Top page  1/73
02
2017

マングローブ林, ナンヨウショウビン / mangrove forests in Plau Ketam, Collared Kingfisher

IMG_6513.jpg
ナンヨウショウビン  (Todiramphus chloris)  Collared Kingfisher  160403  Plau ketam Pen Malaysia

50を超える亜種がこれまで記載されている種として知られているのがこのナンヨウショウビン。
今年訪れたのはマレー半島西部に浮かぶケタン島。そこには亜種T. c. humiiが高密度で生息しており、人の生活のすぐ脇で採餌を行っていました。
ケタン島は中華系の人達が島に移り形作った街があり、街の道路の下は干潟 周辺をマングローブに囲まれていました。印象的なのはゴミの多さでありますが...。

Around 50 subspecies of Collard Kingfisher are recorded. It is surprisingly large number.
In 2016, I visited Plau-Ketam island near Pen Malaysia. At that island, the density of Collard Kingfisher was high and I enjoyed watching the behaviors. The subspecies distributes in Plau-Ketam is T. c. humii, this subspecies doesn't show the sexual dimorphism.
I know that some subspecies exhibit sexual dimorphism and I wanna know why such differences between subspecies are maintained.
The feature of environment at Plau-Ketam is mangrove and tideland. I observed a lot of crabs and goby. And there were a lot of garbages. It was really sad things because some garbages covered the tideland.

IMG_6573.jpg

IMG_6598.jpg
ナンヨウショウビン  (Todiramphus chloris)  Collared Kingfisher  160403  Plau ketam Pen Malaysia

ナンヨウショウビンは主にマングローブ林で生活をするカワセミの仲間。"主に"マングローブ林で生活していますが、マレーシアではかなり内陸に入り込んでいる場所もあるようです。
ケタン島のような島嶼部において、彼らの分布を決める鍵は「他種の存在」ということが知られています。他のショウビンが島内にいる場合ナンヨウショウビンはマングローブ林のみに、他のショウビンが存在しない場合は島の内部まで分布しているとか。このように、競争者の存在がある種の分布を制限し、かつあるエリアから排除してしまうような生物現象は"競争排除"と呼ばれています。
ナンヨウショウビンはマングローブ林においてエビやカニ類を採餌している種。トカゲや昆虫などを専食している種が生息している環境では、"よそ者"のナンヨウショウビンは競争に負けてしまうのでしょう。
採餌はオープンな場所からマングローブの密な場所まで様々な幅の環境で行い、見ている間は主にカニを採餌し 稀にハゼも採餌しているようでした。

Collared kingfisher lives mainly in mangrove forests. And it is known that they distributes in the stream that 40km away from coasts.
Collared kingfisher is a good example of "Competitive exclusion". Some islands there are no competitor, Collard kingfisher distributes all over the islands. However some islands there are competitors, they distributes only near the coastal area.
Why? I guessed that Collared kingfishers forage mainly crabs and shrimps at coastal area. So in the other types of forests their foraging efficiency becomes low. So they lose the competition and are excluded from such areas.

map_ketam.jpg

本記事の最後のトピックは「ケタン島」について。Map中央の灰色のアイコンがその位置を示しています。
カニ好きの友達が海の生き物が非常に良いから行きたいという訳で訪れました。
クアラルンプール周辺で鳥を見た訳ではないので本土との比較という部分は弱いですが、かなりオーストラリア区の要素が強いように感じた島でした。
現在実家に帰ってきておりフィールドノートがないので全ての種を列挙するとなると面倒なのでしませんが、ノドアカタイヨウチョウ, マングローブヒタキ, シロボウシオウギヒタキ等25種ほどを観察できました。
中華系の街ということで料理も非常に美味く、昼間から鳥見休憩にのむビールも最高。日系はおろか欧米系の観光客はほぼおらずかなり見られるので 一人で行くのはオススメしませんが、友人や家族とクアラルンプールを訪れた際は一度訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

The last topic of this article is about the "Plau-Ketam island". The icon colored gray indicate the island.
I visited this island April 2016 with my friends. One my friend he loves Bentos said this island is good area for observing crabs.
I really enjoyed birding at that island. I didn't watch birds at Kuala Lumpur but Kuaratenberin that around 100km away from KL so it is not easy to compere the biota between island and mainland.
I observed 25 species at that island. For example White-throated Fantail, Copper-throated Sunbird, Olive-backed Sunbird, Mangrove Robin and Common Redshank.
Chinese built the town at that island, so the dish was really good! I enjoyed drinking tiger beer during daytime. When you visit Kuala Lumpur, you can visit this island easily so how about visiting? I think it will be a good experience for you.

*reference
MacArthur(1972) Geographical ecology
スポンサーサイト
28
2016

春と夏, ジョウビタキ / New breeding population, Daurian Redstart

IMG_0180.jpg
ジョウビタキ♂  (Phoenicurus auroreus)  Male Daurian Redstart  140503  Yamagata

今年もジョウビタキの季節がいつの間にか到来。愛くるしい姿を見るのは久々...ではないんです。
僕は現在 凄く手短に言うと”山と鳥”という生涯のテーマになるであろう難題達を相手に研究しているのですが、その調査中になんと数回この夏ジョウビタキに会っているのです。
何故これまで冬季は日本にいるのにも関わらず、春になると日本を後にしてしまうジョウビタキがここ数年日本で繁殖を行うようになったのでしょうか?

Recently the number of breeding records of Daurian Redstarts is increasing in Japan. We recognize this species as a wintering species.
Altitudinal gradients of bird is my theme of research. During the census, I observed some Daurian Redstarts. It was so surprising when I watched 1 pair at highland area. Maybe the pair had a nest.
Anyway, why the migrate system changed? I will write the basic mechanisms of migration.

IMG_3243.jpg
ジョウビタキ♂  (Phoenicurus auroreus)  Male Daurian Redstart  160217  Ibaraki

"渡り行動"はそもそも遺伝的な影響を強く受けている行動です。
例えば欧州で過去行われたケージに入れられた渡り鳥の研究結果では ある期間は鳥達は東に渡りたい衝動に刈られ、ある期間は南に渡りたい衝動を示す。ケージに入れられていない渡り鳥であれば その衝動を示す期間中は飛んでいるので、結果として特定の場所にたどり着けることが明らかになっています。
分かり辛いと思うので場所と時間はテキトーですが例を。イギリスで繁殖をし、越冬地はアルジェリアであるムシクイの秋の渡りを想定しましょう。10月1日頃イギリスにいるムシクイは南に渡りたい衝動に駆られ渡りを開始します。普通に飛んでいればスペイン辺りにいるであろう10月5日頃 日の長さ等を感受したムシクイは今度は南東に渡りたい衝動に駆られます。10月10日頃突如として渡りたい衝動が消えます。そのついた場所が越冬地のアルジェリアだ という具合のことが起こっているようです。
この”衝動”というのを自分の身の回りの事でイメージするのは結構難しいですが、様々な場面で 自身の理性と戦う"何か"こそがその衝動なのだと僕は思っています。
なお一応渡り様式の変化には諸説あることを留意の上読んでください。

"Migratory" is dominated by genes, Rather than be affected.
The thesis that used Blackcaps and Indigo buntings indicated the interaction between genes and migration.
For example, the wintering or breeding areas are defined by genes. The impulse of migration and stereotaxis help the success of migration.
We image one warbler species that bred in UK and migrate to Algeria for wintering as an example. 1 October, the warbler shows the impulse of migration and began flying. 5 October other impulse ; migrate to SE affects the route of migration. 10 October the impulse suddenly disappear. The place the warbler stay finally is Algeria.
All impulses were affected by day cycle, physiology and gene.

IMG_3257.jpg
ジョウビタキ♂  (Phoenicurus auroreus)  Male Daurian Redstart  160217  Ibaraki

さて このようにキッチリ決まった渡り行動が破綻するカギは何なのでしょうか。
その一つは渡りを制御する遺伝子がぶっ壊れてしまうことであり(俗に言う突然変異)、その渡りをしなくなった個体が渡りをしないことで利益を得る というシナリオです。
そんなお堅い理論もありますが、北アメリカではゴミが増えたら猛禽類が渡りを止めたというファンキーな事例もあるので案外鳥達は人間のように「やっぱりやめた」という選択ができるのかもしれません(笑)
ジョウビタキの定着については、温暖化と逆光した定着の仕方な点が興味深くいろいろ書きたいですが 今日はこのへんで。

We can image the migration as a immutable behavior. Then, why the Daurian Redstart's migration system was changed?
One hypothesis is mutation. However any Japanese researchers didn't have survey about that.
Another hypothesis is Redstarts decided to stop migration. In US, some raptor stopped migration after the amounts of garbage increased. I think it is one of the example that migration affected by decision making.
Normally Daurian redstarts breed in Russia. It is interesting that new breeding population built in more southern area ; Japan. It is the opposite sift to global warming. I have some idea to elucidate this contradiction however I think I can't have enough time for research this species.
05
2016

トカゲの尾, カワビタキ / Why Plumbeous Water-Redstart exhibits tail-fanning?

CATEGORYカワビタキ
IMG_2353.jpg
カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

国内で流域上流の川沿いで見る小鳥といえばカワガラス, ミソサザイやキセキレイ等が挙げられます。台湾においてはこれら3種に加えカワビタキが生息しています。
今回の記事は 日本において周年河川沿いで生活する種は先に挙げた3種程なのに対し 台湾では何故カワビタキを含めた複数種が生息できるのか、また観察していて気付いたカワビタキの変わった生態について書いていきます。

Brown Dipper, Eurasian Wren and Grey Wagtail are the common birds they distribute mountain stream in Japan. Additionally, Plumbeous Water-Redstart distributes near the streams in Taiwan.
I will write the behavioral ecology of Plumbeous Water-Redstart and why streams of Taiwan contain more species than streams of Japan in this article.


カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

本種は川沿いに生息するヒタキの仲間であり、日本で同じニッチ(生態学的な地位)を占めている種はいないでしょう。
キセキレイやカワガラスは主に渓流の岩や地面に生息する昆虫を採餌する様なニッチを占めているのに対し、カワビタキは渓流で飛んでいる昆虫も多く採餌します。
その行動はジョウビタキに酷似しますが、上方へ飛びつく行動は容易に見られるような行動ではありません(上動画)。国内で思いつくのはモズ類くらい。
台湾は亜熱帯であり、一年を通して気温が高く渓流環境で利用できる餌資源が豊富であることが 日本より多くの種が渓流環境に周年生息している理由でしょう。

Plumbeous Water-Redstart forages the fling flies near the streams. I felt the ecological niche of this species is unique for me because there is no species like Plumbeous Water-Redstart in Japan.
The trend of behavior is resemble to the Daurian Redstart's one. However, the "upside flycatching" is peculiar for this species ; please see the former video.
Taiwan belong a subtropics zone. The annual temperature is higher than Japan so birds can use many more invertebrates all year round. I think this gradient of resources is one of the reason that many more avian species exhibits in Taiwan.

IMG_2228.jpg


カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

扇を広げるような尾の振り方が非常に個性的であると言われますが、コンヒタキも似たような振り方を行います。
またいつでも尾を振っている訳ではなく、リラックスしている時は振る頻度がグッと落ちます(上動画20秒)。
なかなか不思議な鳥が尾を振るという行動の理由については現在 採餌効率の向上, 対捕食者戦略, 仲間間の信号等様々な仮説が立てられていますが、現在でもその理由について統一的な見解は出されていません。

The tail fanning of this species is a little unique.
When they relaxed, didn't fan the tail ; please see former video.
Recently the review thesis of tail fanning was published. According to the thesis, tail fanning behavior contributes to foraging efficiency, anti predation behavior, signal between conspecific and Etc.
Anyway there are not generalized conclusion. So further studies needed to disclose the reason why birds fan the tail.

IMG_4336.jpg

IMG_4339.jpg

IMG_4342.jpg
カワビタキ♂  (Rhyacornis fuliginosus)   Male Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan

橋の上から見下ろす形でカワビタキを観察したのですが、カワビタキ側もギョッとして尾を振ります。
同じ目線でみる姿と異なり、上から見下ろすとまるで赤いスカートを履いているようにも見え 目立つのが写真からでもわかりますね。
このように上空からの敵に対して尾羽を目立たせることで、攻撃を尾羽に集中させる "トカゲの尾切り" に似たような対捕食者戦略をカワビタキはとっているのか、つまり生存に致命的である胴体への攻撃を減らすことに一役買っているのではないかと非常に観察中ワクワクしてしまいました。
しかし台湾旅行を通して尾羽が全て脱落しているような個体には一度も出会わなかったので、僕の考えたなかなか魅力的な仮説は机上の空論に終わりそうです。

Fortunately I had a chance to observe the behavior from their upper side. I watched them from the bridge.
When we see them from above, the reddish tail is exceedingly stand out.
I built a hypothesis at that time ; their reddish tail attracts the attack from the predator and reduces their mortality. In other wards, their tail works as a tail of a Skink!
This hypothesis made me excited however I couldn't find any individual that lose all tail feathers. So maybe this hypothesis is armchair theory.

IMG_2291.jpg


カワビタキ♀  (Rhyacornis fuliginosus)  Female Plumbeous Water-Redstart  160303  C Taiwan 

さて 赤いスカートを履いた雄ばかりに焦点をあててきましたが、雌も上品で非常に可愛らしいのです。
駐車場のコーンにとまり、コンクリート上に落ちる昆虫をせっせと採餌。僕は車の中でご飯を食べつつ観察していました。
渓流から少し離れた場所での生活はほぼジョウビタキ。巣が近場にあるのか 駐車場に頻繁にやってきていました。僕の借りていた車にもとまってくれて天使のような個体でした。
最後に国内の記録については飼い鳥の可能性はかなり相当高いと思いますが、羽をもつ鳥の移動について"絶対"はあり得ないため 迷行の可能性は捨てきれないだけに記録の扱いは難しいものなのでしょうね。また先に述べた理由から温暖化がより進めば南西諸島を超えて侵入定着する日も遠くないかもしれません、嬉しくはないですが...。

I wrote only about the male. The last pic is cute and elegant female.
They also use artificial environment. This pic was taken at car-parking. Male and female foraged insects that fell on concrete surface.
Luckily she perched my car! It was so great time.
Recently some records of this species in Japan. It is guessed almost all individuals are domesticated birds. Japan situated temperate zone. But if the global warming succeeds, this species expands their range and establish breeding populations in Japan. It is undesirable outcome.

✳︎Reference
・Christoph Randler(2016) Tail Movements in Birds—Current Evidence and New Concepts
07
2016

スーパートランプ, イソヒヨドリ / Supertrump species, Red-bellied Rock Thrush


IMG_7299.jpg
イソヒヨドリ  (Monticola solitarius )  Red-bellied Rock Thrush  131209  Chiba

久々の記事の最初に記載しますが、ブログ記事の方向性を変えることにしました。
大学3年生(英語での更新を始めた辺り)から疑問を抱いたまま 内心や学んだ内容を知られたくないがために元からのスタンスを貫いてきましたが、正直鳥類学でなく生態学的な内容の方が圧倒的に魅力的でかつ現在も夢中です。
有名な保全生物学者であるレイチェルカーソンは著書”Sense of wonder”にて以下のような一文を書いています。
"ある季節になってくるとやってくるチドリを見て ある子供がその種類を言えるよりも何故渡りをするのかに疑問をもち問いてくれたらこんなに嬉しいことはない"
僕は後者に興味をもって観察・勉強をしてきたつもりであり、大学前半で前者の詳細な部分を学び 両方の側面から議論ができるようになりました。このような本当に興味のある生物学, 生態学への疑問を形にしても自分の将来は揺るがない事に気がついたので(論文を書く前にブログに書いた などはべつと思いますが笑)、積極的に書いていくことにしました。

そんな訳で今後は僕が学んでいる地理生態学, 群集生態学や 行動生態学, 進化生物学等を, 鳥と絡めて更新していこうと思います(時間があるときに)。勿論極力分かりやすい形で, より多くの方に興味をもって貰えるような形で記事を書きます。

気をとりなおして今日のテーマはイソヒヨドリとスーパートランプな種 について。意味の分からない語がでてきたと思いますが、多分読んでいただければ分かるハズ。


From today, I will write the articles that about not only ornithology but also ecology.
I like birds but the most thing I wanna know is not ornithology but ecology.
I had some ambivalences. For example if I write somethings about ecology that I studied hard, it helps other researches' success. But recently I realized that writing something about ecology is not a bad thing for me and maybe it helps my growth.

Rachel Louise Carson wrote the context in her book ; I hope to be asked by my child why some plovers migrate rather than the species name.
I have a interest the "former". And I have observed and studied in that sense.
I must write that my major is Geographic ecology and Community ecology of birds. My study area is mountain but my research theme is secret!

Today's theme of this article is "supertrump species". One of the supertrump species living in Japan is Red-bellied Rock Thrush.

IMG_7310.jpg
イソヒヨドリ  (Monticola solitarius )  Red-bellied Rock Thrush  131209  Chiba

イソヒヨドリは漁港や海岸など海辺に張り付いているようなイメージを多くのバードウォッチャーの方はお持ちでしょう。
内陸への侵入を凌ぐよりダイナミックな個体の分散が起こっているからこそ、この種は日本における"スーパートランプな種"の代名詞と言えるような種なのです。


Maybe many Japanese birders think that Rock Thrush is sea-side birds and stay there. For information about dispersion, only that recently they invade urban and some inland habitats.
Actually their disperse ability is amazing. So this species is one of the example of "supertrump species" in Japan.

IMG_7319.jpg
イソヒヨドリ  (Monticola solitarius )  Red-bellied Rock Thrush  131209  Chiba

スーパートランプな種とは 分散能力が高く 新規ハビタットにいち早く到着する種のことを指します。
新規ハビタットとして挙げられるのは火山島でしょう。日本において最近話題であるのは西ノ島、鳥類の研究もなされており関連したテレビ番組もちまちま放送されていたりします。
その西ノ島において最も早く確認された陸鳥がこのイソヒヨドリ。無人島で調査をしている方の中にはある日突然イソヒヨドリが現れたと述べる方もいますから、かなりの個体が大洋に向かって分散しているのでしょう。
このようなスーパートランプな種は成熟したハビタットにおいては競争による不利益を生じてしまうのが定説。日々海風が吹き荒れ様々な撹乱が生じる海辺だからこそ、イソヒヨドリは定住できるのかもしれません。
また海外においては内陸に生息するイソヒヨドリ(Blue rock thrush)。そのような場所では分散する傾向は弱まっているかもしれません。
なおイソヒヨドリはモズやジョウビタキのように顕著な越冬縄張りの誇示を今の季節行います。この秋は大学へ通学で通る道沿いに一個体がテリトリーを構えているようで、毎朝美しいさえずりを聞くことができています。


The term "surpertrump species" indicates the species that arrives in newly habitats that other species haven't used.
In Japan, there was a big news that a new volcanic island emerged on the sea in the last few years. The name is Nishinoshima-island. If you wanna know about that, please search on geogle.
Why today's theme species is Rock thrush? It is because the first record of a land bird in Nishinoshima-island was Rock thrush! Exactly the good example of supertrump species, isn't it?
And I know the information that an island biologist in Japan observed a Rock thrush that hadn't observed before. So I think dispersal is not occasionally things for Rock Thrush in Japan.
Outside Japan, the appropriate habitats of Rock thrush is not seaside but inland. So the high dispersal rate in Japan is not common situation. I guess that low dispersal rate in the area that Rock thrush inhibits in inland.
This species build wintering territory and now is the struggle season for building territory. So I enjoy listening the beautiful songs of Rock thrush everyday.

✳︎reference
Jared M. Diamond(1975) The island dilemma: Lessons of modern biogeographic studies for the design of natural reserves
13
2016

白と黒, クロサギ / Ecology of colors, Eastern reef heron

CATEGORYクロサギ
IMG_2946a.jpg
クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140923  Yonaguni

お久しぶりです。最近もなかなか忙しく過ごしておりなかなか鳥見に行けてません。
今日の更新はクロサギ。白色型と黒色型の存在が知られており、日本においては南方の諸島で白色型を観察することができます。
中間型もしられていますが、これは黒色型と白色型の雑種でしょう。どんなシグナルで自種を認知しているのかわかりませんが、中途半端な体色な以上単純に採餌効率だけを考えてもその効率は低く生存することの難しさは黒色や白色型よりも高いと思います。
"クロサギ白色型はサンゴ礁での採食に適しているから南の島で見られるのだ"とよく言われますが、実際に色の違いがどれほどの影響を持つのかイメージするのは案外難しいものです。そんな訳で今日は色彩の二つの型について見てみます。

Recently I had a lot of tasks of my research so I couldn't go birding. Today's theme is Eastern reef heron.
We can observe black and white phenotypes in southern island of Japan ; Okinawa-pref we can see some white-phenotype plumage. And we know that the intermediate phenotype exists. I think it is hybrid of black-type and white-type and maybe has low fitness so the number of intermediate individuals is small.
It is said that white-type is advantageous in lagoon. Because lagoon is made by corals so inconspicuous. However it is not easy to image the situation. So today, I will write about "the color ecology".

IMG_2953a.jpg

IMG_2986a.jpg

IMG_2997a.jpg

IMG_3020a.jpg

IMG_3033a.jpg
クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140923  Yonaguni

黒色型がサンゴの欠片が集積してできた白いビーチで採食。1枚目の写真では小魚を持っています。
写真からわかる通り非常に目立ちます。水中からの空-クロサギのコントラストがいかなるものかはわかりませんが、このような開けた場所では高い確率で黒色型は目立ち採餌効率は悪いでしょう。特に晴天時強い日射の下では白色型の採餌効率は上がりそう。
ビーチ際でじっとしていると、採餌に集中しており僕に気づかず非常に近い位置まで来てくれました。

Black-type foraged in lagoon. Really conspicuous. It could catch a small fish ; pic1.
I don't know the view from underwater, but it is undoubtedly that the fitness of black-type in lagoon is not high. I think It is hard time for black-types that forage under the strong sunlight. This photos, I sad down on the beech so this heron didn't notice me. It noticed me until came really near me.

IMG_3589a.jpg

IMG_3592a.jpg

IMG_3606a.jpg

クロサギ  (Egretta sacra)  Eastern reef heron  140916  Yonaguni

今度は白色型がコンクリートの海辺で採餌。こちらも小魚を一応は捕まえていましたが、写真の通り非常に目立ちます。
この写真においては最初の黒色型-サンゴビーチよりも明らかに不利そうというのが容易に想像できます。
この採餌効率等からくる適応度の低さ、また遺伝子による効果, 特に遺伝子プールサイズによる効果が相乗的に働いて本州では白色型がほぼいないのでしょう。
ちなみにこの白いクロサギは何度も何度も水中にダイブしていました。やや黒色斑がありますが、個体のコンディションで変化したりするのか気になりますね。
ブログの内容についてここ半年ほど悩んでおりまして もっとアカデミックな話を書きたいのですが、それだと純粋な趣味という部分でのバードウォッチング, 特に観察そのものの楽しさを伝えることが難しくなるような気がしています。というわけで暫くはこれまで通りのコンセプトで書きますが、気が変わることがあるかもしれません。アカデミックな内容を書くのは若干リスキーではありますが。話は変わりますが最近睡眠中の歯ぎしりが酷く、困っています(笑)

Another example, white-type foraged on the concrete beech. Also, it is surprisingly noticeable. Definitely, the fitness is low.
Then why white-type are not distributed in northern parts of Japan mainland? I guess in mainland, the gene pool of small-population phenotype ; white-type is swallowed by large-population phenotype ; black-type. I think it is not the realistic scenario that all white-type individuals dead because of low fitness, only. Gene pool and low fitness affect synergistically.
This individual, dived into water a lot time. There are some black patches on it's body, I also whether interested in the condition of individual affects to the plumage color.