--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20
2014

若さ アオサギ

CATEGORYアオサギ
IMG_2584_resize1.jpg
アオサギ若鳥  (Ardea cinerea)  Grey heron  140814  Ibaraki

今日の更新はお盆中のジシギさがしから。帰省していましたが昨日帰ってきました。
毛や羽がない生き物好きに絶大な人気を誇るアオサギ。なんともいえない魅力がありますもんね。
こちらをじっと見つめるのは第一回冬羽の若造。見た目の若さがちょっと....。
成鳥のほうが大学生的な若さがありますね。

IMG_2580_resize1.jpg
アオサギ若鳥  (Ardea cinerea)  Grey heron  140814  Ibaraki

アオサギ一齢の個体の最も分かりやすい点は頭上が純白でない点。
他にも嘴の黄色味に欠けるなど、コントラストに関しては挙げだしたらキリがなさそうですね。
二齢以上になってくると頭上はしっかり白色。1s-adとなると頭上や胸での識別となるようです。
また1s~であれば風切の換羽が進んでおり旧羽新羽のコントラストが明瞭に判断できます。
変化が連続的であるが故識別が難しいですが、ある日突然adになりましたー!なんていうのも興醒めですし自然なままが一番ですね(笑)勿論そこが楽しみなわけですが。

IMG_2577_resize1.jpg
アオサギ若鳥  (Ardea cinerea)  Grey heron  140814  Ibaraki

外側中雨覆の白色羽縁が目立ちます。中雨には色彩にコントラストがあるように感じますがこれは光の具合なのでしょうか、観察した際にはあまり感じませんでした。
背中は褐色、翼上面の羽衣には淡色羽縁が目立ち一様とは言えませんね。
また後頸にも若らしい白斑がでています。

IMG_2539_resize1.jpg
アオサギ亜成鳥  (Ardea cinerea)  Grey heron  140814  Ibaraki

こちらはさらに年上の個体。
頭上は白色ですが、純白とは言えずほんのわずかな黒色味あり。
また脇腹の黒斑についてもぶっとくなく、細く長く。脇腹の識別点が本当につかえるかはまだ実感としては持てていません。
翼上面は一様に灰色。ハイイロチュウヒのような上品さがあります(よね?)。

IMG_2768_resize1.jpg
アオサギ亜成鳥  (Ardea cinerea)  Grey heron  140814  Ibaraki

これまた別個体。P8伸長中、次列風切にはまだ多く旧羽が残ります。S8あたりが伸長中?
またPCについても旧羽新羽間のコントラストが明瞭にでているのが分かりますね。
IOCも今日で2日目、23日から参加組なので行っているかたうらやましいです(笑)
20歳にもなると周りで子持ちも出てくる訳で、いずれ俺も家庭持つのか、また持てるのか?と考えると学会で見る点も増えそうです。食いっぱぐれや息子の顔を見られないのはいくら自然が好きでも勘弁ですね...。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。