--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13
2015

神器, マヒワ / Tool of digiscoping, Eurasian Siskin

CATEGORYマヒワ
IMG_9597.jpg
マヒワ成鳥♂  (Carduelis spinus)  Adult male Eurasian siskin  151116  Tochigi

今週は鳥見に行っていないので先月からマヒワ。
今日の写真は全部デジスコ。デジスコというとカメラマンでない鳥好きからしたらスコープが台無し...と思うかもしれませんが、僕はKOWAのユニバーサルアダプター(TSN-DA4)を使用しています。観察の記憶がそのまま記録になる、まさに神器です(笑)

This weekend I didn't go birding so today's individuals of Eurasian SIskin were observed one month ago.
All pictures of this article was taken by digiscoping. Many birder think that digiscoping is wasteful because if we set the adapter of digiscoping, we cannot use scope as observation tools. But my tool ; TSN-DA4 from Kowa is very useful. Because we can do taking pic and observation at the same time.

IMG_9609.jpg
マヒワ第一回冬羽♂  (Carduelis spinus)  1st-winter male Eurasian siskin  151116  Tochigi

やや黄色味と黒色味に欠ける個体。
漆黒の羽色を呈する、つまりメラニン産生にはコストがかかるようで、大抵の種の若鳥は黒色が鈍ります。
昨年だか一昨年は茨城の実家をマヒワの群れが訪れ、母が普通のデジカメでどアップの写真を撮っていました(笑)

This individual lacks the jet black and it indicates this individual is maybe young.
Production of melanin takes cost so many species' young exhibit not jet black tone.
Anyway, one or two years ago flock of Eurasian siskin visited my home and my mother took picture by normal digital cameras without telephoto lens.

IMG_9612.jpg
マヒワ成鳥♀  (Carduelis spinus)  Adult female Eurasian siskin  151116  Tochigi

カラマツを数十羽の群れで訪れ、他者の存在を感じるとぱーっと飛び立ちます。といって写真カラマツじゃないですが。
一羽がおしゃべりを始めると群れ内に伝染し、もの凄くうるさくなります。スズメの群れやアトリの群れ、更にヒトの群れと共通するところがありますね。

They foraged on larch many time, but the branch of this pic is cherry tree.
When one individual starts talking, other individuals also start talking. The situation is very similar to flock of Sparrow, Brambling and human!!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。