--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
2014

暑いけど熱い! コアジサシ

CATEGORYコアジサシ
IMG_2321_resize2.jpg
コアジサシ成鳥♂,第一回夏羽♀  (Sterna albifrons)  Little Tern  140706  Chiba

今日の更新は土日出会ったコアジサシ。幼鳥がぼちぼち見られる中、砂浜に座っていると真横にきて求愛給餌!
胸をはりつつも、どうしよう...という戸惑いが♂にはなんとなく感じられました。

IMG_2328_resize2.jpg
コアジサシ成鳥♂,第一回夏羽♀  (Sterna albifrons)  Little Tern  140706  Chiba

♀は頭上に白斑の散在は見られないものの、翼羽にやや褐色味,嘴に汚褐色味があることから2sと判断。
♂は頭上黒、風切にも褐色味なしですから確実にadでしょう。
砂浜におりてきてから、なかなか距離が縮まりません。

IMG_2332_resize2.jpg
コアジサシ成鳥♂,第一回夏羽♀  (Sterna albifrons)  Little Tern  140706  Chiba

てくてく♀の周りを周回。どう食べたいでしょ!と(迷いがありつつも)言いたげに見えます。
なお求愛給餌に関して、♀はどのような点から♂の質を判断するのでしょうか。
求愛給餌が頻繁に起こり、なおかつテリトリー内であれば採餌頻度から♂の質を判断することは可能でしょう。モズなんかはそのようですね。
コアジサシの場合、単発の小魚の大きさからと考えるのが妥当。
より大きな個体を海から引き上げるのには相当なエネルギーが必要ですから、単純にその点は効いてるでしょうね。
しかしカワセミなど求愛給餌に使われる魚がちっこい場合などもあります。
何を基準にパートナーとして選択するのか、やはり個体ごとの"好み"みたいなのが存在するのでしょうか。

IMG_2338_resize2.jpg
コアジサシ成鳥♂,第一回夏羽♀  (Sterna albifrons)  Little Tern  140706  Chiba

現にこの♂がもっている小魚、ちっこいんですよねぇ(笑)
もうちっと他のなかなったのかな〜とスコープ越しに思ったのは当然です!

IMG_2343_resize2.jpg
コアジサシ成鳥♂,第一回夏羽♀  (Sterna albifrons)  Little Tern  140706  Chiba

後ろまで回ります。でも振り向いてもらえず、♀は飛んでいってしまいました。
が、♂も一緒に!凄く暑い一日でしたが、それ以上に熱いコアジサシの♂に元気をもらえたのでした!笑

IMG_1332_resize2.jpg
コアジサシ幼鳥  (Sterna albifrons)  Little Tern  140706  Chiba

あっち〜と表情が語っているコアジサシの幼鳥。カンカン照りで日陰も無い訳ですから、うなずけますね。
コアジサシの卵の中には地面が熱すぎて、ゆで卵になっちゃうものも存在します。
ちなみにこんな状態でも、まぶたがふ〜っと落ちちゃう様子。写真は眠気と格闘中です。さすが野生 ひと味違いました(笑)
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。