--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20
2015

口紅と針, タイミルセグロカモメ / Lipstick and Fishhook, Taimyr Gulls

IMG_0194.jpg
タイミルセグロカモメ成鳥  (Larus heuglini taimyrensis)  Taimyr Gulls  151219  Chiba

珍しく友人と鳥見に。行く前から風邪気味だったのですが、寒さで悪化し声がでなくなってしまいました(笑)
カモメ観察は物凄く好きな訳ではないですが、やはり行くと楽しくなってしまいます。帰宅後他大学の友達に助言をもらい今回はアメリカセグロの難しさを改めて実感。
更新はタイミルセグロカモメ。本種の識別点として挙げられる嘴の赤斑ですが、非常に顕著な個体。まるで口紅をぬっているかのような雰囲気ですね。
セグロカモメはP10脱落が多い中、タイミルはP8脱落。

Yesterday I went birding with my friend. Unfortunately my cold got worse and now I can't speak!
Gull watching is so difficult but interesting. This time I realize the identification of Larus smithsonianus.
Taimyr Gulls was observed in Chiba. Characteristic red spot of bill is large.
Many Vega Gull fell out P10 but typically Taimyr Gulls molt progression is slow, and yesterday 2 individuals fell out P8. This individual also fell out P8.

IMG_2483.jpg

IMG_2484.jpg
セグロカモメ第一回冬羽  (Larus heuglini vegae)  1w Vega Gulls  151219  Chiba

餌をめぐる闘争かと思ったら様子がおかしい2個体。
2個体の間にはルアー。溺れ掛けていましたがなんとか嘴から外れ事故にはなりませんでした。釣り人に限らず自然に対する配慮は我々も忘れてはなりません。

Strange behavior of two individual and I couldn't understand what happened. From pic, I understood what happened and two individuals were coupled with a lure.
Not only angler, We have to keep in mind consideration for the environment.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。