--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2016

親和行動, オオヒシクイ / Affinity behavior, Taiga Bean Goose

IMG_2743.jpg
オオヒシクイ  (Anser fabalis middendorffii)  Taiga Bean Goose  160109  Miyagi

今週は用事があって茨城に帰ったのですが、鳥見は出来なかったので先週の宮城からオオヒシクイ。
日中でも多くの個体が沼に留まります。初日は東北らしく雪が降っていました。

This week I couldn't go birding so I write about birding one week ago.
I observed Taiga Bean Goose at Miyagi-pref north of Japan.

IMG_1251.jpg
オオヒシクイ成鳥  (A. f. middendorffii)  Adult Taiga Bean Goose  160109  Miyagi

オオヒシクイの現在の種,亜種としての位置合いは結構複雑だと教えてもらいました。実際軽いレビューを読むとオオヒシクイを独立種として扱うとの論文も存在はするのですが、矛盾が含まれており過去の見解どおり"和名でヒシクイとつく種"は1種(ヒシクイA. fabalis)とするのが今の所安全だろう という本当にややこしい現状でした。
(なおこの議論にはコザクラバシガンも登場しますがとりあえずヒシクイとオオヒシクイについて書きました)

Taxonomy of A. brachyrhynchus, A. fabalis and A. middendorffii is so complex.
Now the recognition Pink-footed goose and Bean goose of A. brachyrhynchus as a full species.
Both Taiga Bean Goose and Tundra Bean Goose migrate to Japan so many Japanese interested in it.

IMG_2739.jpg
オオヒシクイ  (A. f. middendorffii)  Taiga Bean Goose  160109  Miyagi

水面に浮きながら採食もしますが、多くの場合こうやって水から出ているような泥池で採食。
アシの地下根や地下茎を食べているようで、非常にガシガシ噛んで食べます。結構雑なのがなんともでした(笑)
ヒシクイとオオヒシクイでの採食行動の違いについては ヒシクイが水面で採食しているのを観察していないため厳密に言えば比較できていませんが、採食ハビタットが二種で違う可能性は捨てきれません。

Taiga Bean Goose foraged rhizomes of reed near ground. Foraging on water is not rare but near ground is more common.
I coudln't observe the differences of foraging habitat between Taiga Bean & Tundra Been because Taiga always foraged near marsh and Tundra always foraged fallow field.
I though the difference of preference habitat caused by the foraging method and feeds preference.

IMG_1245.jpg
オオヒシクイ成鳥  (A. f. middendorffii)  Adult Taiga Bean Goose  160111  Miyagi

翼仮面は暗色。
第二回冬羽の個体も中雨覆の形態, 色彩から識別可能のようです。第二回については帰ってきてから知ったので現地では確認していません。

Underparts of wing is ash-tone.
From book, we can judge the age by second winter. The points of judge are color, size and shape of median covers.

IMG_1262.jpg
オオヒシクイ成鳥  (A. f. middendorffii)  Adult Taiga Bean Goose  160111  Miyagi

変な斑が嘴にある個体。嘴の両方に同様の斑があったことから遺伝配列の変異などが原因と思われました。

Individual with strange orange-point of bill. I found both side of bill the points that the orange points of base.


オオヒシクイ  (A. f. middendorffii)  Taiga Bean Goose  160111  Miyagi

今日のタイトルにも使った”親和行動”を幸い動画に撮ることができました。
マガンからオオヒシクイまで使われる社会的な信号はユリカモメのそれとほとんど一緒であり、儀式的な攻撃(強, 弱)は前傾姿勢をとり首を相手方向に伸ばすことによってなされます。また完全な攻撃はさらに前進行動がプラスされ、標的は頭部であったり足であったりします。
一方でこのように相手に対する愛情を示す行動も前傾姿勢で行われますが、闘争と異なりヌルっとした動きで行われます。マガンはもう少し頭を上下させたりとヌメり感はオオヒシクイ程ではなかったですが、同様の行動があることを確認できました。
なおガンは家族単位で行動をこの時期するため、このような愛情を示す行動は家族の絆を維持する上で大切な行動なのでしょう。

Video of "Affinity behavior". Fortunately I could take the video with degiscoping.
The signal of Bean Goose is resemble to Black-headed gull that was published. Psedu-attacking represented position of anteversion and stretch the neck. Attacking represented psedo-attacking plus walking to front.
However, they also used neck in the case they maybe wanna express the affection. I could observed "Affinity behavior" in Greater white-fronted goose similarly.
Geese live with their family in winter so it is important to express the affection!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。