--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2015

会話, コシアカツバメ / Talking of avian, Red-rumped swallow

IMG_9958.jpg
コシアカツバメ  (Hirundo daurica)  Red-rumped swallow  150531  Ibaraki

先週も足がダメで山歩きはダメでした。まず機材も揃ってなかったので...。三脚 前より500g重いものを購入しました。
今週末は足も大丈夫そう、その前に茨城の実家からコシアカツバメ。
かなり個体数が茨城県北では繁殖しますが、他所では極少ないことに気づいたのは茨城を出てから。

Last week, I couldn't go birding because of my injure of foot. And I buy a new tripod that is 500g heavier than before one.
This week, maybe I can go birding and ringing. Before my birding this week, I write this article about Red-rumped swallow that living in my home town.
I had not known that Red-rumpeds are rare in many places, against my hometown. My hometown is Hitachi north of Ibaraki-pref, North-esat of Tokyo.

IMG_9956.jpg
コシアカツバメ  (Hirundo daurica)  Red-rumped swallow  150531  Ibaraki

"ギューイギュイ"とか"ニューイニュイ"とかに聞こえる声がコシアカツバメの声の中では一番可愛いでしょうか。
"ピリッ"はツバメでは警戒声だと思うのですが、コシアカは利用頻度も高くツバメに比べてもごく普通のコミュニケーションで使われる割合が高いと思います。
また電線にとまったら?安全だよ?を表す語には"ミーニュービビビ"があると思います。リラックス時のおしゃべりなのかもしれませんが、電線に止まることをお勧めするときに使うのをよく見ます。酷い音声の文字化ですが...。

Be heard like "Gyu-igyui"or"nyu-inyui" is Red-rumped's one of the call. It really cute!
I think Barn swallow's call "pili!" means alarm, however Red-rumped's "pili!" maybe not mean alarm. I observed the call was used in many usual situation in a lot of time.
"mi-nyu-bibibi" is used the situation that a Red-rumped recognized to other individuals "come to my place and how about talking or relax with me?". In other wards, this call means causes gathering, but it is used many time in daytime not evening.

IMG_9959.jpg
コシアカツバメ  (Hirundo daurica)  Red-rumped swallow  150531  Ibaraki

コシアカツバメを初めて識別できたのは小学校三年生のときでした。
図鑑を見ていてツバメの脇にのるコシアカツバメ。こんなツバメいるんだ!と思った次の日の登校時に2羽で飛ぶコシアカツバメを見つけた光景ははっきり覚えています。

The first time I saw Red-rumped is 3 glade of elementary school.
One day I saw Red-rumped in my fieldguide, the next day I find two Red-rumped in the time I attended school.
I remember the situation really sharp.

IMG_9964.jpg
コシアカツバメ  (Hirundo daurica)  Red-rumped swallow  150531  Ibaraki

別個体。コシアカツバメは一度換羽してしまうと齢識別が非常に困難になる上に、雌雄での計測値もかなり重複が大きいので齢性についてははっきりと言及は僕には不可です。飛んでいるときには雄の方が尾羽の凹みが大きいですが、微妙といえば微妙です。
しかしこの個体は尾羽かなり長いですので、雄と思います。

Other individual.
Red-rumped do complete post-breeding molt adult and juv. And the difference of male and female in measurement is small and has large overlap.
So dividing male to female and judging age is not easy. But I think this individual has long tail so maybe male.

IMG_9967.jpg
コシアカツバメ  (Hirundo daurica)  Red-rumped swallow  150531  Ibaraki

なお今回図鑑で調べたところ、北半球には腰の赤いツバメはかなり広く分布している様子。旧世界にはオオコシアカツバメ、コシアカツバメ(欧州まで分布しています)、新世界ではCliff swallowとCave swallowが見られ、それぞれ形態がかなり似通っています。
腰に赤いパネルがあり、頬や顔周辺にも赤色部。新世界では更に後頸の淡色部をはさんで翼と頭頂は黑といった具合。
最も広く分布するツバメを主として考えると、コシアカツバメは淡色部を増やす方向に イワツバメは暗色部を増やす方向に進化して種認知の強化を図ったのかもしれません。
またツバメ類だけを専門的に捕食する種はいませんから 他種への擬態などといった線はなさそうですし、残るは繁殖時の雌からの選択ですが、腰の赤がどう使われるのかの知識は残念ながらありません。
今日おおかみこどもを見てて思い出したのですが、この前三脚を流したとき初めて子連れイノシシの親に威嚇声を出されました。今思うと超怖いです。

In northern hemisphere, there are some species like "red-rumped" swallow. In old world, Red-rumped swallow and Striated swallow are living. In new world, Cliff swallow and Cave swallow are living. Above 4 species are resemble.
The trait of there is red or brown panel in rump, reddish face, pale neck and black head and back.
Considering Barn swallow that is the species success in around the world, above traits are useful of cognition of own species. Red-rumped increase the rate of pale-body part for dividing there from Barn swallow? I think it is likely.
I think the predation of swallow is not affect for evolution because there are not the predator intensive predation to swallows.
I don't know the effect of reddish-rump for breeding, so I want to know about it.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。