--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
17
2015

高音フレーズ ムギマキ / High timbre songs, Mugimaki flycatcher

CATEGORYムギマキ
IMG_9704_resize2.jpg

IMG_9703_resize2.jpg
ムギマキ第一回夏羽♂  (Ficedula mugimaki)  First summer Mugimaki flycatcher  150510  Yamagata

事後報告になりますが1週間山形に、尊敬する方との鳥見は楽しく充実しとても良い1週間になりました。話をしていただいた皆さんもありがとうございました。
5個体/日くらいは観察できたのはムギマキ。様々な場所で美しい声を響かせてくれました。
1個体目は去年生まれの雄、体羽の換羽が進み白い眉斑と目下に黒色部, 喉には広くオレンジが出ます。
渡り途中の本種は一カ所で複数個体が見られる割合が高い様に思いました。群れで渡っているでしょう。

I spent time to birding in Isolated island of Yamagata pref for 1 week. Thanks for people who talk to me.
Mugimaki flycatcher Over 5 individuals per one day were seen in this trip. Beautiful songs were heard.
Individual 1 is First summer male.
Done molt of body so exhibit white supercilium and orange-tone throat.
Some individuals were seen in one place therefore Mugimaki migrate in flock.

IMG_8056_resize2.jpg

IMG_8061_resize2.jpg

IMG_8068_resize2.jpg
ムギマキ第一回夏羽♂  (Ficedula mugimaki)  First summer Mugimaki flycatcher  150513  Yamagata

2個体目も第一回夏羽雄。喉を膨らませて一生懸命さえずり。
ムギマキのさえずりはヒタキ的でもありツグミ的でもあります。キビタキの声質でルリビタキのさえずりをしているように聞こえなくもありません。
複数個体聞いたのムギマキのさえずりとweb上で聞いたさえずりとから考えたことは以下のことです。
まずさえずりフレーズ(といっても人の耳で聞いてわかる程度の分け方ですが...)の中で土台となるのは"ルリビタキフレーズ"。
ルリビタキフレーズを土台として、こちょこちょと美しい音で装飾されているように感じます。
web上でかなり典型的だったのはルリビタキフレーズに"高音フレーズ"を加えたもの。高音フレーズはヒタキ類が地鳴きでよく出す非常に高音の"ツー"という音とほぼ同じ。
さえずりを聞いたうち齢を姿から判別できた個体(若10- 成3 )について、個体差は勿論あるものの傾向を捉えることはできました。
"ルリビタキフレーズ"はかなり普遍的に見られる、というよりさえずりのベースとなっているフレーズであることを確信できる観察内容。若い個体はルリビタキフレーズばかりを繰り返し歌のバリエーションに欠けます。
一方で"高音フレーズ"は成鳥は多用するのに対して若い個体では一切確認できず。web上に落ちている音ではこの高音フレーズが多様されており典型型なのかと思っていただけに驚きました。
では若い個体は高音フレーズを歌えないのでしょうか、それとも歌わないのでしょうか。
答えは簡単ではありませんが、若鳥は地鳴きで高音フレーズを普通に用います。成熟度の差異によって使用できる音域が限られるということは考えにくいでしょう。
さえずり内に高音を取り入れることは技術がいる、または若鳥は闘争を避ける等の理由から高音をさえずりに入れるのを避ける事も考えられるでしょう。

Individual 2. First summer male singing songs.
Mugimaki's songs are similar to Red-flanked bluetail, and the tone of voice is resemble to Narucissus flycatchers.
I defind two type of song phrases. One is "Bluetail-like phrase" and the other is "High-pitched tone phrase".
"Bluetail-like phrase" is the base of this species' song. Lot of songs I heard in web site were using this phrase.
"High-pitched tone phrase" mean that very high pithced noise "tu-----" like some flycatchers' call.
Songs of aged individual : Ad3 1s10- were heard and I will write about this below.
"Bluetail-like phrase" were heard all individuals, so I convinced "Bluetail-like phrase" is the base of song. Young were using this phrase many time and lack variation.
"High-pitched tone phrase" were used by only Adult. I heard some high pitched phrase songs in web so I think "High-pitched tone phrase" is typical type otherwise it is not typical for young.
Then we focus on the young. Which they Can't or Don't use high pitched phrase?
The answer is not simple. The call of young contain high-pitched tone "tu---". So it is not true that they cannot use.
Therefore I think the two possibility. First, it is difficult to insert high-pitched tone in song so need experience. Second, young avoid to insert high-pitched tone in song to keep away from struggle with adult.

IMG_7999_resize2.jpg

IMG_8025_resize2.jpg

IMG_8037_resize2.jpg
ムギマキ第二回夏羽♂  (Ficedula mugimaki)  Ad Mugimaki flycatcher  150513  Yamagata

明らかに風切の褐色味が強いこの個体は第二回夏羽でしょう。
大雨覆の白色がやや少ない様に写真からだと感じられますが実際はさほど違和感は感じませんでした。
ムギマキの採食はキビタキやオオルリに比べて忙しい様に思われがち。
勿論その印象は僕も持っています。キビタキは自分の止まっている枝にいる虫をついばむ採食方法をとる割合が非常に高いですが、ムギマキはその割合が比較すると低く飛びつき採食が多いためにそういうイメージを持ちやすいものと思います。

Individual 3. Second summer male.
Lack of White-tone of GC of thic individual in pic, but I don't think so in field.
Mugimaki forage technique is more busy than other flycatchers in Japan.
Narucisuss and Blue-and-white are use Collecting high percentage. But Mugimaki use Collecting more less than other flycatchers.
Mugimaki use Short-flycatche many times. I cannnot good experience of this forage technique... Maybe Short-flycatche in other words Jumping.

IMG_7940_resize2.jpg

IMG_7949_resize2.jpg
ムギマキ成鳥♂  (Ficedula mugimaki)  Ad Mugimaki flycatcher  150511  Yamagata

凄く小声でさえずるので、奥のブッシュでさえずってるのかと思って座っていたら真上でさえずっていたなんてことも。この写真のシーンです(笑)
初列に褐色味がありますが、秋に換羽して真っ黒なまま5月まで維持されることは稀でしょう。非常に曖昧な判断であり自信を持てないので齢は成鳥とだけしておきます。
大雨覆は内から外までかなり綺麗な状態で白を呈します。小翼羽も摩耗なし、眉斑はしっかりでており喉のオレンジ味も強いので3個体目と同齢かそれ以上だと推測できます。

Individual 4.
The songs were very soft so it was difficult to identify the location this individual singing.
Primary exhibit blownish-black, alula fresh, defined supercilium and strong orange tone of throat. I think 2s or 2s~ male.
I cannot have self-confidence for defining age.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。