FC2ブログ
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22
2015

初夏の香り センダイムシクイ /Early summer visitor Eastern crested warbler

IMG_9265_resize1.jpg
センダイムシクイ  (Phylloscopus coronatus)  Eastern crowned warbler  150418  Ibaraki

今年は平年より1週間ほど夏鳥の渡来が早く、この週末でコサメビタキ, オオルリ, ヤブサメ, サンショウクイ, クロツグミ, センダイムシクイを初認。沢山見られた割にキビタキがいなかったのが少し寂しかったり。
そんな中から更新はセンダイムシクイ。10個体程が既に入ってきているようでした。

Summer visitor come to Kanto region center Japan. About 1week earlier than usual year.
I watched Asian brown flycatcher, Blue-and-white flycatcher, Asian stubtail, Ashy minivet, Japanese thrush, Eastern crowned warbler in last weekend. But Narucissus flycatcher was not watched.
This article is written about eastern crowned warbler.

IMG_9268_resize1.jpg
センダイムシクイ  (Phylloscopus coronatus)  Eastern crowned warbler  150418  Ibaraki

日本で最も簡単に見られるムシクイ類といったら本種でしょうか。図鑑でイイジマムシクイとの比較がなされますが顔から受ける印象がなかなかに違います。
焼酎一杯グイ〜と日本語に当てられるさえずりは繁殖地だけでなく間違いなく定着しない渡りの通過地でも聞かれます。鶴千代君鶴(つるちよぎみ)ともききなしされるようですが、これはなんだか無理がありますね。
越冬時というと語弊がありますが、繁殖後涼しくなってきた時期のイイジマムシクイの動きを見た事がありますが恐らくセンダイムシクイもイイジマムシクイに似た越冬を行なうものと思います。
なお日本で普通に見られる種でいうとエゾムシクイはムジセッカやウグイス寄り、メボソムシクイは想像がつきませんが与那国のコムシクイを考えると種内でも越冬時のハビタット選択の幅が他2種よりありそうだと推測しています。

Eurasian crested warbler is the most popular warbler in Japan. Separate from Iijima's reed warbler is not difficult. IIjima's reed warbler's face is paler than Eurasian crested's.
The song "tyo-tyo- biiin" is heard not only breeding area but also stoppover range.
I saw IIjima's reed warblers in fall, They moved and searched some feed on deciduous trees. I think Eurasian crested spend like Iijima's reed warbler in witering area.
Other popular warbler in Japan is Sakhalin leaf warbler, Kamchatka reef warbler and Japanese reef warbler.
In my guess, Sakhalin leaf spend in winter like Japanese bush warbler or Dusky warbler. Japanese reef warbler maybe resemble to Arctic warbler that I saw in Yonaguni-island Southern Ryukyu. I think Japanese reef has wide habitat preference, too.

IMG_9269_resize1.jpg
センダイムシクイ  (Phylloscopus coronatus)  Eastern crowned warbler  150418  Ibaraki

何度か体を動かし、この後はもう少し近くの枝へ。
渡りの際離島などではドッとセンダイムシクイが島中に一夜のうちに なんてことがよくありますがどういう渡りの仕方をしているのか疑問です。
キビタキなども群れで渡っているように思いますし、互いの距離はかなり近いこともしばしば。さすがに繁殖地でそれはないですが。
平面でなく立体的な空間 しかもその大きさでいうとかなり広い空間を利用するセンダイムシクイ。それ故に加え体が小さいからというのも間違いなく僕の思考に影響を与えていますが、個体どおしが接近することがなくかなり均一に島内に分散しているように感じる事が多いです。
の割に一晩たつとまるでウソのように皆して渡っていってしまいます。茨城の緑地でも複数個体がいっぺんに観察されることが多いですが、群れとなって渡っているのでしょうか。
海上を集団で渡ることは肯定される要因が多い様に思いますが、本土に入ってから北上する際もそれを維持するのでしょうか?それともツバメのように温度の線に沿って渡ってくるのでしょうか?個体ごとに渡っていく中で互いを音声で認識しながら移動を続ける というのもあるかもしれませんね。

Eastern crested flue to above branch.
I cannnot guess how they migrate, alone? or with flock members?
In case of island of sea of Japan, A lot of Eastern crested were observed in morning but only few this species were observed.
I think Narucissus flycatcher migrate with flock and they sometimes close each individuals in a sea island.
Otherwise in Eastern crested, the distance between individual is not short in many time. It is needed to consider their body size are very small and they can use huge areas in a forest.
Migrate with flock over sea is likely to do, but I think they are not maintaining the flock in mainland.
Then, why some case the some individual of Eastern crested are observed in same time same place? They migrate adjust the temperature that some insects operating? or migrate alone but recognizing each other with vocal.

IMG_9287_resize1.jpg
ヤマザクラ  (Cerasus jamasakura)  150418  Ibaraki

桜はソメイヨシノの満開より葉がでてきたヤマザクラの方が好みです。特にこの赤い葉が付くタイプが好き。
あちこちにアセビとモミジイチゴが花を咲かせてふんわり甘い香りが漂っていました。
写真は微妙なのがあれですが。。。大学や勤務先でも写真凄く上手だな〜と思う人いますが切実にセンスを分けて欲しいです。
レンズ付け替え面倒だから500mmでしか撮ってないんだと一応言い訳をして、今週の残りの平日頑張ります。

Beautiful Cherry blossoms pic.
Forest full of sweet fragrant and beautiful flowers.
Today is Thursday and I will do my best in remaining classwork .
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。