--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
2016

生態系の外, アリサンヒタキ / Out of the ecosystem, Collard bush-robin

IMG_1847.jpg
アリサンヒタキ成鳥♂  (Tarsiger johnstoniae)  Adult Male Collard bush-robin  160301  C Taiwan

我々ヒトは一種の陸上生物でありながら、一次生産を制御し陸上生態系とは分離したピラミッドの頂点を占め、更に陸上生態系をコントロールすらできる神の様な存在です。地球に与えた影響はあまりにも大きく、人新世という地質学命名も既に検討されていることは驚くに値しないかもしれません。
その神が産み出した文明のチカラは大きく、僕を含めほぼ全ての人がそれを実感していることでしょう。車, 船, 飛行機を利用しホテルに泊まり これまでに僕はほぼ日本中(北海道, 東北, 関東甲信越, 中部, 近畿, 四国, 中国, 九州, 沖縄, 先島諸島, 伊豆諸島, 日本海側の離島)で鳥を見てきました。奄美が抜けているのが恥ずかしいですが。
これまで各所でしっかり観察をしてきましたし、もうそろそろかなということで海外に行ってきました。行き先は台湾で滞在期間は12日。
その台湾で特に愛嬌がある種といえば、アリサンヒタキでしょうか。

Human is one of the terrestrial organisms. However human don't belong to terrestrial ecosystem and can control the primary production, distribution of organisms and so on. The effects of human activities to Earth are enormous ; e.g. changing atmosphere composition.
So in other words, human is a God of other organisms. The God like species made civilization. And now, almost all people use cars, airplanes and ships. I'm also one of the such person and I went around the Japan to watch birds with using them.
This time, I went to Taiwan to do birding. I stayed 12 days. It was a special trip for me because I could see over 140 species and I made some friends. The theme of this article is Collard bush-robin.

IMG_1899.jpg

IMG_1911.jpg



アリサンヒタキ成鳥♂  (Tarsiger johnstoniae)  Adult Male Collard bush-robin  160301  C Taiwan

ここまで3枚が同一個体。アリサンヒタキの体長は12cmでルリビタキ属に属する台湾固有種。
ルリビタキ属は6種から成りヒマラヤから極東に各種が分布しています(ルリビタキに関しては例外で北欧にまで分布が伸びる)。6種の中で唯一局所的な分布をし非常に愛くるしい姿をする本種の生態を紹介します。
胸の褐色帯には羽先端の磨耗による扇城の模様が見られ非常に優雅。また道端で飛び出したときは背中の橙色と共に黒い東部が目立ちます。
地鳴きは日本のルリビタキの様ではなく、カタカナで表せば"プョプョ"に近い丸みのある声。なおこの個体は旅館のチェックイン場所を間違った際、なんとその旅館の間違った入り口の脇で鉢合わせました。そんなわけで非常に近くからの写真ですし、尋常でなく警戒しているのが動画からわかると思います。まあ本属の警戒への意思決定は基準の判断が難しいですが(笑)

Above 3 pics are same one individual. Collard bush robin is small bird ; 12cm and belong to Tarsiger.
Tarsiger contains 6 species and distributed around Himalaya to Japan but Red-flanked bluetail is exception that species distributed Japan to Northern Europe. And this species is only endemic species in this genus.
The breast color is pale-brown and fan-shaped pattern is so beautiful. Also black head stands out.
The call "pyo pyo" is not similar to Red-flunked Bluetail's call.
From the video you will know that this individual is so alarmed, because I came face to face in front of hotel before check-in! It was so lucky!

IMG_2465.jpg

IMG_2477.jpg
アリサンヒタキ成鳥♂  (Tarsiger johnstoniae)  Adult Male Collard bush-robin  160304  C Taiwan

顔に白化箇所がある個体。2個体目
生息するハビタットについて、水平方向についてイメージはルリビタキとルリビタキの中間。比較的ジメジメして暗く茂ったハビタットから裸地とブッシュから成る開けたハビタットまでを利用しており、高標高域ではその個体数も日本のルリビタキの様に多くなります。
また本種の少し異質な点はマイクロハビタット利用にもあり、樹木を利用する際樹の外側から内側までを広く利用します。さながらカラ類の様な動きをすることもあり、仰天。

Second Individual, it has partial whitening.
The habitat of this species is wide, open habitat to lush habitat. The number of this species is became large in High altitude area. This range of habitat using is intermediate between Red-flunked bluetail and Daurian Redstart to strain a range to apply to the case of Japan.
The microhabitat using is also eccentricity, because they use both inside and outside of the tree. It behaves like tit sometimes. It was so incredible for me.


アリサンヒタキ成鳥♂  (Tarsiger johnstoniae)  Adult Male Collard bush-robin  160301  C Taiwan

1個体目と同個体。採餌については全体的にジョウビタキ似、動画は地面採食でルリビタキ的ですが。因みにジョウビタキは開けたハビタットばかりを利用していると思われがちですが、静かにブッシュ内を相当利用しており、その際は非常にルリビタキ的。知ってましたか?
見ていて驚いたのはその脚力。ホッピングする際の一歩の距離とスピードが非常に大きいのです。調べてみると、跗蹠長(写真だと足指のついてる根っこから羽毛で隠れて見えない関節までの長さ)ルリビタキが21-24mmなのに対しアリサンヒタキは27-30mm。多くのハビタットに適応した結果であると思われますが、このような差異が行動の違和感から発見できると嬉しくなります。

Same individual to1-3 pics. Foraging method is similar to Daurian Redstart.
The incredible point is the hopping ability. The ability is so high. You can see it in the video.
From the book, the tursus length of Collard bush-robin is 27-30cm, Red-flunked bluetail is 21-24cm. Maybe it is adoption to some kinds of habitats. I was grad to find such things from behavior.

IMG_2021.jpg
アリサンヒタキ第一回冬羽♂  (Tarsiger johnstoniae)  1st-winter Male Collard bush-robin  160303  C Taiwan

IMG_2485.jpg
アリサンヒタキ第一回冬羽♂  (Tarsiger johnstoniae)  1st-winter Male Collard bush-robin  160304  C Taiwan

なお若鳥雄は約70日で体羽を換羽し、成鳥とほぼ同じ羽衣を獲得するとか。しかし大雨覆の一部や風切は換羽しないため齢の識別は可能です。
これら一齢個体の上の写真で示した個体には大雨覆に新羽と旧羽とのコントラストが見られ、下の個体は全て旧羽。なおキビタキなどに見られる大雨覆の"とばし換羽"も見られました。
背面の暗色味にも個体差があり、成鳥のように漆黒の部分がほとんどの個体からかなり淡い色の個体まで様々。そんな印象を持ちましたが羽についてはあまり時間をかけて見ていないので傾向は異なるかもしれません。

First year male obtains adult type plumage after approximately 70 days. However Primaries, Secondaries and some greater covers are not molted so we can judge the age.
Individual pic 6 remains some greater cover so there are molt contrast.
The plumage color of back has big variations. Some individual has jet black back and some individual has pale black back.

IMG_4429.jpg

IMG_4434.jpg
アリサンヒタキ♀  (Tarsiger johnstoniae)  Female Collard bush-robin  160304  C Taiwan

雌については面倒なので齢を必要に迫られない限り今回確認していませんが、確認しても判断に迷う場合がほとんどでした。
もうすでにペアを形成している場所もあり、連れ立ち行動が見られたので寒い高山でも暖かい気持ちになりました。
今回アリサンヒタキについて特に興奮したのはキクチヒタキとテリトリーが重なる場所を複数発見, 観察できた点でした。
そういえば、geogleで"きびたきくん"と入れるとキーワードに"きびたきくん ブログ"と出るようになりました!これまでもこれからも観察内容全てを記載する事がない点申し訳ないですが、面白いと思う点は積極的に書いていく予定です。そんな訳で今回の記事も読んでいただき皆様、謝謝!

I considered ages only few individuals on female. But in that case, I couldn't judge the age.
In some place already mated and moved female and male together. The most I exited was I found some territories that has overlap with White-browed bush-robin's territory.
Anyway, the visitor number increased recently and it was so nice for me. Thank you for reading and in Taiwanese thank you is expressed 謝謝.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。