--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30
2015

いざこざ, カワウ / Trouble, Great Cormorant

CATEGORYカワウ
IMG_8680.jpg
カワウ成鳥  (Phalacrocorax carbo)  Adult- Great Cormorant  150827  Chiba

鵜の類は見ていてつまらないと思う方も多そうですが かなり多彩な行動をする仲間です。のんびりしている時はあれですが。
言わずと知れた潜水を行う種であり、潜水の為に油分を羽に塗らず羽に水が沁みるため日光浴は必須。また身体の割に小さい羽は浮力を小さくし、水中で水をかくために一役買っています。
カワウの繁殖後換羽は完全、風切はいくつかの始点を持ちそれがこの写真からも確認できます。
日光浴をするための"場所"は限られている訳で その制約にカワウは振り回されているのでしょうか。

I think many birder think that observing Cormorant is a little boring. However they show us a lot of behavior.
Great Cormorant is well known as a diver. They don't have sebaceous gland so sunbathing is essential for them. Feathers less water repellency help to dive smooth, and also short wing, too.
Moult of Great Cormorant is little unique, they have two or three the beginning points of moult. We can see the some "wave" of moult from this pic.
Then, there are limit of resting-place for sunbathing. Are there some trouble around resting-place?

IMG_8673.jpg
カワウ成鳥  (Phalacrocorax carbo)  Adult- Great Cormorant  150827  Chiba

というのも日光浴を観察していると杭の少ないところでは杭の上で日光浴をしている個体が成鳥ばかりであることに気付きました。
杭の数は11本、下面が水でない部分にはかなり杭もありそこでは幼鳥も日光浴。写真の休息場所は採食場所に近いかつ外敵から狙われにくい、群れから離れていない等の好適な休息場所なのでしょう。
勿論群れの個体数は杭と同等に調節されているわけが無いため(30個体位)、そこには闘争が存在します。

Last time birding, I found that many poles ; resting-place were used by adult, not young individual.
The number of poles were 11. All eleven poles situate on water so it help to avoid being approached from predators, They situate near Cormorant's foraging area. So I think it is suitable place for resting.
On the other hand, not suitable poles were used by many young individuals.
The number of individual in flock was over 30, so there are struggles.

IMG_8668.jpg

IMG_8670.jpg

IMG_8672.jpg
カワウ成鳥  (Phalacrocorax carbo)  Adult- Great Cormorant  150827  Chiba

日光浴中に"ほぼ対等な相手"が来た場合、写真のように威嚇のポーズをとります。この場合は成鳥対成鳥ですね。
若鳥に対しては威嚇ポーズや目視をすることはありますが、完全に無視をする場面の方が多く見られました。
羽を広げ嘴越しに相手を目視し続けます。相手がおそらく杭を奪う気は無いように見えた場合でもこうやって威嚇を続けます。あんまりしつこくて写真5枚目の右個体はなに?とちょっと迷惑顔(笑)
なおこの白色部は鵜の仲間に共通して見られる傾向がありますが、白色部の存在しないミミヒメウ等の威嚇も同じ様式をとるのでしょうか。

Cormorant did threat If "having the equivalent ability" someone approached to the individual on the pole. This pic is adult vs adult. Showing white throat and looking sharply. In the most case, Adult ignored young.
Treating pose is very unique. I think this "invasion individual" didn't plan to invade this pole, however continue treating.
Anyway, Double-crested Cormorant don't have the white-area in throat. So I wanna know the system of struggle of not-white-throated group of Cormorant.

IMG_8675.jpg

IMG_8676.jpg
右 : カワウ若鳥  (Phalacrocorax carbo)  First winter- Great Cormorant  150827  Chiba

珍しく若鳥が杭の上で日光浴、ですが近くをこの時は若鳥が通っただけでビビって下りてしまいました。7枚目の写真の暴れている個体は降りた個体とは別個体で別の闘争で暴れていて杭を奪いに行ったわけではありません。
このように若鳥は成鳥との闘争を避けている傾向があり、杭を奪いに行く場合は成鳥でなく若鳥の利用している杭を中心に攻撃していました。経験やコンディションの差は闘争結果に大きな影響を与え、対成鳥の場合闘争をして怪我等を負うリスクは休息場所を保有し得る利益よりも大きいのでしょう。
しかしこの考えが正しいとすれば全ての杭は成鳥のみに利用される状況が続くはずです。若鳥は稀に闘争に勝つ、また上空から降下してきた場合は杭を勝ち取ることもできているようで完全に成鳥に独占されることは避けられているようでした。だいだい11本のうち9本が成鳥2本が若鳥といった具合がしばらく持続されました。
では若鳥を威嚇せず無視するというのは適応的でないように思えてしまえますが、全ての個体に威嚇していれば日光浴の時間がとれず利益は小さくなるでしょう。
日光浴を長時間続ければコンディションが良くなる一方で 休息場所を保有するためにはコストがかかる、トレードオフの関係が短時間で目に見える形で認知できるというのは非常に喜ばしいことだと思います。

Young individual sunbathed. But after that, the other young individual walked near this pole and sunbathing young was escaping.
Individual act violently in No.7 pic is not same the individual I said upper.
It seems that young avoid to struggle with adult. Most case, young invade the pole that is used by young.
Experience and body condition influence the result of struggle. Maybe The risk of the struggle is higher than the benefit of stay on the pole.
But, if this hypothesis is true, all poles are used by adult only. Why does not happen like that? Because rarely young won the struggle. Many time come down from sky, young won. Many time, 9 poles were used by adult and 2 poles were used by young.
In this case, Maybe you think that ignoring young is not adaptive. Nevertheless if Cormorant threat to all individuals, the benefit of sunbathing becomes smaller.
I was happy that to see the trade-off between period of sunbathing and struggle.

IMG_8595.jpg
ハシボソガラス第一回冬羽  (Corvus corone)  First winter- Carrion crow  150827  Chiba

同じ黒い鳥ですがこれはハシボソガラス。干潟の鳥は干潟に慣れて(?)いるわけで、そんな中で鈍臭いと凄く目立ちます。
なおはじめにも書きましたが鵜は非常に表情豊か、至近距離でみるとそれをさらに実感できます。飼育個体が茨城県北部の鵜の岬で観察できますので興味のある方は行ってみると良いかもしれません。
数十メートル離れるともうわかりませんが、実は鵜はおしゃべりが凄く好きらしくずっと小声で近くの個体とやりとりをしています。そんな愛くるしい姿を見れば、きっと鵜の印象も変わり楽しいひと時になることと思います。

This black bird is not Cormorant but Carrion crow. It was very fanny posture.
Cormorant has a lot of expression. They always speak each other with little voice.
I like to observe this species and I recommend you to do that.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。