--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
2015

姿勢の差異, オオムシクイ / Posture, Kamchatka Leaf Warbler

IMG_0093.jpg

IMG_0099.jpg

IMG_0103.jpg

IMG_0109.jpg

IMG_0110.jpg
オオムシクイ  (Phylloscopus examinandus)  Kamchatka Leaf Warbler  150604  Japan

メボソムシクイPhylloscopus borealisの一亜種として数年前まで分類されていた本種。現在は独立種オオムシクイP. examinandusとして扱われているのは周知の事実かと思います。
そんなで前回述べた様に学会前の書き溜めからオオムシクイについて本記事では更新。図鑑に載っているような内容は書くつもりは無いので悪しからず。なおコムシクイ P. borealisについては以前更新した記事(こちら)を参照してください。
まずオオムシクイにおいて特に顕著な点は背面の緑褐色。コムシクイとは比較にならない程色が濃いですが、メボソムシクイP. xanthodryasとの差は微妙。メボソムシクイとの差異は上面よりも下面。
顔つきがキリっとクールに見える点も一つの特徴と思います。過眼線が細いが故で個体差もありますが、メボソムシクイとの雰囲気の差はここから生まれるのかなと思っています。
眉斑が前方でぶっつり切れる点が挙げられることも多いですが、これもかなり個体差があります。また羽衣の状態によっても左右されるでしょう。1個体目のこの個体では目先で淡色がつながっていることが確認できます。
コムシクイの記事にあげた9個体目はオオムシクイであるという感覚が強まっています。
なお翼式については3種で差異があるようですが、オーバラップも大きいということではっきりした情報としては持ち合わせていません。
足は薄く黄色味。黄色味が濃い個体も稀にいますがコムシクイにあるようなビビットな黄色の個体は会ったことがありません。
さえずりに関しては述べる必要がないと思いますが、ジジロですね。地鳴きについては表現の幅がありそうですが、ベタベタした声を出します。子音はZに近いですが、Bに聞こえることもあります。Vは稀。

In 2008, Phylloscopus borealis was divided to 3 species ; Japanese Leaf Warble P. xanthodryas, Kamchatka Leaf Warbler P. examinandus and Arctic Warbler P. borealis .
Today's theme of this article is Kamchatka Leaf Warbler. I will show pics of 2 individuals.
About 1 years ago, I wrote an article about Arctic Warblers, they observed in Yonaguni-island the most west in Japan during migration. But this article is not written in English, Japanese only so I'm sorry. Please see the pics from this article. (Here is the article)
Kamchatka Leaf Warbler exhibit greenish-brown upperparts. The greenish tone of Kamchatka is darker than Arctic and little darker than Japanese Leaf.
Face of Kamchatka Leaf is looks like "cool". Because of the narrow dark eye-stripe. I think it is one of the difference to Japanese Leafs.
There are a large variation in pale supercilium in Kamchatka Leaf. This individual's supercilium connects on the bill.
The length of outer-most primary of 3 species show differences, but there are a lot of overlap.
Legs of Kamchatka Leaf is similar to Arctic, however a little pale.
The songs of this species is "zizilo zizilo" or "bibilo bibilo". The songs of Japanese leaf is "chol chol chol".

IMG_0150.jpg

IMG_0157.jpg

IMG_0161.jpg
オオムシクイ  (Phylloscopus examinandus)  Kamchatka Leaf Warbler  150604  Japan

2個体目。他の調査中だったのでオオムシクイは山ほどいたのですが写真を撮ったのは2個体だけ。録音は合間にチマチマしました(笑)
この個体はやや嘴が大きく見えます。耳羽と過眼線のコントラストが大きいのもオオムシクイの一つの目安?
非常に感覚的なモノですが、オオムシクイはメボソムシクイ, コムシクイに比べて移動時,採食時に身体を寝かせて行動することが多いと思います。採食方法はメボソムシクイと大きな違いがあるようには思えませんが、コムシクイとは顕著な違いがあります。何よりオオムシクイは飛びつき採食が少なく、センダイムシクイ的。一方でコムシクイどちらかと言えばはムジセッカ的?
渡っている途中におけるオオムシクイ, コムシクイは結構観察していますが、メボソムシクイは意外と観察数がすくないので比較できないのが悔しい!!
文献があるのか否かわかりませんが、磨耗具合からオオムシクイは春季完全換羽かなと思っています。齢については言及を避けます、完全に推測なので訂正がある場合はぜひお願いします。

Second individual. It has a little large bill. I observed it on July with recorded songs.
I think the contrast between ear-coverts and eye-stripe of the Kamchatka Leaf is strong.
On ethological view, I think there are differences. Especially in foraging, the posture in foraging of 3 species are different. Kamchatka Leaf often the body is laid during foraging and moving.
It is rare that Kamchatka Leaf do flycatching on foraging unlike Arctic.
But there are a big problem. It is that I didn't observe large number of Japanese Leafs during migration. I observed only breeding ground. So it is difficult to compare behaviors.
I don't have books or thesis about molt. I wanna know about the molt of this species. In July, primaries are fresh.

IMG_9755.jpg
エゾムシクイ  (Phylloscopus borealoides)  Sakhalin leaf-warbler  150513  Japan

日本産ムシクイの基本種であるエゾムシクイですが意外とやっかい。この写真をみて3個体目と思った方も多いのでは?
エゾムシクイはなんだかんだ言ってバリエーションがあり、"緑色味がなく褐色"で覚えていると見る角度によっては別種に。
強気の眉毛, 白い下面, 肉色の脚, やや重い嘴など差異はあるのですが、未だに騙されかけることはあります。
本記事の結論を言えば、コムシクイとオオムシクイの差異は大きく双眼鏡レベルでも識別が可能である場合があるのに対し、メボソムシクイとオオムシクイとの差異は小さく確実な識別は難。前者の鍵は上面、後者の鍵は下面にあります。傾向を捉え予測し、声で判断すればいつも以上にワクワクした観察になると考えています。

Sakhalin Leaf Warbler is common in Japan and many people think it is easy to divide Sakhalin to Kamchatka. But it is not easy.
Sakhalin has large variation on traits. Many books explain that Sakhalin Leafs are less greenish-tone. But some individual exhibit greenish-tone like this individual.
The conclusion of this article is as below. We can identify easily Kamchatka Leaf to Arctic. But it is difficult to Japanese leaf. You should image what species you see, after that to identify with song or call. It is so excited so I recommend that method!
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。