FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18
2016

美味しい関係, ミミジロチメドリ/ Mutualism, White‐eared Sibia

IMG_3626.jpg
ミミジロチメドリ  (Heterophasia auricularis)  White‐eared Sibia  160229  C Taiwan

先の訪台湾から既に1週間経っていることに唖然。台湾編はこの記事で最後にします、後は不定期で。
今日の更新はミミジロチメドリ。台湾固有種の本種、台湾を訪れたら見たいと願う人も多いと思いますが、各所の個体群サイズは小さくなく、かつ声が独特なので簡単に見つかります。
和名"チメドリ"とは非常に大雑把なもので、本種のような中型のSibia, メジロ大で可愛いFulvettaからミソサザイ的なWren-babblerまでかなり広い属を指す言葉で少し不便。
まあ今回はチメドリ一般というよりは、本種の生態を紹介。体長は23cm, ほぼムクドリ大ですが森の中で見る雰囲気は完全にヒヨドリです。

1 weeks has passed since I visited Taiwan. Today I will write about White‐eared Sibia.
This species has elegant eye-stripe with decorative feather and endemic species in Taiwan.
Sibia, Fulvetta, Babbler, Wren-babbler and Illadopsis are integrated into one name "Chime-dori" in Japanese name. I think it is really inconvenience to use the names when we speak.
Anyway, White‐eared Sibia is one of the largest species in forest of Taiwan. It is approximately same size with Common Starling ; 23cm. The behavior is similar to Brown-eared Bulbul that is one of the commonest bird in Japan.

IMG_3618.jpg

IMG_3620.jpg

IMG_3621.jpg
ミミジロチメドリ  (Heterophasia auricularis)  White‐eared Sibia  160229  C Taiwan

3月頭ははサクラが満開。日本のサクラと台湾のサクラのハイブリットもあるそうです。ミミジロチメドリも多くサクラで吸蜜、顔が花粉で黄色く染まります。
台湾の鳥とは残念なことに種ごとの生態等の研究がなされていない種が多く、本種もその中の一種。4-5月が繁殖時期との記載はありますが、3月前半既に番も形成されているでしょう。しかし今回は明瞭に番であると分かった2個体はおらず、群れで移動する際そのサイズは様々、1個体で移動する場合もありました。
ハビタットの利用はあまり広いとは言えず、常緑広葉樹林内で密度が高くなります。利用するのは樹冠部が主で、マイクロハビタット利用については先にも述べた通りまさしくヒヨドリです(笑)

Beautiful flowers of cherry blossom. Many White‐eared Sibias and Taiwan Yuhinas visited trees of cherry blossom. The face was painted by pollen is so cute!
Unfortunately, many avian species inhabiting in Taiwan have not researched enough yet. This species is also not yet described enough. It is known that the breeding season is April to May but maybe mating have already started in May or February. However I couldn't judge the pairs because number of individuals in the flocks were always large.
They select the habitat strictly, inhibited in Evergreen forests and always used canopy.

IMG_2081.jpg

IMG_2090.jpg
ミミジロチメドリ  (Heterophasia auricularis)  White‐eared Sibia  160302  C Taiwan

果実を採食。調べたのですが断言できず...モクセイ科でしょうか。科の単位で良いので分かる方コメント等でお知らせ頂けると非常に嬉しいです。
今回はひたすら果実と花蜜を採食しており無脊椎動物の採食の観察はできず。
ちょっと面白い点は、本種は果実を植物から採る時の一連の動きがヒヨドリと比べてぎこちないのです(笑)何度も自分のもった印象に疑問を持ちましたが やっぱり何度見ても果実をスムーズにブチッとは取れておらず、何か余計にチカラが入っているように見えてしまいます。台湾の果実がより強固に茎と癒合しているのかもしれないとも妄想していますが...早い話僕も果実をブチッとやればよかったのですが、やっておらず今になって後悔。
エイジングについては今回若いと思しき個体が観察できなかったのでなんとも言えないのですが、web上の画像を見ても部分的に旧羽が残る個体が見つかりませんし、幼羽後完全換羽かなという予測はしています。
3/17は用事があるので予約投稿にしてみました。初めに台湾から1週間経ったことに驚いたと書きましたが、高校を卒業してもう3年も経つ事に, 更に大学も残すところ1年になったことにはもう何も言葉が出ませんね。

Foraging berries of maybe Oleaceae. I don't know the genus or species of this berry, so if you know, please write a comment.
This time, I couldn't see the case they foraged invertebrates.
What is interesting is the pecking behaviors. They really strain their necks when they peck that berries. I always watch bulbuls in Japan, so the difference of pecking behavior is obvious I think. I hypothesized that berries and stalks fusion strongly in Taiwan, but I don't have any way to confirm it now.
I didn't see the age strictly and I can't find any reference about aging. I assume they complete post juvenile molt.
Next month, I will be promoted and will become senior in collage.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。