--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14
2015

疎と密, カラフトムジセッカ / Dense & sparse part, Radde's warbler

IMG_9926_resize2.jpg
カラフトムジセッカ  (Phylloscopus schwarzi)  Radde's Warbler  150613  Yamagata

1月前の山形からカラフトムジセッカ。これまで何個体か鳴き声と姿は確認していましたが今回ようやく写真が撮れました。今回は合計で3個体を確認しました。
なお全部MFで撮った写真での更新ですが、一番近かったときはAFで撮ったのですがピントがうぃーんうぃーんでダメでした。
これまでも良い種であったり良い場面であったり(最近だとチゴモズのディスプレイだったりコサメの闘争だったり)をAFいったりきたりで撮り逃してきたのでポーンとCanon EF300mm F4L IS USM 買っちゃいました。テレコンはお金なくて未だ買えていません。

Object species of this article is Radde's warbler. I saw this species last month in Yamagata north-west of Japan.
I saw&heard 3 individual and took photo 1 individual.
When the time a Radde's approach me, I was not able to take photo, because the camera cannnot focus.
I know that 7D and Sigma APO 150-500 are not suit and I experienced similar situation like Radde's one.
So this time, I buy a new lens, Canon EF300mm F4L IS USM !!

IMG_9928_resize2.jpg
カラフトムジセッカ  (Phylloscopus schwarzi)  Radde's Warbler  150613  Yamagata

こっちを向いてくれました。かなりちょこまか動きます。
カラフトムジセッカは"樺太"とつくことからお察しの通り樺太でも繁殖をおこないます。しかし繁殖地は樺太に限られている訳ではなくモンゴル北部にまで広がります。日本で観察される個体数は周知の通り少ないですね。
カラムジも一見までは ムジセッカとカラムジ識別できなかったらどうしようと思う, いわばマミジロタヒバリ-他種タヒバリのような恐れを持って扱われることが多いでしょう。
しかし実際はムジセッカと間違うというよりは、ウグイス オオムシクイやエゾムシクイに一瞬といわず五瞬ほど見えるというのが僕の感想です。ムジセッカはまず嘴から受ける印象がぜんぜん違いますから、見慣れれば見間違うことは少ないと思います。
鍵となるポイントは嘴,眉斑,顔の雰囲気,身体のバランス,体色,動きなどです。テキトーですみません、図鑑を参照してください。

Very cute face. Some bustle moving.
Radde's warbler breed in Sakhalin to N Mongol. Little number of them that migrate are seen in Japan in migrate season.
Many Japanese afraid that "Is it too difficult for me to separate Radde's to Dusly?" But it is easy to do this.
I think Arctic(P.b.borealis) and Salhalin leaf is more similar to Radde's.
Above 3 species have thick bill, the jizz is similar. The key of identification is body color, supeciilium, jizz and mooving.

IMG_9929_resize2.jpg
カラフトムジセッカ  (Phylloscopus schwarzi)  Radde's Warbler  150613  Yamagata

カラフトムジセッカは成鳥は夏季に全ての尾羽を含む部分換羽, 秋期に完全換羽を、幼鳥は夏季に部分,秋期に部分換羽を行ないます。
という事前情報があったとしてもムシクイのエイジングは難しいのが現実。
非常にフレッシュな翼羽に尾羽から成鳥かと写真をみつつ思いましたが、喉にわずかに混じる黄褐色が引っかかります。全体に黄褐色味が強いですが部分換羽後で緑黄色味が強まっているであろうことを考慮すると種の形質の範囲内なのかなとも思われ、齢を断定することが不可能でした。分かる方はご教授いただければ幸いです。

Adult Radde's has complete molt in post-breeding season, and partial molt in pre-breeding involving some or all tails.
Juv Radde's has partial molt in post and pre-breeding season.
I know such things but ageing in reef or bush warbler is so difficult.
This individual, wing and tail are fresh. However some yellowish-brown white tone in chin.
Yellowish tone in thin is Juv feature but Ad complete body fether molt so we have to consider the yellowish tone is more strong than winter period. Considering that, may be such yellowish tone is seen in Ad naturally.
Finally, I cannot judge the age. If someone can judge the age, please teach me.

IMG_9930_resize2.jpg
カラフトムジセッカ  (Phylloscopus schwarzi)  Radde's Warbler  150613  Yamagata

基本的に本種の存在を知る時は特徴的な鳴き声からでしょうか。さえずりはムジセッカより"畳み掛ける"かのように刺のある節であり、もっと分かりやすいポフポフ声の地鳴きが聞こえたらもうどう頑張っても間違えません。
他種と同じ様に中継地でも盛んにさえずり朝夕は特に聞く事が多いです。
さえずりは人が観察していない場合はブッシュの上の目立つ位置で行ないます。この個体も途中までは気持ちよくさえずっていましたが、カメラを構えたことによって出た音に警戒し結果としてブッシュに入ってしまいました。申し訳ない...。
ムジセッカ,カラフトムジセッカに共通して言えることですが、少しでも警戒すると2種ともすぐブッシュに逃げ込みます。
一度ブッシュに入ってからはムジセッカはかなり枝葉が疎な部分(枯ツタとかがあるところ)で動き回り、カラフトムジセッカは更に枝が密な部分での行動が多い傾向があると少ない観察経験からですが考えています。
繁殖地ではトドマツなどの針葉樹林, 林縁, 湿地草原, 雑木林などに生息するとか。
またミャンマーでは本種を含んだ混群も形成されているようで、主要な混群の一つとしてカラムジ-ムジの混群があげられています。

Many people notice the existence of Radde's by characteristic song. Radde's song is more stinging than Duskey.
The soft call "pof pof" is also characteristic.
Song heard in morning and evening like other song birds. They song on the bush under no person situation, but they feel the existence of person, they escape and fly to bush. The moving is seen in Dusky, too.
When I took the photo, the song stopped and he escape to bush. I feel sorry...
There are the trend I think that Radde's moving more dense part of bush and Dusly moving more sparse part of bush.
In breeding ground, they live in coniferous forest, edge of forest, marsh grassland and coppice. And in myanmar, Dusky and Radde's mix-species flocks are observed.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。