--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27
2015

噛む, モズ /Bite, Bull-headed Shrike

CATEGORYモズ
IMG_8955.jpg
モズ第一回冬羽♂♀  (Lanius bucephalus)  1w-Male & 1w-Female Bull-headed shrike  150923  Chiba

諸事情により今週は鳥見に出られないのでSW最終日から。また今年の鳥学会も非常に有意義なものになりました。
今回の更新はモズ。車を止めると、東側から1w♀(以下東側♀or♀), 1w♂(中央♂or♂), 1w♂とテリトリーの並んでいるように見受けられる場所にばったり。
東側♀と中央♂の鳴き合いが激しく、中央♂が盛んに東側♀のテリトリー上空への侵入を行っていたことからまさしくテリトリー決定に立ち会っていることを実感していたところ、案の定東側♀が中央♂にアタック。
中央♂が東側♀のテリトリー内のブッシュで高鳴きを行っていたところ、東側♀がそこに飛び込んだ形でした。
なかなかブッシュから出てこず。スコープを向けてみるとブッシュの中でもぞもぞしている様子。しかし距離もそこそこあり詳細な状況が掴めないので写真を撮って確認することに。

This weekend I cannot go birding and this pics were taken last week. Japan Ornithological Congress was held in Hyougo-pref west of Japan last week and I spend good time. I wanna say thank you to the people I talked with.
The term of this article is struggle of Bull-headed Shrikes. Bull-headed is one of the popular bird in Japan.
23 Sep, I was birding in Chiba-pref and I found three Bull-headed's territories and I watched the struggle of 1w-female & 1w-male at that time.
Both individual's territory call were very loud, and many time 1w-male fly over the territory of 1w-female. After that, 1w-female attacked 1w-male. In detail, 1w-male put territory call on bush and 1w-female dived to the bush.
About 2.5 minute, they were in the bush. I observed with scope, but couln't see much what they did. So I decided to take photos and confirm with pic.

IMG_8965.jpg

IMG_8966.jpg

IMG_8975.jpg
モズ第一回冬羽♂♀  (Lanius bucephalus)  1w-Male & 1w-Female Bull-headed shrike  150923  Chiba

2-4枚目でわかる通り、♀が♂の首に噛み付いている様子。この状態は写真に撮る前30秒程, 写真撮影開始後も1分以上このまま。闘争の全過程は2分半程だと思います。
この状態のうちは両者とも声は一声も出さず。♂に至ってはこの格好では反撃は難しそうに見えます。
また♀に関しては初列雨覆の色から1wと判断しました。
非常にわかり難い写真ですが、目の位置と波状斑の有無から雌雄の位置を認識することができます。

Female bite the neck of male. Female bite male over 1minutes!
In this situation, they didn't put any calls. I think it is hard to fight back on male.
I judged the female's age from the color of PC and male's age from edge of covers.
It is very chaotic pic but we can see the eyes of both individuals.

IMG_8979.jpg

IMG_8985.jpg
モズ第一回冬羽♂♀  (Lanius bucephalus)  1w-Male & 1w-Female Bull-headed shrike  150923  Chiba

闘争の後半では♀は♂への攻撃の方法を変え、おそらくこれは足に噛み付いているのでしょうか?
闘争後の観察で、♂が何度も片足を気にする素振りを見せていたのでこの闘争で怪我をしたのかなと思いましたが、写真をみて確信にかわりました。たかが足ですが、されど足。仮に指一本でも欠けてしまうとハジラミの除去能力が落ち、結果的にコンディション 更に生存率にも小さくない影響が出ます。なおハジラミと鳥との関係は非常に密接で、ペリカンの喉に住む種類もいるとか。驚きですね。
♂は首の拘束を解かれたことで♀に反撃が可能になり、こちらも足に噛み付いているでしょうか?
この♂の攻撃の後、♀が普段出すより高く鋭い"ギャーギャー"に近い声を出しながら自分のテリトリー側に逃避。この瞬間に勝負あり。
なおモズの闘争でこんな掴むの見たことない...と思う方は多くいらっしゃると思いますが、基本的に闘争は追いかけあいで決着がつく場合がほとんど。これはモズにだけ当てはまることではなく、イメージしやすい例だとルリビタキも追いかけあいでほとんどの闘争が終わります。直接闘争を避けるべき理由、闘争をすべき理由等は以前書いたような気もするので割愛します。
そんなでモズの闘争は沢山見てきましたが、ここまで闘争の激しい状態が続く状況に立ち会ったのは初めてでした。

The situation was changed and female bite male's leg. Observation after this struggle, I find that male cared his leg. So that time I thought he was injured in the struggle, and it is maybe true.
Injude is affect avian mortality and survival rate. If the bird lost only one finger, it will influence in the removal of Louses.
Louses live on bird's feathers and the relationship is so strong. One of the species of Louses are living in the throat of Pelicans!!
From this pic, male maybe fight backed and bite female's leg. After this fight back from male, female flew away with the call "gya- gya-". This was the settlement of this struggle.
Anyway, this is some rare case in the struggle of Bull-headed. Almost struggles are only chase. Body contact has a lot of risk, so many avian species avoid to do. Red-flanked bluetail also avoid body contact and maybe many Japanese birders can image easy.

IMG_8992.jpg

IMG_8993.jpg
モズ第一回冬羽♂  (Lanius bucephalus)  1w-Male Bull-headed shrike  150923  Chiba

獲得した東側♀のテリトリーの一部の上部の電線にて勝利の咆哮(?)をあげます。なおその際翼をふるわせる行動を伴っていました。
♀が♂に対して餌請いをする際にも翼をふるわせますが、これは雛を連想させる愛され作戦のように捉えられます。しかしこの行動は闘争が儀式化し、別のメッセージを持つようになった可能性は否定できないように思います。
といっても、人に当てはめて考えれば前者が圧倒的に理に適ってますが。赤ちゃん言葉でぶりっ子の女性と殴るフリで近づいてくる女性だったら断然前者を僕だったら選びますし、世間一般においても後者を選ぶ人は稀でしょう。モズの世界もきっと同じはず(笑)
今回はあまりに暇すぎるので新しい記事を書きましたが、学会前に書き溜めておいたオオムシクイの記事もあるので近々更新しようと思っています。

The territory call of male from the new territory like Roar of victory with wing shaking.
Shaking is used for threat, however it is used for courtship feeding. Shaking wings of female in courtship feeding reminiscent me the chicks. It is so cute.
The possibility not be denied that the meaning of the behavior of threat changes in breeding season. But I think, hypothesis of "reminiscent me the chicks" is more adaptive. Because If I was a Bull-headed, I would choose cute girl rather than frightening girl.
Maybe I will post the article about Kamchatka Leaf Warbler next time.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。