--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2015

初列風切, ミヤコドリ / Moult of primary, Eurasian Oystercatcher

CATEGORYミヤコドリ
IMG_8555DO.jpg
ミヤコドリ成鳥♀  (Haematopus ostralegus)  Ad female- Eurasian Oystercatcher  150810  Chiba

ミヤコドリを更新するのはすごく久々。齢識別に関する記事も面倒故に書いてなかったのでこちらも久々(笑)
全部で11個体が干潟で採食し 海上に見える陸地には6個体の計17個体を観察、雨もちらちら降っていたので人も少なくリラックスした採食を観察できるのは嬉しい限りです。
この写真は潮の満ちの影響で少しずつ陸地方向に歩く際一番近くに来てくれた場面。この後は僕がいるせいで(斜め方向にいた三脚立てたままカメラマンがいなければもっと近くまできてくれたと思いますが!!)円を描くように距離をとって移動し、最終的に離れた位置で採食を続けていました。
1個体目は裸出部や上面の羽から成鳥と判断しましたが、光彩色はあまりよくありません。初列風切の磨耗が顕著な訳ではなかったので推定3齢といったところ?
大陸西部のOystercatcherの雰囲気を醸し出す白色部が目下にみられます。

Eurasian Oystercatcher is not rare in Chiba pref against other prefs.
Today I saw 17 Oystercatchers. 11 individuals were foraging on tideland and 6 individual were foraging & resting at rocky area.
Rain today so it was not crowded with birder, so I could see they were not alarm during foraging.
This pic is the scene that Oystercatcher came closely to me. I think It is important for good observation to not keep tripod high.
I judge age as adult from legs and bill color, black-tone upperparts. But Iris is not fresh orange. Judged gender as female from long bill, dark point in eye.
White of under the eyes is little reminiscence of European population.

IMG_0578DO.jpg
ミヤコドリ成鳥♀  (Haematopus ostralegus)  Ad female- Eurasian Oystercatcher  150810  Chiba

ミヤコドリの換羽進度の個体差に着目して観察したことはなかったので今回はそれメイン。
千葉県で夏季-初秋見られるミヤコドリはおそらく非繁殖個体と思われるので換羽はかなり進行しているのではないかと思い写真を複数個体撮りました。
なおEurasianについての文献は手元にないですが、American OystercatcherとOystercatcherについてに述べられているような換羽を中断する事による経時的なギャップから生まれたと思われる色彩の確実なコントラストは確認できませんでした。抱卵時に換羽を止めるはずですが、繁殖していないと仮定するとスムーズに換羽が行われたのでしょうか。
なお成鳥に関してはかなりダラダラと換羽をするようで、11月-9月で換羽を行うとか。二齢は11月-5月と繁殖にコストをかけないので換羽の完了はやや早め。
1個体目はP10が伸長中。P7-9に見られる白斑の濁りは種としての形質で羽の状態によるものではありません。

I never pay attention to the difference of moult progression of Oystercatcher.
So I hypothesized that population seen in Chiba during summer is maybe not breeding therefore the progression of moult is fast. And today I went to confirm.
I don't have the reference about mount of Eurasian Oystercatcher, but have about American Oystercatcher, Black Oystercatcher and Oystercatcher. The reference describes that adult American & Black Oystercatcher suspend moult during incubation, but I could not find the evidence of the suspended moult today. There is a possibility that Non-breeder don't suspend the moult because it is not necessary.
The reference describes that the moult period of adult is Oct-Sep and young is Oct-May, too.
Individual 1 of flying pic extent P10. P7-9 is not old, the paler white mirror of outer primarys is trait of Oystercatcher.

IMG_0580DO.jpg
ミヤコドリ成鳥  (Haematopus ostralegus)  Ad- Eurasian Oystercatcher  150810  Chiba

2個体目。
この個体もP10を伸長中。写真の腕が悪いせいで色彩についてはコントラストの有無が確認しづらいですが...。
また性に関しては推定以下の主張になりますが♂では思いましたが、自信が少しもないので断定は避けます。

Individual 2.
Extent P10 and I judged the gender as female from long bill, but I unconfident about this individual.

IMG_0582DO.jpg
ミヤコドリ成鳥♂  (Haematopus ostralegus)  Ad male- Eurasian Oystercatcher  150810  Chiba

3個体目。
この個体はP8が伸長中、P9,10が旧羽。初列雨覆も同様。
換羽を止めたことに起因するのか、光加減か不明ですがP3-5あたりの色彩に微妙に差異があります。

Individual 3.
Extent P8 and P9-10 old. Primary covers are as same as Primary.
There are contrast in P3-5. The reason is not clear, I think it is because of the angle of light not suspended moult.

IMG_0595DO.jpg
ミヤコドリ成鳥  (Haematopus ostralegus)  Ad- Eurasian Oystercatcher  150810  Chiba

左, 4個体目。
P9を伸長中、P10は旧羽。
右, 5個体目。
P10を伸長中。8月頭現在の推定非繁殖個体の換羽進度で最も一般的なのはP10を伸長中くらいなのでしょうか。あと1個体写真があるのですが(疲れたので省きます)、その個体もP10を伸長中。
ミヤコドリは採食時あまりお互いに干渉し合わない理由は餌生物採食がスピードを必要とせず(↔︎ミユビシギ)かつ餌生物がパッチ状に分布しておらず個体間の距離が近くなりすぎない(↔︎サギ類)と推定しています。また嘴で調理した貝を奪うコストは自分で探すよりも大きいのかもしれませんね、何より飲み込むの早いですし...。

Left ; individual 4.
Extent P9 and P10 old.
Right ; Individual 5.
Extent P10. Maybe average of progression of primary moult is as this individual. Many individual extent P10 an
d not had old primary.
Oystercatchers were not interfere with each others during foraging. I think it is attributed that Oystercatcher's foraging does not need speed because the main feeds are conchs, not clams (↔︎Sanderling), and not too close in forage(↔︎Egret) because conchs are distributed wide, not patch.
And to steal conchs cooked by bill has a big cost. Maybe own foraging is more adaptive.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。