--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21
2015

直ぐ煙草, カラスバト / Cold relationship, Japanese wood pigeon

CATEGORYカラスバト
IMG_78381.jpg
カラスバト♂  (Columba janthina)  male Japanese wood pigeon  150509  Yamagata

昨日は元の予定がなくなり南房総に。かなり林道がわかり難く...色々あってデジスコのアダプタが真っ二つに。三脚は川に流れてしまい、ボイスレコーダも電源がつかず。
房総山間部の土は粘土質、その上根が絡んでいないと雨天時やその後数日間はとても危険。わかってはいたのですが...。読んでいただいている皆さんも気をつけて下さい、2-300m級の山でも簡単に死ねます。これまでの人生で一番死に近く, 怖い経験でした。
そういう訳で古い写真からの更新、今日は今年の飛島からカラスバト。

Yesterday, I went to south-Boso south of Chiba pref. When I walk there, I sliped down from slope and broke parts of degiscoping materials.
After that, I walk around river and wallowed. My tripod disappeared that time..., really sad.
Mountainous region that 2-300m high of Boso, the clay land are easy to slip. So be careful.
Anyway, the subject of this article is Japanese wood pigeon.

IMG_78341.jpg
カラスバト♂  (Columba janthina)  male Japanese wood pigeon  150509  Yamagata

かいかいかい。性別が判ったのはこの直前交尾の直接観察から。
キジバトはつがいでかなりべたべたしていることが多いですが、カラスバトはのこの番はかなり希薄な関係。
事後ベッドで一服どころでなく無言でベランダまで行って一服するくらいでしょうか、冷たいな〜と思って見ていました、以前更新したブッポウソウくらいの方が好感が持てます。相互羽繕いは一応ありましたがちょっとでした。
カラスバトの繁殖様式はよくわかりませんが、おそらく一夫一妻でしょう。ねぐらは一箇所に集まってとる傾向があるように思います。

Scraching. I determined to male from copulation.
I think Eastern turtle dove flirting many times, but this Japanese wood pigeon pair did't flirting.
They did little mutual preeing but not long.
I don't know the system of breeding. I think they make shared roost.
Their distribution of Japan is unique, they inhabits in island and rare in main land.

IMG_78461.jpg
カラスバト番い  (Columba janthina)  R:female F:male Japanese wood pigeon  150509  Yamagata

闘争については 本種は非常に闘争が少ない種と言えるでしょうが、残念ながら実感を持つほど個体数を観察していません。林間を飛んでいく瞬間が主ですね。
因みにハトの体の大きさは種によって雌雄差があったりなかったり、また差がある場合も雌雄どちらが大きいかは種によるようです。といっても手元の資料では数種しか計測値を知ることができないので傾向はあるのかもしれませんが分からないので、分かる方いましたらコメントください。
島で"独自の"進化を生物がした場合身体は大きくなる傾向にあります。しかし本種の場合ある島だけでなく日本全国に点在するどの島嶼で見ても大きいハトです。
したがって元々は日本本土にも生息しており、時の経過と共に本土から姿を消したことは明らかです。また国内でこれほど広い分布を持ちながら亜種があまり記載されていないことから、本土の個体群が姿を消し遺伝子の大きな交流がなくなってからの歴史はまだ浅いことが分かります。
何故?と言われると正直浅はかな答えしか出すことができないのですが、資源が貧弱な島嶼で個体数を維持している点を考えると、本土では捕食による個体数の減少、大型化したが故に身体の維持に多くのエネルギーを必要とし そのための採食において他種との競争に負けたことなどが簡単に挙げられそうです。
最後にですが、何故キジバトは島面積の小さい離島だと個体数が多くならないのでしょうか?かねてからの疑問なのですが、繁殖様式から個体群の大きさが小さい場合簡単に種の弱体化が起こってしまいのでしょうか。考えても分からないのです...。

Japanese wood pigeon don't like aggression. But it is difficult to see the situation they are calm. We usually see they are flying.
The body size different between male and female of Dove and Pigeon is vary by species. I don't know the trend of pigeon body size so please tell me if you knows.
Anyway, There are the trend for isolate population of wild life that the body size will be large, because of the little number of predator, the large body makes easy to maintain body temperature high in without heavy predation risk and can have the long intestine.
On the other hand, Japanese wood's size is not vary in spite of they inhabits in a lot of islands. From this, they were inhabited in main land a little ago. The little number of subspecies is support this idea.
It is difficult to answer the reason why they disappeared from main land. I have a two idea, first one is the high predation risk of main land and second is they were lose the competition to other pigeon like Eastern turtle dove.
By the way, why Eastern turtle dove don't succeed in little island? Many Japanese little island has little population of Eastern turtle despite of the large number of main land. The breeding system that male do display together in one place is the origin?? I really want to know the reason why.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。