--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10
2015

放散, メジロガモ×ホシハジロ / Radiation, Ferruginous Dock × Pochard

IMG_1925.jpg

IMG_1922.jpg

IMG_1896.jpg
メジロガモ×ホシハジロ成鳥♀  (Aythya nyroca × Aythya ferina)  Adult Female Ferruginous Dock × Pochard  151026  Niigata

メジロガモ×ホシハジロの雑種を先月初めて観察。雌は非常に愛くるしい風貌で餌をあげるとしたら優先してあげてしまいそう(笑)
純粋なメジロガモに比べると赤味は弱いように見えます。またカモ図鑑によれば嘴先端のパターンは典型的な雑種のパターンなようです。
因みにこの個体を見たとき全体的な雰囲気から(安易ですが)若い個体かと思っていまいましたが、リターンしてきている個体とのことでした。

I observed Ferruginous Dock × Pochard first time last month. This female looked so cute.
Reddish-tone was weak than female Ferruginous Dock. This pattern tip of bill is typical of hybrid according to An identification guide to the duck of Japan.
When I saw this individual, I though it was young. But after I heard that this individual returned to Niigata and had observed last year.

IMG_1941.jpg

IMG_1955.jpg
メジロガモ×ホシハジロ♂  (Aythya nyroca × Aythya ferina)  Adult Female Ferruginous Dock × Pochard  151026  Niigata

異彩を放ちます。純粋なメジロガモを見たことがありませんが、体型はホシでなくメジロ寄りに見えます。
側面はホシハジロ雄のそれ、上面は微妙に赤褐色味が入っており血が混ざっているのがよくわかります。
行動面, 採食面について特記することはありませんが、餌をあげている所に来ることはありませんでした。
キジ,カモ類の共通祖先は非常に早い段階で他の鳥類と分岐し、その分岐は9000万年前に遡ります。しかしそこから現生するカモへの放散(単一の祖先から多様な形質の子孫が出現すること)が起こったのは割と最近。まだ種として各々の歴史は浅く、生殖的な隔離がされきっていないことから雑種形成がよく起こります。
しかしアイサとマガモであったり、あまりに形態的に異なる2種の雑種形成はどういう訳なんだかわからなくなりますね。

Stand out in the flock because of the strong reddish-tone. I never seen not-hybrid Ferruginous Dock but I think the figure of body is similar to Ferruginous.
Flank was similar to Pochard and the color of upperparts was intermediate between two species.
There were no special behavior. Suffice it to say is that they were a little shy.
Branch of Galloanseres (Ducks & Landfowl) was 90 million years ago. But the radiation of ducks was relatively recently so there are many cases of Hybrid.
Anyway, It is interesting that there are unique Hybrid examples like Mallard × Merganser.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。