--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2015

海が迫る, ライチョウ / Crisis, Rock Ptarmigan

CATEGORYライチョウ
IMG_1187.jpg
ライチョウ成鳥♀  (Lagopus muta)  Adult female - Rock Ptarmigan  150820  Nagano

標高3000mの朝は約5℃。平地の夏からは考えられない涼しさです。
1500mから山頂にむけてゆっくり登山、山頂付近で出会えたのはライチョウ!初見でした。成幼あわせて10個体を観察。
今回は学校の実習でセンサスを含んだ内容だったので、あまりじっくり観察こそできていませんが鳥に加え単位までもらえる非常においしい内容でした。
今回の更新は成鳥編。家族群編はまた時間があるときに更新します。

I went to Japan Alpine 4days. Now is summer in Japan but the temperature was 5℃ at elevation 3000m.
I walked from 1500m to 3000m and I observed Rock Ptarmigan at mountaintop.
This time I went there in a school curriculum, so I cannot observe 1 individual long time.
This article's theme is an individual I observed at mountaintop, next time I will white about family flock of Rock ptarmigan. I observed 10 individual.

IMG_1259.jpg

IMG_1294.jpg

IMG_1301.jpg
ライチョウ成鳥♀  (Lagopus muta)  Adult female - Rock Ptarmigan  150820  Nagano

山頂付近の岩場に座ってみるとどんどん接近。警戒をしていないと言うと語弊がありますが、人を恐れません。
顔を頻繁に上げて僕を含めた見物人を一応確認するものの、こちらが動かなければ好き放題動きます。
繁殖時期性比は♂に偏るためこの時期に雛をつれていない♀は雛を捕食されてしまった様子。今回の登山でも森林限界より高地で狐の糞を確認しました。
繁殖にコストがかからなかった分、換羽によりコストを回せた結果が以下に述べる他個体より進んだ換羽の結果につながったことが予想できます。
なお国内のライチョウが人に対する警戒心を持たず、その理由は神として崇められてきたからというのは周知の事実でしょう。しかしその根底にあるのがライチョウは糞マズいことに起因しているとか。見た目は美味しそうですが ハイマツ臭いなんていう記述があるそう。

Ptarmigan in Japan is famous for not warming of people, so we can observe them very near.
She sometime head up and saw me, but continue foraging and came to near me.
Sex ratio tend to male in breeding season, so this female maybe be predated her chicks. These days, many predation by fox had been reported. This time teacher found a faces of fox, fortunately it did not contain feathers of Ptarmigan.
Moult progress of this female is very fast because she can invest a lot for moult because she don't have chicks. Individuals have chick were more slow progress of moult.
Ptarmigan has been revered as a got of mountain in Japan. Not be eaten for long time, so they are not alarming for people. In addition to it, Ptarmigan of Japan was not tasty.

IMG_1264.jpg

IMG_1270.jpg

IMG_1277.jpg
ライチョウ成鳥♀  (Lagopus muta)  Adult female - Rock Ptarmigan  150820  Nagano

アオノツガザクラの葉を採食。
ぶちっと切って美味しそうに採食します。植物を消化するために長い腸は一役かっており、身体の大型化の一つの理由とも言えるでしょう。
今回採食を観察していて持った印象としては、成鳥は比較的餌種を選択しないのに対し幼鳥はかなり拘りを見せる点。
成鳥は近くにある食べられるものをしっかり認知しているせいか、様々な種の葉であったり花であったりを歩った先で採食しているのに対し、幼鳥は一度ある種を食べ出すとその餌種にこだわって何度も食べているように見えました。
また成鳥は高山植物の花を食べる傾向が幼鳥よりも高いように感じます。適当な餌種を判断できるのでしょうか。
家族群のときにも述べますが、カヤツリグサ科の種子を幼鳥はかなり好んで採食しているようでした。

Ate leafs of Aleutian mountainheath.
Ptarmigan ate looks happily every time. Long intestine can digest plants so the body became bigger.
I think juveniles are more particular about feed type than adult.
Many juveniles are particular about seed of Cyperaceae. Adult feed many types of food that find with walking.
And adult forage more flowers of alpine plants.I think adult can Identify good feeds.

IMG_1318.jpg

IMG_1290.jpg
ライチョウ成鳥♀  (Lagopus muta)  Adult female - Rock Ptarmigan  150820  Nagano

日本に生息するライチョウは年3回換羽。亜種によって2回の地域もあるようです(知らなかった)。
この個体は他の成鳥に比べて換羽が進んでいました。背の羽のほとんどはすでに換羽が済みかなり白味は強。
背が換羽が進んでいるのに対し翼上面は比較するとやや換羽が遅め、写真に写っていませんが右側の翼の方が旧羽は多く残っているようでした。
初列風切の軸斑は羽軸に沿ってかなりくっきり。初列雨覆は残念ながら見られませんでした。
尾羽は換羽済み?旧羽とみられるかなり退色の進んだ羽が確認できます。上尾筒にも新羽と旧羽が混在。

Rock Ptarminga of Japan moult 3 times in a year. Foreign breeding population has 2 or 3 times moult.
This individual proceed her moult so the back exhibits white-tone.
Moult of back is faster than wing moult. Right wing scaplars moult is slower than left wing scaplars moult.
Shaft streak of outer primary is clear. Unfortunately I couldn't see primary covers. I judged age from this point and fresh primary, and period of moult as adult.
Judging sex from presence of brown feathers of belly and color of old breeding feathers as female.
Tail contain new and old feathers? Uppertail cover has both old and new feathers.

IMG_1291.jpg
ライチョウ成鳥♀  (Lagopus muta)  Adult female - Rock Ptarmigan  150820  Nagano

今回は他にも地鳴きなど様々な発見がありましたが、今回はこの個体に焦点を当てて更新しました。
”高山に生息する”という印象がありますが、その生息地を実際に見てみると非常に僅か。高山といっても山のほんの先っぽのみが現在の生息地であり、驚くほど小さい面積に今回は衝撃を受けました。
気温が上昇し現在の他の生物にとって過酷な環境が失われてしまえば、下界から様々な種が侵入しライチョウそのものや生息地を奪ってしまうことは想像に容易い、というより専ら言われていることです。
地球温暖化で海面が上昇し土地が海に沈んでしまう危機に直面している島国が報道されますが、見えない海が高山にも迫っています。

I want to write about call of Ptarmigan, but it will be written next time.
Many people in Japan think that Ptarmigans inhibit in alpine. It is true but the area is much smaller than imagine. They only living at the much top of a mountain.
If we cannot stop Global warming, some species invade alpine and predate Ptarmigan, or obliterate there habitat.
TV news reported that some countries face to crisis of the sea level rising. Now in alpine, invisible crisis for Ptarmigan is imminent and habitats of Ptarmigan might will sink into the "sea".
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。