--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
2015

松林に暮らす, ビンズイ / Living in pine forest, Olive-backed Pipit

CATEGORYビンズイ
IMG_2091.jpg
ビンズイ 亜種ビンズイ型  (Anthus hodgsoni)  A.h.hodgsoni-type Olive-backed Pipit  151201  Chiba

今日は午後からビンズイを観察。マツが優占する林に生息するという一般的な種からしたら少し異質な生態をもつ本種。
本種のハビタット選択に占めるマツの重要度は驚く程高く、森林下層の構造というより"マツ"そのものが大事。
またどういう違いがあるのか理解しきれていませんが、アカマツ林よりずっとクロマツ林を選好します。
マツ林の下草が薄く水はけの良い硬い裸地が重要なのかと思ってきましたが、三番瀬にいってびっくり(今日は別所です)。彼らは海の波打ち際から続く植生における最初の高木群落である海岸のクロマツ群落にすら生息します。その下層は海の砂そのもの。
越冬期間本種の主要な食物であるマツの実は脂肪分が多く、いわばコテコテの料理を食べているようなもの。そんな実を拾える環境こそ越冬期の生息ハビタットとして適しているのだと思います。

Today I observed Olive-backed Pipits. This species exhibits strong preference to pine forest.
The most important point of habitat is the presence of pine, not structure of underlayer. The foraging of Olive-backed is "picking up" on the ground of pine forest.
I don't know the reason why, Olive-backed more prefer Japanese Black Pine forest than Japanese Red Pine forest.
I thought that maybe the most important point of habitat selection of this species is the character of bare ground ; hard and well-drained soil. However it was inaccurate. Because they also live in windbreak forests near the sea. The bottom of the forest is almost sandy beach.
Pine nuts are the common food of this species and they contain many fat contents.

IMG_9906.jpg

IMG_6432.jpg
手前 : ビンズイ 亜種カラフトビンズイ型  (Anthus hodgsoni)  Front : A.h.yunnanensis-type Olive-backed Pipit  140306  Kagoshima
奥 : ビンズイ 亜種ビンズイ型  (Anthus hodgsoni)  Back : A.h.hodgsoni-type Olive-backed Pipit  140306  Kagoshima

本種の識別である程度本を読むと自ずとぶつかる亜種の壁。本に書いてあるほど単純な物ではないとのことで、今回は形質から亜種を識別するのではなく 表現系のまとまりとして"型"という語を勝手に使います。僕も色々教えて貰った事なので、気になる方は頑張って文献探してください(笑)
さてこの写真についてですが、10羽前後のビンズイの越冬群において1個体やや浮いた個体を見つけたときの写真です。ちなみに場所は離島ではなく九州。
なお齢差は考慮しきれておらず、性差は考慮していません。ビンズイ1wは羽衣に明瞭なコントラストがある個体でないと正直僕には無理です。
手前の個体は背中の軸斑が小さく背中全体でみると不連続的、体色がオリーブ味に欠け淡色、腹の斑がやや薄いなど図鑑に載る亜種カラフトビンズイの形質を示します。

Many Japanese are confused by subspecies identification of Olive-backed. I heard that it is not simple and difficult to judge the subspecies with traits. And now, there are many hypothesis but not been proven.
So I use the ward "type" in this article. Until now, there are 2 subspecies in Japan ; A.h.hodgsoni and A.h.yunnanensis. A.h.hodgsoni is more common and breed in Japan, A.h.yunnanensis is not common and more paler plumage.
This photos are taken 2years ago I observed in Kyushu that about 1000km south from Tokyo.
Front individual is more paler than back one, more small patch on upperparts, less olive-tone and more small patch on underparts. So I though this individual is A.h.yunnanensis-type.

IMG_0398 2
ビンズイ 亜種カラフトビンズイ型  (Anthus hodgsoni)  Front : A.h.yunnanensis-type Olive-backed Pipit  140504  Yamagata

これは飛島で撮った個体。5月に見た個体であり繁殖羽な筈ですがこの色の薄さ。
離島に行くと実感する事ですが、表現系はグラデーション状に変化しておりここからビンズイでここからカラフト と線引きする事は難しいです。
またビンズイは松林を生息地としているだけあって逃避時真上に飛ぶ速度が速く、タヒバリと比較すると逃避の仕方に明確な違いがあります。調べると翼長もビンズイの方が短く、観察の裏付けになったような気がして少し嬉しくなりました。

This pic was taken in May so this individual maybe almost finish pre-breeding molt.
Less olive-tone and small patch suggested that this individual is A.h.yunnanensis-type. A.h.hodgsoni type breeds in Japan exhibits more strong olive-tone.
The change of traits are continuously so it is difficult to distinguish the subspecies.
Anyway, Olive-backed lives in pine forest so they can fly to just above. Their wing length is shorter than Buff-bellied and Water pipit.

IMG_2085.jpg
オオモミジ  (Acer amoenus)   151201  Chiba

低地でも紅葉が綺麗な時期になりました。もう12月なんて信じらんないですね。

Beautiful autumn leaves. It is seasonal tradition of fall in Japan. I cannot believe now is December. Time flies!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。