--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12
2015

隠蔽と色彩 ミヤマホオジロ / The flashy color and hiding Yellow-brested bunting

IMG_1216_resize1.jpg
ミヤマホオジロ一齢♀  (Emberiza elegans)  1Y female Yellow-throated bunting  140326  Yamagata

今週は体調が悪く鳥見に行けなかったので去年の今頃の写真から。土曜日は調査に参加したのですが痛みで精彩を欠き、迷惑までかけてしまいました。早く治したいです。。。
さて今年の冬多かった渡り鳥と聞かれて印象に残っている種はなんでしょうか。アカゲラという方を結構聞きますが僕は並かなと思います。
関東で平年に比べ多かったと思うのはミヤマホオジロ。僕の茨城で通っている山でも5個体ほど越冬していました。
ブッシュ内から飛び立ち、目の前の枝に。デジスコで撮るとこんなに綺麗に写ります。

I could't go birding because of kidney pain.
What is the species you think the number of individuals are bigger than usual winter in Japan?
Some people say Greater-spotted woodpeckers, however I think they as usual.
I think Yellow-brested buntings is larger number individuals than usual. Around 5 individuals were observed in my field in Ibaraki north to Tokyo.
I took this picture by digiscoping.

IMG_1214 2_resize1
ミヤマホオジロ一齢♀  (Emberiza elegans)  1Y female Yellow-throated bunting  140326  Yamagata

渡りの季節が既にスタート。渡り鳥達は渡り衝動に突き動かされているのが目に見えるよう。
渡り衝動は留鳥性の種よりも渡り性の種にかなり大きな衝動が現れることが知られています。
またその渡りをする種の中でも、渡る距離が長いほど強く長い衝動が現れます。長距離の渡りというのは意思だけでなく生理的な後押しがないと達成できないのかもしれませんね。
ミヤマホオジロは中国東部へと中距離の渡りを行ないます。高緯度への渡りを行なうカシラダカと比較するとカシラダカの方が群れとして大きな動きをしているように感じます。
距離でいうとほぼ同じオオジュリン、春先の豹変度合いはオオジュリンの方が圧倒的です(笑)

The migration season started. A lot of migration birds are affected by the migratory restlessness.
Stronger the migratory restlessness is exhibited in vagrant than resident, and stronger in long distance migration birds than short ones.
It is difficult for birds to decide migration without physiological mechanism.
Yellow-throated are migratory to E China. Ressemble species, Rustic bunting are migratory to North Russia.
There are long gap of distance, so it seems to Rustic bunting more busy than Yellow-brested in spring.
Nevertheless both species cannnot be compared with Common reed bunting.

IMG_1025_resize1.jpg
ミヤマホオジロ成鳥?♂  (Emberiza elegans)  Maybe-Ad male Yellow-throated bunting  140324  Yamagata

繁殖に向けて徐々に羽色は鮮やかに、ミヤマホオジロは春期換羽をしないので摩耗によって色彩が変化します。
ここ数日の低い気温は摩耗する鳥達にとって相当厳しいものではないでしょうか。せっかくここまで生き延びたのに...心配です。
草原繁殖する種に見られる傾向がある(と思う)形質に"黄色い眉斑"が挙げられます。ヒガシマキバドリやサバンナシトドが挙げられます。
ミヤマホオジロも調べてみると繁殖場所に草原を選ぶことが多いようです。が、本種の場合雄に黄色い眉斑はあるものの雌には黄色い眉斑はありません。抱卵を主に行なうのは雌でしょうから本種の黄色い眉斑は配偶者選択に役立つものと思われますね。

Yellow-brested gets the breeding plumage by worn without molt.
The temperature low about 1week even though it is spring. I worry about worn birds.
I think the yellow supercilium is shown in the meadow breeder. For example, Eastern Meadowlark and Savannah Sparrow.
Red-brested also prefer to breading in low vegetation, but female has no-yellow supercilium. It seems yellow supercilium affect to sexal selection not to hiding.

IMG_1033_resize1.jpg
ミヤマホオジロ成鳥?♂  (Emberiza elegans)  Maybe-Ad male Yellow-throated bunting  140324  Yamagata

黄色は目立つ色ですが、紫外線反射を考えると眼の黒もかなりドスが効いていそう。反射考慮しなくてもオラついて見えなくもないですが...。横顔は学名の通りエレガントですが、正面はちょっと怖いですね。
土手では菜の花が満開。春先の闘争について一定の考えが持てたのでいずれ更新しようと思っています。このミヤマホオジロの写真を撮った去年の冬についても載っけたい写真やら話やらが沢山。
今年は冬鳥の退去前に茨城に帰るのが難しそうなので、先月でもう見納めかもしれません。今年の個体のように来年も独り占めできたらと思います。

Yellow is the flashy color and the UV-Reflection black is more flashy for birds sense!
Front face is a little scary despite of the scientific name "elegants".
I have a lot of the thinking and photos want to write in article so I will do that future time...
I cannnot go Ibaraki before some winter visiter migrate to breeding. I hope to see this species next winter.
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。