--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20
2015

空きニッチ, コゲラ / Not occupied niche, Japanese Pigmy Woodpecker

CATEGORYコゲラ
IMG_6802.jpg

IMG_6803.jpg
コゲラ  (Yungipicus kizuki)  Japanese Pigmy Woodpecker  141123  Saitama

コゲラは日本において大型キツツキが侵入できない密な樹林内や枝先の樹幹側面における昆虫食者のニッチを占めています。
Pigmyとつく小型キツツキは極東ではコゲラと大陸と台湾に分布するセグロコゲラだけなので特殊なのではと思ってしまいがち。しかし更に南に視点を移すと様々な地域で 例えばSunda, Phillipine, Indianなどの名がつくPigmyなキツツキが生息しており、あまり日本の図鑑で意識することはないですが同様のニッチが同じ科に占められていることが示唆されます。
因みにpigmyは"小さい"を意味しますが、全くその通りですね。細いアシで採食しているのもよく見かけます。
もちろんアシは最適なハビタットではないでしょう、生活域の決定における妥協は広く見られる事象です。
本記事のタイトルにした空きニッチはコゲラに関してではなく僕の妄想について。日本における空きニッチってなにかな...と暫く考えていたのですが、1週間程前にようやくひらめきました。

Japanese Pigmy Woodpeckers are very common bird in Japan. They occupies the niche that insectivore in the tip or end of a twig or the dense vegetation large size woodpeckers are not able to enter.
There are only 2 species named "pigmy" in far-East, so maybe many Japanese think that "Pigmy" woodpeckers are not common all over the world.
But when we open a book of birds in South-east Asia, we can find a lot of small woodpecker that named "Pigmy". For example, Sunda Pigmy Woodpecker, Philippine Pigmy Woodpecker and Indian Pigmy Woodpecker.
From this fact, we can presume that similar niches are occupied by same Family.
This pic, Japanese forages on a thin branch. Many time I observed this species forage in reed bush.
Maybe reed bush is not optimal habitat, so I think it is one example of compromise in habitat selection.
Anyway, these days I was thinking that what is the "Not occupied niche" in Japan. About 1 weeks ago, I came up! Do have idea of it?

IMG_6819.jpg
コゲラ  (Yungipicus kizuki)  Japanese Pigmy Woodpecker  141123  Saitama

それは竹林です。日本において竹林を最適な採餌ハビタットとして利用する鳥類は生息していない筈です。
なおタケの分布は極東-東南アジア, アフリカ, 南アメリカと限定されたエリアのみのようで、世界的にみると異質な環境であることが推測できます。
東南アジアのタケ分布域にはタケゲラが生息しており、竹林でのニッチを占めている内の一種です。形態的にも適応しているのか、写真をみるとタケを”抱く”ように足の曲がる様。
日本においてもタケゲラが飛来し個体群を維持する、採餌において利用するハビタット幅が広いコゲラが徐々に竹林に進出する等分布域を広げる機会は未だ残っている筈です。また数百万年後には新しい竹林に生息する種と成るかもしれません。
写真のように細い枝で 更に針金にすら目測を誤らず突きを浴びせることのできる本種に、さりげない期待を持ってしまうのは僕だけでしょうか?

It is Bamboo forest. There are no bird species in Japan specialized to the habitat.
Bamboo is distributed in far-East and South-East Asia, Central Africa and North South-America. Bamboo habitat is not common around the World.
Pale-headed Woodpecker is distributed in South-East Asia and this species specialized to bamboo habitat.
In Japan, the niche of bamboo forest will be occupied if Pale-headed visits Japan and maintains population or Japanese Pigmy foray to the bamboo forest.
After several million years, just maybe we can see new species foraging in bamboo forests and little similar to Japanese Pigmy Woodpecker.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。