--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
2016

障壁, ホシムクドリ / Restriction, Common Starling

IMG_0201 2

IMG_0202 2
ホシムクドリ  (Sturnus vulgaris)  Common Starling  140310  Kumamoto

一昨年の九州が少し懐かしくなり(+画像トリミング等をしてフォルダに入れたままにしといたので更新がラク!)、今日の更新はホシムクドリに決定。
時の流れとは悲しいもので 21歳となった今、ホシムクドリを見ても大して胸踊らなくなってしまいました。ホシムクドリは日本でこそ普通種ではないですが、欧州では本当の普通種, 北アメリカやオーストラリアでは移入し繁殖しています。
また本種はかなり亜種数が多く、その数13亜種。例えばカスピ海等ちょっとした地理的な障壁で個体群が分断され得てしまう訳ですね。
日本に渡来する亜種はウラル海周辺に生息する亜種S. vulgaris poltaratskyiだとか。

Today I will write about Common Starling, this species is not common in Japan and few individuals observed during winter. Kyushu that west of Japan is little popular area we can see this species.
When I was teen, I really impressed when I watched this species. But now I get used to find this species.
This Staring was introduced to N America, Australia and S Africa.
The number of subspecies is 13 that is large number! Even little geographical restriction helps their speciation.
S. vulgaris poltaratskyi is a subspecies that wintering in Japan.

IMG_7026.jpg
ホシムクドリ  (Sturnus vulgaris)  Common Starling  140310  Kumamoto

これらの個体を観察した時はぐぜりを聞けたのが非常に嬉しかった覚えがあります。ムクドリのぐぜりよりも艶やかでつっかからない美声でした。
フィールドノートには他にムクドリと同所での採餌について書いてありますが、やはり数の少ない本種が警戒時ムクドリよりも先に逃避。たしか近づいた犬がポメラニアンだった記憶があります(笑)

When I observed this individuals, I could hear the sub-song. Their songs was so beautiful and more fascinating than the songs of White-cheeked Starling that is commonest staring in Japan.
They foraged in White-cheeked flock. When a dog approached them, Common Staring initially flied.

IMG_7032 2

IMG_7059.jpg
ホシムクドリ  (Sturnus vulgaris)  Common Starling  140310  Kumamoto

オーストラリアに移入されたのが1800年代、シドニーとメルボルンに持ち込まれそれ以来繁殖し続けているようです。現在では地理的に分断され二つのグループに分かれ交配が進み、遺伝子に多型(同じ生物種の集団のうち 持つ遺伝子のセットが異なる個体が存在すること, この場合2つのグループに分かれる の意)が認められるようです。
よくホシムクドリの羽色が黒くなってくると「夏羽にだいぶ換わった」という人がいらっしゃいますが、間違いです。
本種は春に一切換羽をせず 磨耗によって黒色に羽衣色が変わります。磨耗による羽衣色変化の代表例はオオジュリンですが、オオジュリンは晩冬に部分的には頭部の羽を変えているので徹底っぷりはホシムクドリの方が上ですね(笑)
4枚目の個体は磨耗が進んだ個体、5枚目はまだそれほど進んでいません。
前回の本文が分かり難いと言われたので分かり易く書いたつもりなのですがどうでしょうか。
低気圧と高気圧の狭間に挟まれて数日経つ訳ですが、もういい加減北からの強風収まって欲しいですね。寒いです。

In 1800s, it was introduced to Australia particular in Sydney and Melbourne. And now there are gene polymorphism and that population can divide two types.
Many Japanese birdwatchers say "the plumage changed to blackish it is because of molt" but it is false.
This species does not molt in pre-breeding season. The color of plumage changing is caused of the worn.
Maybe you associated the changing plumage color because of worn with Greater reed bunting, right? Interestingly, Greater reeds change their feather a little, so the degree is greater in Common Staring!
Pic 4 individual a little worn and Pic 5 individual that remains winter color plumage.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。