくいこともあってか本種も詳しい生態が明らかにされていません。
しかし近年本種の生息地の減少から徐々に個体数を減らし絶滅に向かっているとの記載があります。ここ数十年の森林伐採エリアが非常に広いマレーシア。熱帯雨林はこのままヒトによって失われてしまうのでしょうか。熱帯雨林がなくなる未来であれば僕達の孫やひ孫の世代は高い確率で次の世代に遺伝子を繋ぐことはできないでしょう。ヒトにとっても鳥にとっても、地球にとっても大切なのはこの大絶滅期に歯止めをかけることなのは間違いありません。

It looked around. The style was similar to some Clow.
When I searched the photographs with google, many photographs of adult male or female were founded easily but I could not find any photograph of young individual.
This individual is not Full-adult, the flank and nape contain some brownish feathers. It is not the feather of adult. However the wing feather and tail maybe already molted. I think this individual is not first-year, maybe more than second year. I didn't find any information about the molt and aging of this species so if you know, please tell me.
The main food of this Trogon is Invertebrate. This time I couldn't any foraging behavior, but I watched the flying that was like chasing an insect. I heard many Trogons joins in mixed-species flocks so no doubt that their main feeds is insects. I think they forages some berries also, but there are no information.
This time I recognized the difficulty of the avian research in a rainforest. Because it was hard to watch the behavior and chase one individual. The were always hiding in reefs.
Now they threatened by habitat loss in peninsular Thailand. I reed that the deforestation in Malaysia is awful. I hope large area of rainforests are saved. If almost all of the rainforests are felled, it means also the ends of the human being I think.


アカエリキヌバネドリ  (Harpactes kasumba)  Red-naped Trogon  150330  N Pen-Malaysia

画像より動画の方がずっと可愛く見えます。

I think this Trogon looks better in video than photograph. It was so elegant.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。