--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
2015

20グラム, セグロセキレイ / 20 Gram, Japanese Wagtail

IMG_2312.jpg
セグロセキレイ第一回冬羽♂  (Motacilla grandis)  1st-winter male Japanese Wagtail  151206  Ibaraki

週末は茨城の山へ。今冬はキクイタダキのような小型昆虫食者が平地に降りてくるのが早く、個体数が多いように感じます。
池で採食していたのはセグロセキレイ。凍っていない池の上を巧みに歩行します。体重は約20g 徐々に蓮の葉は浸水します。

This weekend I went to deciduous forest in Ibaraki that is my home town. This winter, the number of small-size insectors are larger than average I think. In Japan, like Goldcrest and some tits.
I observed Japanese Wagtail that walked on Lotus leaf. Japanese Wagtail's body weight is approximately 20g, so they can walk on leaf on water.

IMG_2285.jpg

IMG_2299.jpg

IMG_2300.jpg

IMG_2211.jpg
セグロセキレイ第一回冬羽♂  (Motacilla grandis)  1st-winter male Japanese Wagtail  151206  Ibaraki

蓮の葉の波打ち際には結構餌が溜まるらしくそれを狙います。また葉に囲まれた水面(=プール?)も同様。
ミズムシの仲間と思われる淡褐色の昆虫,やコバエを採食していました。餌生物の同定は難しい限りです...。
ジャンプの瞬間は双眼鏡越しでも十分可愛いですが、写真にすると必死さが更に伝わります。何度か腹まで浸水し焦っている場面もありました。

He searched for in the edge of leafs, maybe many feed are accumulated by wave.
I observed him pick up Corixoidea and flies. Insects are small so it is difficult to judge the species.
The behavior is so cute so I watched them for half hours. Few time this individual was impatient because the leave sinked!

IMG_2222.jpg
セグロセキレイ第一回冬羽♂  (Motacilla grandis)  1st-winter male Japanese Wagtail  151206  Ibaraki

同個体の翼上面。次列風切や初列風切, 小翼羽に暗色斑が入ります。風切先端の暗色斑は漆黒ではありません。

Upper wing of same individual.
Judged as 1st-winter male. The blackish patches of primary and secondary are not jet black but exhibited brownish tone.
The blackish patches are also exhibited on alula, primary covers.

IMG_2337.jpg
セグロセキレイ齢不明♀  (Motacilla grandis)  maybe female Japanese Wagtail  151206  Ibaraki

一緒に行動していた個体。背面が淡色の若い個体です。
翼を見たわけではないので自信はないですが、背が灰色であるのは雌寄りの形質。おでこが広いのがひっかかりますが雌としました。

Another individual that was together with above individual.
I couldn't judge the age and I guess the sex as female.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。