--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04
2016

如月, ジョウビタキ / February, Daurian Redstart

IMG_0476a.jpg
ジョウビタキ第一回冬羽♀  (Phoenicurus auroreus)  Daurian Redstart  160103  Ibaraki

今年に入ってからもう一ヶ月が経ちました。暦上の節目である2月4日に僕のテストも無事終了。
更新は今年に入ってから観察したジョウビタキ、数日前鳥見にいったのですが写真の取り込みをしていないのです。
ジョウビタキは常にという訳ではありませんが、目立つ場所から飛び降りて採餌するのが印象的。
しかし同じ旧ツグミ科内で日本においてジョウビタキほど飛び降り採餌をする種はいません。効率的な採餌を可能にしている形態的な適応としてあげられるのは尾羽でしょうか。
各種雄の尾羽長を見てみると、ジョウビタキ62-66mm, シロビタイジョウビタキ52-68mm, クロジョウビタキ58-63mm(以上ジョウビタキ属), ルリビタキ53-62mm(ルリビタキ属), ノビタキ42-55mm(ノビタキ属)。
一般的な種を抽出し種数も少ないので偏りは間違いなくありますが、同ギルド内でも尾羽長に大きな差異があることがわかります。ジョウビタキ属は一般に尾羽が長めであり、開けたハビタットでの昆虫食者というニッチを占めるでしょうか。
ジョウビタキの採餌を見ていると尾羽は勢い付け, 重り, 減速に一役買っていることと思いますし、計測値からも他属との利用ハビタットの差異が存在する事が伺えます。
上の計測値において問題はルリビタキですが またの機会に書きますね、あと他種についても。なお越冬期だけでなく繁殖期もジョウビタキは採餌に開けたハビタットを利用します。

1 month passed from the end of last year. Today I finished my exam!
Daurian Redstart is common winter visitor in Japan and it always perch on the tip of the vertical branch.
Daurian Redstart is the most "fall down forager" in Turdidae in Japan. Why they fall down and what the adaptation of it?
Today I focus on the tail length. The tail lengths of each species male are following ; Daurian Redstart 62-66mm, Common Redstart 52-68mm, Black Redstart 58-63mm (Above Phoenicurus ), Red-flancked Bluetail 53-62mm(Tarsiger), Common Stonechat 42-55mm(Saxicola).
certainly there is a bias because I choose only 5 species, however we can see the differences of tail length in same guild.
I think long tail of Redstart helps the foraging that the aspect of momentum, weight and deceleration. From the measurement, we can guess the difference of their Niche!
However the problematic consequence is Bluetail. I will write about that someday.

IMG_0458a.jpg

IMG_0461a.jpg

IMG_0445a.jpg
ジョウビタキ第一回冬羽♀  (Phoenicurus auroreus)  Daurian Redstart  160103  Ibaraki

テリトリー防衛後ちかくのブッシュで僕を警戒。のちに採餌を始めました。写真見れば分かる通り凄いこちらに注意を向けます、一応断っておくとわざわざ接近した訳ではないです。
この個体は初列雨覆がボロいので第一回冬羽としましたが、あくまで推定。
ジョウビタキは年を重ねると尾羽先端に暗色味が出るといいますが、実際はどうなのでしょうか。この個体は淡色ですが、実際に暗色味を帯びる個体は多く存在します。その事象がもしあるのだとしたら何故なのか気になりますね。
春休みに入った訳ですが、来ると思っていた連絡が来ず更に調査バイト日程も微妙という困ったスタート。明日はゆっくり昼くらいまでゴロゴロしてようと思います。

I judged the age of this individual as 1st winter from worn primary covers.
And I heard that older adult has dark-tone tip of tail, and I observed many individuals that has dark-tone tip tail. This individual's tail tip is not dark.
Really wanna know why the color changed only older adult and why only tip of tail? Is it used as a signal?
Spring vacation has started and I had some accidents so now I little worry about it.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。