Top page  1/72
13
2016

白と黒, クロサギ / Ecology of colors, Eastern reef heron

CATEGORYクロサギ
IMG_2946a.jpg
クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140923  Yonaguni

お久しぶりです。最近もなかなか忙しく過ごしておりなかなか鳥見に行けてません。
今日の更新はクロサギ。白色型と黒色型の存在が知られており、日本においては南方の諸島で白色型を観察することができます。
中間型もしられていますが、これは黒色型と白色型の雑種でしょう。どんなシグナルで自種を認知しているのかわかりませんが、中途半端な体色な以上単純に採餌効率だけを考えてもその効率は低く生存することの難しさは黒色や白色型よりも高いと思います。
"クロサギ白色型はサンゴ礁での採食に適しているから南の島で見られるのだ"とよく言われますが、実際に色の違いがどれほどの影響を持つのかイメージするのは案外難しいものです。そんな訳で今日は色彩の二つの型について見てみます。

Recently I had a lot of tasks of my research so I couldn't go birding. Today's theme is Eastern reef heron.
We can observe black and white phenotypes in southern island of Japan ; Okinawa-pref we can see some white-phenotype plumage. And we know that the intermediate phenotype exists. I think it is hybrid of black-type and white-type and maybe has low fitness so the number of intermediate individuals is small.
It is said that white-type is advantageous in lagoon. Because lagoon is made by corals so inconspicuous. However it is not easy to image the situation. So today, I will write about "the color ecology".

IMG_2953a.jpg

IMG_2986a.jpg

IMG_2997a.jpg

IMG_3020a.jpg

IMG_3033a.jpg
クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140923  Yonaguni

黒色型がサンゴの欠片が集積してできた白いビーチで採食。1枚目の写真では小魚を持っています。
写真からわかる通り非常に目立ちます。水中からの空-クロサギのコントラストがいかなるものかはわかりませんが、このような開けた場所では高い確率で黒色型は目立ち採餌効率は悪いでしょう。特に晴天時強い日射の下では白色型の採餌効率は上がりそう。
ビーチ際でじっとしていると、採餌に集中しており僕に気づかず非常に近い位置まで来てくれました。

Black-type foraged in lagoon. Really conspicuous. It could catch a small fish ; pic1.
I don't know the view from underwater, but it is undoubtedly that the fitness of black-type in lagoon is not high. I think It is hard time for black-types that forage under the strong sunlight. This photos, I sad down on the beech so this heron didn't notice me. It noticed me until came really near me.

IMG_3589a.jpg

IMG_3592a.jpg

IMG_3606a.jpg

クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140916  Yonaguni

今度は白色型がコンクリートの海辺で採餌。こちらも小魚を一応は捕まえていましたが、写真の通り非常に目立ちます。
この写真においては最初の黒色型-サンゴビーチよりも明らかに不利そうというのが容易に想像できます。
この採餌効率等からくる適応度の低さ、また遺伝子による効果, 特に遺伝子プールサイズによる効果が相乗的に働いて本州では白色型がほぼいないのでしょう。
ちなみにこの白いクロサギは何度も何度も水中にダイブしていました。やや黒色斑がありますが、個体のコンディションで変化したりするのか気になりますね。
ブログの内容についてここ半年ほど悩んでおりまして もっとアカデミックな話を書きたいのですが、それだと純粋な趣味という部分でのバードウォッチング, 特に観察そのものの楽しさを伝えることが難しくなるような気がしています。というわけで暫くはこれまで通りのコンセプトで書きますが、気が変わることがあるかもしれません。アカデミックな内容を書くのは若干リスキーではありますが。話は変わりますが最近睡眠中の歯ぎしりが酷く、困っています(笑)

Another example, white-type foraged on the concrete beech. Also, it is surprisingly noticeable. Definitely, the fitness is low.
Then why white-type are not distributed in northern parts of Japan mainland? I guess in mainland, the gene pool of small-population phenotype ; white-type is swallowed by large-population phenotype ; black-type. I think it is not the realistic scenario that all white-type individuals dead because of low fitness, only. Gene pool and low fitness affect synergistically.
This individual, dived into water a lot time. There are some black patches on it's body, I also whether interested in the condition of individual affects to the plumage color.
スポンサーサイト
22
2016

羽音, アマツバメ / Buzz, Pacific swift

CATEGORYアマツバメ
IMG_9857.jpg

IMG_9858.jpg
アマツバメ  (Apus pacificus)  Pacific swift  150415  Yamagata

非常に魅力的な分類群ですが、あまり近くで観察する機会に恵まれないアマツバメ類。しかし少し知識をつければその観察が圧倒的に良い(大げさではなく)ものになります。
なお日本で記録のあるアマツバメ類の種は アマツバメ属 : アマツバメ, ヒメアマツバメ, ヨーロッパアマツバメ, シロハラアマツバメ、ハリオアマツバメ属 : ハリオアマツバメ, クロビタイハリオアマツバメ等でしょうか。ヨーロッパアマツバメは日本に飛来している個体は実はそこそこいるのかもしれませんね。
朝方アマツバメ達は写真のように"空中アマツバメ群"をつくります。その際"リーリーリー"コールを盛んに出すわけですが、この群れにはスクリーミングパーティーという名称がついています。
渡りの時期限定という訳ではなく繁殖時期にも見られる行動ですが、渡りの時期により盛んになるとか。繁殖に関わる行動とは異なるとのことですが、その社会的な意味については未だ分かっていません。空中での個体識別はほぼ不可能なので研究はなかなか進まないでしょうが、営巣地が狭い範囲に限定されている以上繁殖個体群の和平を保つ上では重要な行動なのかもしれませんね。

Watching the ecology of genus Apus is not easy. However, if you study the ecology of swift, maybe you can enjoy watching.
Today's theme is Pacific swift. In Japan, Pacific swift and House swift in genus apus and White-throated needletail in genusHirundapus are the breeding birds. And few record of Common swift, White-rumped swift and Silver-backed Needletail are existed. But I don't know how to distinguish Common shift with Pacific swift.
In the morning, swifts made a flock. They called "li-li-li-" each other. This flock was named "Screaming Party" by David Lack. He reported that screaming parties are seen in all season, however the most considerable in migtrate season.
however interestingly, this behavior is not related to mate choice. I couldn't find any report of this behavior, but I believe that this behavior contributes to the peace of the breeding population.

IMG_4377.jpg

IMG_4381.jpg
ヒメアマツバメ  (Apus. nipalensis)  House Swift  160303  C Taiwan

アマツバメ類の飛行のびっくりエピソードでありがちなのは"近くを飛んだら 「ヒュ」とか「ゴッ」と音がしたんだよ!"というエピソード。またそのエピソードは水場近くで採餌している時のものが多いですね。
しかしやはり地面に近い+採餌時というシチュエーションはアマツバメの上空での飛行からは程遠いものがあります。
あまりその音を聴いた事のある人はいないと思うので僕のちょっとした自慢なのですが、雲の中を飛ぶような高度での飛行時の羽音は「バ!バ!バ!バ!バ!」という様な感じ(写真は行動50m位で採餌しているヒメアマツバメなので関係なし)で地上近くでの飛行時の音とは異なります。非常に大きな音なこともあり 飛行中鳴き交わしてはいないようでした。標高の高い切り立った崖(風下)の上などで観察できる確率が高いような気がします。
写真のヒメアマツバメは近年日本での繁殖例が増えていますが 台湾では普通種。驚くべきなのは日本でも局所的に越冬している事でしょう、日本も亜熱帯の仲間入りですね。
またアマツバメ類は運動をし続ける必要があり 直射日光にさらされ続ける以上問題になる熱との問題について、足を羽から出すことで熱を放出するユニークな術を発達させていたりします。ゆっくりは見辛い種達が多いだけに観察できた時の喜びは大きいでしょう。ぜひ皆さんもこの喜びを体感してみてはいかがでしょうか?

This photos are House swifts I took at Taiwan. Recently the number of the breeding House swifts in Japan increases but about 20 years ago this birds was rare in Japan. In Taiwan, this species is common breeding species. Moreover, recently some wintering population of House swifts are seen in Japan.
Many birder know that if they fly near us, the sound of wings is expressed like "bum" or "whiz". But the sounds many people listened were made by swift that during foraging near ground.
Then, what sounds they make when they fly at high sky? The only way to hear the sounds is to go to the high mountain. I listened the sounds many time on the high mountain when they fly around 3500m. The sounds are like "crunch sounds". It is so amazing.
Recently reports indicated how they deal with heat problems, it also interesting. I think it is good way to enjoy watching swifts is studying their ecology. Anyway two days ago I finished the admission exam of master course. I hope I could pass it.
06
2016

お昼のドラマ, イワヒバリ / Flocks and extra-pair copulations, Alpine accentor

CATEGORYイワヒバリ
IMG_7695.jpg

IMG_7698.jpg
イワヒバリ  (Prunella collaris)  Alpine accentor  160627  C Japan

今年の夏は異常に暑くウンザリ。やや早めの時期にのんびり避暑地に行ってきたのですが、避暑が必要なのはまさに今ですね。
高山に生息するイワヒバリ。本によれば和名の由来は姿や声がヒバリに似ているから らしいですが、言ってしまえばあまり似ていません。限定的に言えば飛翔時の姿, 採餌時の挙動はやや似ているので双眼鏡を持たない過去の自然観察者がヒバリと命名したのも頷くべきなのかもしれません。
イワヒバリはユーラシア大陸の中緯度地域に広く分布しており、部分的にはアフリカにも越冬地が知られているようです。
そんなイワヒバリでよく研究されてきた内容と言えばやはりその繁殖様式でしょう。同様に高山に生息するカヤクグリについては、より低地にまで生息するヨーロッパカヤクグリにおいて徹底的に研究がなされています。

This summer we are experiencing abnormal hot temperature in Japan. Every day the temperature is over 35℃ and at the temperature of the place gets sun light is around 40℃. About 30 days ago, I went to high mountain in C Japan for birding and summering. The temperature was not high so really I felt comfortable and now I need to go there again.
Today's theme is about the mating system of Alpine accentor. We can see this species at Palearctic temperate zone. And I reed that also wintering in North Africa.
In Japan, this species is seen only at high mountains in breeding season. This species and Japanese accentor that is really resemble Dunnock are eagerly studied by many scientists around the world. So today I will write about that and my observation.

IMG_7663.jpg
イワヒバリ  (Prunella collaris)  Alpine accentor  160627  C Japan

繁殖期であるのにワケの分からない羽数で飛ぶイワヒバリ。僕は6羽までしか見たことがないですが、多くて8羽にもなるそう。
イワヒバリは多夫多妻の繁殖様式を取り、多くの場合一つの繁殖単位は雄ないし雌が複数羽で構成されます(もちろん雄1雌1のつがいの場合もありますが)。
厳しい高山という環境において雄一羽のテリトリーにおいて十分な餌資源の確保は難しく、雛の養育が心配な雌は別の雄を隙をみて誘い"お父さん"にしてしまいます。一方でつがい雄からしたらたまったものではなく、これを避けようと雌を監視します。
そんな一見すると可哀想に見える雄ですが、彼らも余裕があれば別の雌を見つけて不倫を試みます。
つがい相手が死ぬ可能性が高い以上 雌雄ともに可能性を広めておくこと、つまり分かり易く言えば不倫したほうが良い訳です。そんなで非常に可愛い顔をしているのですが やっている事は非常にドロドロしています。
かなり短くまとめましたが、以上のように机上ではイワヒバリの日々は正しく"昼ドラ"さながらなのですが、実際に観察すると(写真もそんな雰囲気がありますが)非常に爽やか。不倫が正当化された社会を垣間見る事ができます。

In breeding season, we can see the flocks that contain many individuals. The maximum number ever I saw is 6 individuals in a flock, and according to a book the maximum number is 8 in Japan.
Because their breeding system is promiscuity. Strictly speaking, the word "promiscuity" is not suit for explaining the system because they are not copulate with unspecified number of individuals, but with territory members.
Female try to get the second male ; β male. It provide females the high fitness because female can get rearing from both α and β males. Male try to ensure the fatherliness so α male chases their mate. So we can say it is a competition between females and males.
This "cheating" provides a high fitness because the severe environment of hight mountain area. If a mate die, they cannot gain any feeds or chick. So ensuring the second choice is good for wildlife live in highland.

IMG_7721.jpg
イワヒバリ  (Prunella collaris)  Alpine accentor  160627  C Japan

図鑑や写真をみると小鳥サイズの種と思われがちですが、結構大きい本種。ライチョウと並ぶとその大きさに衝撃を受ける事でしょう。
冬季には山の頂から移動します。僕がイワヒバリを初めて見たのは高山ではなく茨城県北部の丘の上にある牧場でした。茨城県では繁殖していないでしょうから、今思えば那須辺りから飛んできたのかもしれません。
最後にイワヒバリは地面や岩に営巣します。登山道から離れ"踏み跡"を作ると、その踏み跡を歩行道として哺乳類(オコジョ等)が利用し巣が捕食される可能性が高まります。まず何を言わなくてもご法度な行為ですが、登山道から外れて歩くなんてことは避けましょう。

When we see a photo, it is not easy to know the size of this species. The size of Alpine accentor is 18cm, its a little large in Passerine birds.
In winter, they move to lowland forests. When I was a elementary school student, I found a individual at a farm the altitude is around 500m, it was the first time I saw this species.
And it is important for nature conservation to keep nature trails. If you enter the outside of trails, it makes footprint and it helps the foraging of some mammals like Ermines. So we should keep it.
12
2016

蜂フライト, イイジマムシクイ / bee-flight, Iijima's leaf warbler

IMG_6919.jpg
イイジマムシクイ  (Phylloscopus ijimae)  Iijima's leaf warbler  160503  Tokyo

日本で一般に繁殖しているムシクイは4種おり、イイジマムシクイもその一種。しかし馴染みのある人は多くはないかもしれません。
識別に関しては鳴き声が何よりですが、顔つきは結構異なり イイジマは過眼線が薄く加えて眉斑が細いため色白に見えます。センダイでは眉斑は目と同じくらい太くなります。
さえずりはそもそも全く異なり他種と間違える事は無いですが、難しいのは地鳴き。(僕が以前ジョウビタキの研究をしている時に勝手に決めた名称ですが)アピールコールと思しき「ヒッ」の声がルリビタキの地鳴きに非常に似ています。僕はそのコール1声だけで2種を識別することは不可能だと感じました。勿論ムシクイと分かるフレーズの方が多いですが。
地鳴きで識別する際は注意が必要...というよりは離島でルリビタキっぽい地鳴きがしたら期待してみるのもありかもしれません。

Four species of leaf warbler breed in Japan ; Japanese leaf warbler, Sakhalin leaf-warbler, Eastern crowned warbler and Iijima's leaf warbler. Today I will write about the territorial behavior of Iijima's leaf warbler and ohters'.
Identification of Iijima's is not easy, because it is resemble to Eastern crowned. But Iijima's has paler eye-stripe and narrower supercilium. And Iijima's doesn't have crown stripe.
The song of Iijima's is characteristic so maybe we can identify easy. However one type of call "Hi" that is used for making an appeal somethings like foraging area, nest site or song post is similar to Red-flanked bluetail's call. I realized I cannot judge which is the species Iijima's or bluetail only by the call. Fortunately, other phrases of Iijima's call are not similar to other species' calls so we can identify Iijima's by call!

IMG_6907.jpg

IMG_6914.jpg

IMG_6915.jpg
イイジマムシクイ  (Phylloscopus ijimae)  Iijima's leaf warbler  160503  Tokyo

ムシクイ類は日本中で繁殖していますが、その繁殖行動は案外普段のバードウォッチングからは遠いもの。
本土で繁殖するムシクイ達では種間闘争も結構起こります。"他種への威嚇"も"同種への威嚇"もとる行動の順序は一緒(厳密な部分は何ともいえませんが)。しかし伊豆諸島では同所で繁殖しているムシクイはおらず、イイジマムシクイ一種です。
しかしその同種テリトリー間闘争はほぼ本土で繁殖している種と同じプロセスを踏んでいました。こちらも独断で名前をつけた行動ですが、ムシクイのテリトリー争いで最も可愛い”蜂フライト”も一応行います。観察数は少ないですが。
どの行為でも相手を排除できない場合は至近距離のさえずり合戦が行われます。ある程度既にテリトリーが決まっていたからだと思いますが、それ以上の直接的な闘争に発展する頻度は低い印象を受けました。
今週末は調査手伝いがありなかなかキツそうですが頑張ってきます〜。

Many Japanese birder maybe have never seen the breeding behavior of some leaf warblers. Because they breed at mountain but many people live at lowland.
I had visited mountains many times so I could watch some kinds of behaviors. It is interesting that the processes of struggles between conspecific and interspecific are not different. At First, one individual invade other individual's territory with noisy flight. I named the flight as "Bee-flight" because invader emit a bee-like sounds with their wings. On the beginning of breeding season, invader sing a short song after "bee-flight". Territory owner often chase the invader with no-noise flight. Many time, this chase is so insistent. If owner won, he sing a loud songs near the border of territory. Occasionally, two individuals fight directory. On the middle of the breeding season, instead of invading two individuals sing each other at close range.
On the situation of Iijima's they breeds in Japanese south islands that only one warbler species breeds. However the process is similar to mainland's one. When I visited a that island, I could see "bee-flight".
Anyway it is known that clutch size of this species is smaller than other warblers breed in Japan. It's so interesting phenomenon and it has been revealed recently the reason why is the tropic birds' clutch is smaller than temperate's one. You should reed it. This weekend I will go a mountain and help a conservation research of Ptarmigan. I hope I can do my best.
23
2016

学ぶ意欲, イワツバメ / The motivation to learn, Asian House Martin

CATEGORYイワツバメ
IMG_7385.jpg
イワツバメ成鳥  (Delichon urbica)  Adult Asian House Martin  160616  Japan

ツバメよりやや早く日本にやってくるイワツバメ。何年も同じ巣を使う個体も多く存在する事は有名ですね。
山間部の泥地には二回目の繁殖を控えたそんなイワツバメ達が集まります。
懸命に泥を集める彼らの姿を見ているだけで何時間も経ってしまう訳ですが、今日の主役は巣材を集める成鳥ではありません。

Asian House Martin is the summer visitor in Japan. The arrival season of this species is a little faster than the one of Barn swallow that is also common summer visitor in Japan.
In Taiwan, Asian House Martins are seen all year round but the subspecies is different from the breeding subspecies of Japan.
At the mud area, many Asian House Martins were coming to gather the nest materials.
It is known that some individuals use the same nest that used previous years. And some interesting embryology mechanisms of Louses are also known.
Today's theme is not about the nest building, but the juveniles. First time breeding is already finished and some juveniles spent time with adults.

IMG_7477.jpg
イワツバメ幼鳥  (Delichon urbica)  Juvenile Asian House Martin  160616  Japan

多くの幼鳥はこんな感じで特に何をするでもなく過ごします。若鳥は体力の面で成鳥と同じように という事は無理なので休むことも非常に大事ですが、全ての個体がこのように過ごす訳ではありません。
この泥採り場は教育の場とはなっていませんが(なっているかもしれませんが)、学びの場ではあるようなのです。じっくり見ていると知ろうとする意欲を示す個体を複数観察することができます。

Almost all juvenile spent time resting with their friends. Physical fitness of juvenile is not same as adult's one so it is natural things.
However not all individuals chilled out, some individuals show the motivation to learn.

IMG_7414.jpg
イワツバメ成鳥  (Delichon urbica)  Adult Asian House Martin  160616  Japan

IMG_7431.jpg
イワツバメ幼鳥  (Delichon urbica)  Juvenile Asian House Martin  160616  Japan

成鳥が巣材用に草本の茎を集めます(写真3)。なお写真からは伝わりませんが、昆虫食に特化したツバメの嘴で植物を切り取ることは至難の技のようでちょこっとした茎でも苦戦を強いられていました。
成鳥が巣材を採集した場所から飛び立つと、幼鳥達が集まりそれを真似ます(写真4)。幼鳥の方がやはり技術がないようでまったく茎は千切れません。邪魔だといわんばかりに成鳥からハラスメントを受ける場面も少ないながらありました。

Adult gathered the nest materials (pic3) and one Juvenile mimicked it (pic4).
It is said that the only animal that it can compete mimic is human, so in this case it is good to choose the expression that juvenile House martins did "trial and error".
Anyway, the structure of martin's bill is specialize to catch flees, so it seems difficult to cut the stalk of the herbaceous plants.
Some time juveniles received harassment from adults. I don't know why it is adaptively, it seemed wast of time for me.

IMG_7526.jpg

IMG_7531.jpg

IMG_7533.jpg
イワツバメ幼鳥  (Delichon urbica)  Juvenile Asian House Martin  160616  Japan

ピントが合っている個体が幼鳥。この個体は非常に熱心で30分近く泥場の周りや内部におり成鳥の様子を観察し、自分でもやってみる ということを繰り返していました。ちなみに泥は咥えてもすぐに捨ててしまいます。
このような一見すると些細な試行が将来の繁殖成績には大きな影響を与える可能性は十分にあるでしょう。またイワツバメは巣立ち雛がヘルパーになる事も知られており、単なるオママゴトではなく実践する日も近いのかもしれません。
この学ぶ意欲がどこから来るのか、好奇心とは何なのかという事を考えた時 全てを説明してしまう語として本能が使われるのは寂しすぎるでしょう。僕の専門ではない分野ですが、パライダイム転換期はそう遠くないであろうと期待しています。

I focused to the juvenile (pic5 to 7). this individual saw adult and after that tried to do it approximately 30 minutes. After that it rested.
It is possible that the behavior like this that the mimics of breeding makes the one juvenile's breeding success in future. And it is known that both Common and Asian House Martins' juveniles help their parents' second breeding, so this behavior also helps to built their potentials of a helper.
And I think it is not good to finish the discussion with using the only ward "instinct". I hope the paradigm sight happens in not far future.

IMG_7543.jpg
ツバメ成鳥♂  (Hirundo rustica)  Adult-male Barn Swallow  160616  Japan

勿論頑張っているのはイワツバメだけではありません。
ピントが合っているのはツバメ夫婦の旦那さん。手前でメスが巣材集めをしているのをしっかり見守っています。

Barn swallows also used the mud area for gathering the nest materials.
Male on focusing and he saw female but he didn't help. In avian world, to tie the partner is important thing because many other males try to approach the female.